『Unityプログラミング・バイブル R6号』、2/29(木)に発売。総合情報誌「Unityバイブル」シリーズ定期刊版の第2号

2024.01.25
ニュースUnity
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • ボーンデジタルが2月29日(木)に『Unityプログラミング・バイブル R6号』を発売する
  • 総合情報誌「Unityバイブル」シリーズ定期刊版の第2号
  • 総ページ数は280ページ、価格は3,960円(税込)

ボーンデジタルは、書籍『Unityプログラミング・バイブル R6号』を2024年2月29日(木)に発売します。価格は3,960円(税込)。

(画像はAmazon.co.jpより引用)

本書は、2023年より年2回の定期刊となった総合情報誌「Unityバイブル」シリーズの第2号。10名の著者による10のテーマで構成されており、Unityに関する最新情報が網羅されています。

総ページ数は280ページで、収録されている10のテーマは以下の通りです。

【特集記事】
・NetCodeでリアルタイムネットワークゲーム
・ECS入門
・Unityの新しい非同期処理async/awaitによる「Awaitable」入門と「UniTask」
・ARFoundationのImageTrackingについて詳しくなろう
・Unityで使えるC#8.0とC#9.0の機能

【一般記事】
・UnityProfiler
・iOS向けのネイティブプラグイン開発
・.NET向けIDE「JetBrains Rider」の活用【後編】
・効果的な流体エフェクト
・ログの価値を高めるUnity LoggingとCrash And Exception Reporting

Amazon.co.jpより引用)

Unityバイブル」シリーズは、Unityの入門や初級レベルを卒業した人を対象にした書籍。Unityプログラミング・バイブル R6号では、ECSなどUnityの最新機能を生かしたゲーム制作が学べます。

本書のAmazon.co.jpの販売ページは、こちらをご確認ください。

『Unityプログラミング・バイブル R6号』Amazon.co.jpページ

関連記事

Unity公式イベント「U/Day Tokyo 2024」現地レポート!Unity 6以降のロードマップやHTML/CSSライクにUIを作れる新機能など全9セッション情報から気になる情報をお届け
2024.07.11
ゲーム開発者必見のカンファレンス10選【GDC・CEDEC・Unreal Fest・U/Dayなど】
2024.07.11
サイバーエージェント主催のUnity勉強会「CA.unity #8」から、6セッションのスライド&動画が公開。『学マス』のライティングやソースコード自動生成機能などを解説
2024.07.05
『呪術廻戦 ファンパレ』シナリオパート制作に迫る開発者インタビュー。Live2Dキャラクターの実在感を高める3Dライティングと作品愛あふれるワークフロー【CAGC2024】
2024.07.03
『桃鉄ワールド』にUnityを導入した理由や役立った機能は?ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、シニアプロデューサーの岡村 憲明氏にインタビューした記事を公開
2024.06.27
『呪術廻戦 ファントムパレード』の「夢幻廻楼」背景演出について、サムザップが技術ブログで解説。無限に続く塔、天候の変化を表現する方法とは
2024.06.26

注目記事ランキング

2024.07.10 - 2024.07.17
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ラグドール(Rag Doll)
ラグドール ぬいぐるみを意味する英語。 ゲームにおける、キャラクターの全身が脱力したかのような挙動を行う物理シミュレーション。ラグドール物理。 例えば、上空からの落下やキャラクターが死亡した際に用いられる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!