『デイヴ・ザ・ダイバー』開発チームへのインタビュー記事がUnity公式サイトにて公開

2023.12.18
ニュースUnity
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 『デイヴ・ザ・ダイバー』開発チームへのインタビュー記事がUnity公式サイトで公開中
  • マルチプラットフォーム対応のしやすさなどを理由にUnityが選ばれている
  • URP、Cinemachineなど開発で役に立ったUnityの機能についても語られる

Unity公式サイトの「ケーススタディ」コーナーにて、『デイヴ・ザ・ダイバー』の開発チームに向けたインタビュー記事が公開されました。

『デイヴ・ザ・ダイバー』は、昼は魚を獲り、夜は寿司屋を経営するゲーム。2022年10月に発売され、全世界の販売本数が200万本を記録しています。

同記事では、『デイヴ・ザ・ダイバー』のゲームエンジンとしてUnityを採用した理由や、開発の際に特に役に立ったUnityの機能などが明かされました。

(画像はUnity公式サイトより引用)

ゲームエンジンにUnityを選んだ理由としては、複数プラットフォームへの対応しやすさなどが挙げられています。

複数のプラットフォームでビジュアルの品質を維持する際、ユニバーサルレンダーパイプライン(URP)が効果的だったといいます。プラットフォームごとのレンダーパイプラインアセットを構成し、品質設定でその構成を指定するだけで済み、非常に高いグラフィック基準を満たすことができたそうです。

(画像はUnity公式サイトより引用)

開発するうえでの課題として、機能やゲームプレイのアイデアをいかに早く実験できるかという点も挙げています。

その解決策としては、ノードベースのビジュアルオーサリングツールであるシェーダーグラフが使われました。アーティストなどのプログラマーではないメンバーでもシェーダーグラフを使えることは大きなメリットだと話しています。

(画像はUnity公式サイトより引用)

ほかにも、コードを書かずにカメラを操作できるCinemachine、魚の群れの挙動を生成するためのC# Job SystemBurst コンパイラーなど、開発で役に立った機能やUnityを使うことのメリットが語られています。

記事の本文は、こちらをご確認ください。

『デイヴ・ザ・ダイバー』のクリエイティブの秘密に迫る

関連記事

Unity公式イベント「U/Day Tokyo 2024」現地レポート!Unity 6以降のロードマップやHTML/CSSライクにUIを作れる新機能など全9セッション情報から気になる情報をお届け
2024.07.11
ゲーム開発者必見のカンファレンス10選【GDC・CEDEC・Unreal Fest・U/Dayなど】
2024.07.11
サイバーエージェント主催のUnity勉強会「CA.unity #8」から、6セッションのスライド&動画が公開。『学マス』のライティングやソースコード自動生成機能などを解説
2024.07.05
『呪術廻戦 ファンパレ』シナリオパート制作に迫る開発者インタビュー。Live2Dキャラクターの実在感を高める3Dライティングと作品愛あふれるワークフロー【CAGC2024】
2024.07.03
『桃鉄ワールド』にUnityを導入した理由や役立った機能は?ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、シニアプロデューサーの岡村 憲明氏にインタビューした記事を公開
2024.06.27
『呪術廻戦 ファントムパレード』の「夢幻廻楼」背景演出について、サムザップが技術ブログで解説。無限に続く塔、天候の変化を表現する方法とは
2024.06.26

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!