2Dゲーム向けエンジン『GameMaker』がVersion 2023.8へアップデート。タイルマップに対するコリジョン検出や変数をスライダー形式などで表示できるデバッグウィンドウなど

2023.09.15
ニュースお役立ち情報ツール紹介
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 『GameMaker』がVersion 2023.8へアップデート
  • ゲーム内にデバッグウィンドウの作成が可能に
  • タイルマップに対する衝突を検出できるように

YoYo Gamesは、2Dゲーム向けエンジン『GameMaker』のVersion 2023.8をリリースしました。

主なアップデート項目は以下の通りです。

  • MORE DEBUG TOOLS
  • CONSOLE INPUT
  • FONT EFFECTS
  • TILE COLLISIONS
  • BUG REPORTER
  • COMPRESSOR
  • TYPED HANDLES
  • NEW PARTICLE FUNCTIONS

MORE DEBUG TOOLS

ゲーム内でデバッグウィンドウを作成できるようになりました。

debug overlayを有効にした後、dbg_view() を呼び出すことで、デバッグウィンドウが作成できます。

変数に対し、スライダー・チェックボックス・ボタンなどを追加できる(画像は公式サイトより引用)

CONSOLE INPUT

ゲーム内のコンソール画面から関数を実行できます。

コマンドの構文は「function arg0 arg1 arg2 …」です。これはGML の「function(arg0, arg1, arg2, …)」とは異なります。

現時点では関数呼び出しのみをサポートしていますが、関数を使用して変数を設定することも可能です。

画面下部のテキストフィールドから関数を実行

FONT EFFECTS

テキストにアウトライン/グロー/ドロップシャドウのエフェクトを付与することができるようになりました。

フォントの変更はfont_enable_effects()でフォントエフェクトを指定した後に、draw_set_font() で行います。

上からアウトライン/グロー/ドロップシャドウのエフェクト(画像は公式サイトより引用)

TILE COLLISIONS

place_meeting()move_and_collide()のような既存の関数を使用してタイルマップに対する衝突を検出できるようになりました。

(動画は公式サイトより引用)

使用方法は以下のようになります。

// Create Event
tilemap = layer_tilemap_get_id(“TileLayerName”);

// Step Event
var _colliding = place_meeting(x, y, tilemap);

if (_colliding)
{
// do something
}

配列を渡すことで、1回の呼び出しで複数のオブジェクトやタイルマップに対する衝突をチェックすることもできます。

var _colliding = place_meeting(x, y, [obj_ground, tilemap, _enemy]);

BUG REPORTER

IDEにバグレポーターが組み込まれました。「Help > Report A GameMaker Bug」からアクセスできます。

バグレポーターから送信されたバグはGitHubのIssuesに自動送信されます。GitHubのアカウントがなくてもバグの送信はできますが、アカウントを連携するとバグ対応の状況について通知を受け取れます。

COMPRESSOR

音量が指定した値を超えた場合に、指定した比率で音量を抑えられるようになりました。

TYPED HANDLES

data structuresに紐づけられるIDが型の情報を保持するようになりました。

NEW PARTICLE FUNCTIONS

part_particles_burst()を使うことで、パーティクルシステムアセット内のすべてのパーティクルを任意の場所で発生させることができるようになりました。

また、パーティクルシステムの「global space」を有効にすると、システムを移動または回転させた際に既存のパーティクルがその場所に留まります。

さらに、パーティクルエミッターにディレイを追加するpart_emitter_delay()や、ストリームモード使用時にエミッターの各バースト間にインターバルを追加するpart_emitter_interval()も追加されています。

global spaceを無効化/有効化した場合のパーティクルの動作(動画は公式サイトより引用)

他にも、独自のプログラミング言語「GML」の改良や、デフォルトのターゲット変更が行われています。

アップデートの詳細は、公式サイトまたはリリースノートをご確認ください。

GameMaker Version 2023.8 機能紹介GameMaker Version 2023.8.0.98 Release Notes

関連記事

Nintendo SwitchでRPG制作!『RPG MAKER WITH』は作ったマップや武器を他の人と「シェア」できる
2024.04.12
「3ds Max 2025」の新機能や更新を紹介する動画がYouTubeで公開。カラー管理にOCIO追加、Retopology Toolの処理速度アップなど
2024.04.12
参加費無料、ボドゲでゼロからゲーム制作体験ができる!5月25日開催『2時間でアナログゲームを完成させる!?初心者歓迎ワークショップ』、事前申込受付中!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.04.12
参加費無料、未経験でも簡単な3Dアクションゲームが作れる!5月25日開催『初心者歓迎!UE5&Blenderハンズオン』、事前申込受付中!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.04.12
『グランブルーファンタジー』の、100万行を超える大規模なシステム再構築ノウハウを補足解説。「Developers Summit 2024」で行われた講演のフォローアップ記事をサイゲームスが公開
2024.04.11
「ZBrush 2023」から「ZBrush 2024」までの新要素を解説する公式動画が公開。「Anchorブラシ」や「スライムブリッジ」などの新機能をおさらい
2024.04.11

注目記事ランキング

2024.04.07 - 2024.04.14
1
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
2
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
12
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
13
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
14
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
15
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
16
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
17
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
20
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
21
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
23
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
25
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
27
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
30
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フレームレート(Frame Rate)
フレームレート 1秒あたり何回フレームを表示するかを示す数値。フレームレートの単位のことをFPS(frames per second)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!