フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2

2023.09.08
しくみをつくるクリエイティブモードフォートナイトお役立ち情報UEFN
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

クリエイティブやUEFNには、敵や味方となる「NPCキャラクター」を任意の場所にスポーンさせる、移動経路を設定するなどの仕掛けが用意されています。

Part2では、オオカミやイノシシなどの野生動物や、AIの移動(パトロール)経路を制御する仕掛けを紹介します。

 


NPC系仕掛けの概要

仕掛け 説明
クリーチャースポナー(Part1) クリーチャーをスポーンさせる
一度に複数スポーン可能
クリーチャープレーサー(Part1) クリーチャーを配置する
クリーチャーマネージャー(Part1) 特定のクリーチャーの設定を変更する
セントリー(Part1) セントリーを配置する
ガードスポナー ガードをスポーンさせる
野生動物スポナー 野生生物をスポーンさせる
AIのパトロール経路節点 AIのパトロール経路を指定する
AIナビゲーション変更の仕掛け ガードの巡回ルートを指定する
パーセプショントリガー プレイヤーを知覚するセンサー

 

▼「UEFN」とは?フォートナイトと連携したゲーム開発ツールの概要を解説

関連記事
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2023.04.06

ガードスポナー

ガードスポナー 公式ドキュメント

『ガードスポナー』は、プレイヤーの味方となる「雇用」ができるNPCキャラクターをスポーンさせる仕掛けです。

雇用したガードはプレイヤーに追従し、自動的に敵を攻撃します。

ユーザーオプション

ガードタイプ

スポーンさせるガードの種類を指定します。

シャドー

ゴースト

スポーン回数

同時にスポーンさせられるガードの人数を設定します。

無限スポーンを許可 / 合計スポーン上限

「無限スポーンを許可」をオフにすると、累計でスポーンしたガードが「合計スポーン上限」に達した後はガードをスポーンできなくなります。

スポーン範囲

スポーンさせるガードのスポーン範囲を、仕掛けの中心からの距離で指定します。

パトロールを有効化 / パトロール経路グループにスポーン

「パトロールを有効化」をオンにすると、ガードがその場にとどまるのではなく、周囲を巡回するようになります

「パトロール経路グループにスポーン」を0に設定した場合はランダムに、0以外に設定した場合は仕掛け『AIのパトロール経路節点』で作成したルートに沿って巡回します。

パトロール経路ターゲットを変更する

最大パトロール距離

ランダムにパトロールする場合、スポナーからどれだけ離れた位置にパトロールできるかを指定します。

チーム間認識の伝達

オンにすると、1体のガードが敵を発見した際、同じスポナーによってスポーンされたガード全員が敵を発見した状態に移行します。

撃破時にインベントリをドロップ

オンにすると、ガードが撃破された時、所持している武器をアイテムとしてドロップします。

命中率

ガードが行う射撃の精度を指定します。

雇用可能

ガードに直接インタラクトし、「雇用」アクションができるかどうかを設定します。

雇用できるガードの最大数

1人のプレイヤーが同時に雇用できるガードの上限を設定します。

命令可能

オンにすると、雇用したガードに対して移動や待機などの指示を出せるようになります。

移動指示の例

ディレクト イベント バインディング

機能 - スポーン

イベントを受信すると、ガードを1体スポーンします。

機能 - デスポーンする

イベントを受信した時、この仕掛けがスポーンした生存中のガードをすべてデスポーンさせます。

機能 - 合計スポーンカウントをリセット

「合計スポーン上限」を設定している場合、イベントを受信すると、累計のスポーン回数を0にリセットします。

機能 - 雇う

イベントを送信したプレイヤーに対し、「雇用できるガードの最大数」の上限までランダムなガードを雇用させます。

機能 - 雇われたガードを全て解雇する

プレイヤー全員に対し、雇用中のガードを全員解雇させます。

機能 - 発信者が雇ったガードを解雇する

イベントを送信したプレイヤーが雇用しているガードを全員解雇します。

機能 - ガードを雇用可能にする

イベントを受信すると、インタラクトによってガードを雇用できるようになります。

機能 - ガードを雇用不可にする

イベントを受信すると、インタラクトによってガードを雇用できなくなります。

機能 - 標的を強制攻撃

スポーンさせたガード全員が、イベントを送信したプレイヤーに対し攻撃を開始します。

イベント - スポーン時

新たなガードがスポーンした時、このイベントが送信されます。

イベント - プレイヤーに対して警戒状態になった時

警戒状態に移行した時、警戒の対象がプレイヤーだった場合にイベントを送信します。

イベント - AIに対して警戒状態になった時

警戒状態に移行した時、警戒の対象がNPCだった場合にイベントを送信します。

イベント - 警戒時

警戒状態に移行した時にイベントを送信します。

イベント - 標的を見失った時

攻撃中のガードの視界から、攻撃対象が外れた時にイベントを送信します。

イベント - 怪しんだ時

撃たれるなどしてガードが怪しむと、このイベントを送信します。

イベント - 気付いていない時

怪しんだ後や攻撃対象を見失った後に一定時間経ち、ガードがデフォルトの状態に戻ったときにこのイベントを送信します。

イベント - 撃破された時

ガードが撃破された時にこのイベントを送信します。

イベント - プレイヤーを撃破した時

ガードの攻撃によってプレイヤーを撃破した時にこのイベントを送信します。

イベント - AIを撃破した時

ガードの攻撃によってNPCを撃破した時にこのイベントを送信します。

イベント - 撃破時

ガードの攻撃によってプレイヤーまたはNPCを撃破した時にこのイベントを送信します。

イベント - ダメージを受けた時

ガードがダメージを受けた時にこのイベントを送信します。

イベント - 雇用時

イベント「雇う」や直接のインタラクトにより、ガードがプレイヤーによって雇用された時にこのイベントを送信します。

イベント - 解雇時

雇用されていたガードが解雇された時にこのイベントを送信します。

 


野生動物スポナー

野生動物スポナー 公式ドキュメント

『野生動物スポナー』は、オオカミやイノシシなどの野生動物をスポーンさせる仕掛けです。

特定の野生動物は、手なずけることでプレイヤーを騎乗させることが可能です。

ユーザーオプション

タイプ

スポーンさせる野生動物の種類を指定します。

オオカミ

イノシシ

地形のバリエーション

野生動物の種類に応じて、見た目のバリエーションを選択します。

中世風(イノシシ)

雪(イノシシ)

スポーン回数

同時にスポーンできる野生動物の数を指定します。

無限スポーンを許可 / 合計スポーン上限

「無限スポーンを許可」をオフにすると、累計でスポーンした野生動物が「合計スポーン上限」に達した後は野生動物をスポーンできなくなります。

手なずけた動物の追尾距離

手なずけた野生動物がプレイヤーから離れることのできる距離を指定します。野生動物が指定した距離を超えた時は、プレイヤーの近くへ駆け寄ります。

強制スポーン

オンにすると、「スポーン回数」いっぱいまでスポーンしている場合でも、新たな野生生物をスポーンできるようになります。

スポーン上限を超えた場合、最も古い野生生物がデスポーンします。

徘徊範囲

野生動物がスポナーからどの程度離れた位置まで巡回できるかを指定します。

手なずけ

オンにすると、プレイヤーはスポーンした野生動物を手なずけることが可能になります。

騎乗

オンにすると、プレイヤーはスポーンした野生動物に騎乗できるようになります。

騎乗中は野生動物のエネルギーを消費して高速移動が可能だ

ディレクト イベント バインディング

機能 - スポーン

イベントを受信すると、新たな野生動物をスポーンします。

機能 - デスポーンする

イベントを受信すると、スポナーがスポーンさせた野生動物を、すべてデスポーンさせます。

機能 - スポナーを破壊する

イベントを受信すると、スポナーが破壊されます。破壊されたスポナーは、これ以上野生動物をスポーンすることはありません。

機能 - 手なずける

スポーンした野生動物を、イベントを送信したプレイヤーに手なずけられた状態にします。

機能 - 全ての手なずけを解除する

この仕掛けがスポーンしたすべての野生動物の手なずけ状態を解除します。

機能 - 発信者による手なずけを解除する

この仕掛けがスポーンしたすべての野生動物のうち、イベントを送信したプレイヤーに対する手なずけ状態のみを解除します。

機能 - 合計スポーンカウントをリセット

「合計スポーン上限」を設定している場合、イベントを受信すると、累計のスポーン回数を0にリセットします。

機能 - 発信者によって手なずけられた対象を撃破する

イベントを送信したプレイヤーが手なずけているすべての野生動物を撃破します。

機能 - 乗る

イベントを送信したプレイヤーに一番近い野生動物に強制的に騎乗します。

本来騎乗できない距離であっても、このイベントであればプレイヤーを騎乗させることができる

機能 - 全ての騎乗状態を解除する

イベントを受信すると、すべてのプレイヤーの騎乗状態を解除します。

機能 - 発信者の騎乗状態を解除する

イベントを送信したプレイヤーが騎乗していた場合、騎乗状態を解除します。

機能 - 全ての野生動物のエネルギーを回復させる

イベントを受信すると、すべての野生動物のエネルギーを、オプション「エネルギー回復量」に設定した値だけ回復します。

機能 - 発信者が騎乗している動物のエネルギーを回復させる

イベントを送信したプレイヤーが騎乗している野生動物のエネルギーを、オプション「エネルギー回復量」に設定した値だけ回復します。

機能 - 全ての野生動物のエネルギーを消費させる

すべての野生動物のエネルギーを、オプション「エネルギー消費量」に設定した値だけ消費させます。

機能 - 発信者の動物のエネルギーを消費させる

イベントを送信したプレイヤーが騎乗している野生動物のエネルギーを、オプション「エネルギー消費量」に設定した値だけ消費させます。

イベント - スポーン時

この仕掛けによって新たな野生動物がスポーンした時にこのイベントを送信します。

イベント - 撃破時(On Eliminated)

スポーンした野生動物が撃破された時にこのイベントを送信します。

イベント - 手なずけられた時

野生動物がプレイヤーによって手なずけられた時にこのイベントを送信します。

イベント - 手なずけが解除された時

イベント「全ての手なずけを解除する」などにより、プレイヤーによる手なずけ状態が解除された時にこのイベントを送信します。

イベント - 強制的にスポーンされた時

「強制スポーン」がオン、かつすでに「スポーン回数」いっぱいまで野生動物が存在している時に、新たな野生動物がスポーンするとこのイベントを送信します。

イベント - 中立プレイヤーにより撃破された時

野生動物が、手なずけられているプレイヤーと中立状態にあるプレイヤーに撃破される、もしくは手なずけられていない状態の時にプレイヤーに撃破されるとこのイベントを送信します。

イベント - 敵プレイヤーにより撃破された時

野生動物が、手なずけられているプレイヤーと敵対状態にあるプレイヤーに撃破されるとこのイベントを送信します。

イベント - 捕食動物により撃破された時

野生動物が、天敵の野生動物に撃破されるとこのイベントを送信します。

イベント - ダメージを受けた時

野生動物が何らかのダメージを受けた時このイベントを送信します。

イベント - 何かが食べられた時

野生動物が食料アイテムを食べた時、このイベントを送信します。

イベント - 騎乗時

プレイヤーが野生動物に騎乗を始めた時にこのイベントを送信します。

イベント - 騎乗を解除した時

プレイヤーが野生動物からの騎乗をやめた時にこのイベントを送信します。

イベント - 撃破時(On Eliminating)

野生動物がプレイヤーなどを撃破した時にこのイベントを送信します。

 


AIのパトロール経路節点

AIのパトロール経路節点 公式ドキュメント

『AIのパトロール経路節点』は、NPCの巡回経路を作成する仕掛けです。この仕掛けを使うことで、通常はランダムに移動するガードなどの移動経路を正確に指定できます

ユーザーオプション

パトロール経路グループ

移動経路のグループを設定します。複数の『AIのパトロール経路節点』が同じグループに設定されていると、各節点をつなぎ合わせた移動経路ができあがります。

例えば、パトロール経路グループが「1」の節点4つを「コ」の字に置くことで「コ」の字の巡回経路になる

パトロールモード

経路の移動ルールを指定します。

往復:経路の終点に到達すると、始点に向かって経路を逆にたどる
ループ:経路の始点と終点が同一となり、ループする
終点で停止:経路の終点に到達すると、その場で止まる

オプション「プレイモードで経路を表示する(デバッグ)」をオンにすると、経路とそのパトロールモードが可視化される(左:ループ / 右:往復)

ディレクト イベント バインディング

機能 - 次のパトロールグループへ行く

イベントを送信したNPCの移動経路グループを、オプション「次のパトロール経路グループ」に設定した経路グループに変更します。

青色で示される経路グループから黄色で示される経路グループへと移動する様子

イベント - 節点到達時

経路を移動中のNPCが、節点に到達した時にイベントを送信します。

イベント - 次の節点が到達不可能な時

次に到達すべき節点が、到達不可能な地点にあった場合にこのイベントを送信します。

到達不可能な接点がある場合、経路が赤く表示される

 


AIナビゲーション変更の仕掛け

『AIナビゲーション変更の仕掛け』は、NPCの移動経路を制限する仕掛けです。

『AIのパトロール経路節点』とは異なり、詳細な移動経路ではなく、「移動できないエリア」や「あまり通ってほしくないエリア」を指定することでNPCの移動経路を作成します。

ユーザーオプション

ナビゲーション変更のタイプ

エリアが持つ、移動経路に対する影響力の強さを指定します。

ブロック:NPCが通れない
避ける:NPCがなるべく通らない

「避ける」。移動経路が赤いエリアを避けるように折れ曲がっているのが分かる

「ブロック」。黒く示されたエリアには、NPCが侵入できないようになる

ゾーン形状

エリアの形状を「Box」と「シリンダー」から指定します。

Box

シリンダー

 


パーセプショントリガー

『パーセプショントリガー』は、プレイヤーの接近や視線を検知する仕掛けです。

プレイヤーを検知するとイベントを送信し、一定距離離れるまでプレイヤーを監視し続けます。

パーセプショントリガー 公式ドキュメント

 


関連記事

フォートナイトとUEFNがv29.40にアップデート。「ゲーム開始時、特定の処理が終了するまでプレイヤーをスポーンさせない」などが実現できるようになった
2024.05.07
フォートナイトとUEFNがv29.30にアップデート。すでに公開した島をプレイできないようにする機能が導入される
2024.04.24
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
2024.04.10
【UEFN】よく使うショートカットまとめ
2024.04.05
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
2024.03.27
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
2024.03.21

注目記事ランキング

2024.05.14 - 2024.05.21
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!