UE5.2の実験的機能「プロシージャル コンテンツ生成フレームワーク」「Substrate」を活用したサンプルプロジェクト、Epic Gamesが無料公開

2023.06.21
ニュースアンリアルエンジンマーケットプレイス
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Unreal Engine 5.2で新しく実装された実験的機能を生かしたサンプルプロジェクトが公開
  • 「プロシージャル コンテンツ生成フレームワーク」や「Substrate」の使用方法を学習可能
  • 公式ドキュメントでは、プロシージャル生成アルゴリズムの実装内容などが解説される

Epic Gamesは、Unreal Engine 5.2(以下、UE5.2)における新しい実験的機能「プロシージャル コンテンツ生成フレームワーク(以下、PCG)」や「Substrate」などを使用したサンプルプロジェクト『Electric Dreams 環境サンプル プロジェクト』を公開しました。

Electric Dreams』は、GDC 2023にて、UE5.2の新しい実験的機能を紹介するデモとして登場しました。

Electric Dreamsでは、UE5.2の実験的機能「PCG」「Substrate」を使用しています。

「PCG」は、シーンを動的にプロシージャル生成する機能です。パーツとなるコンテンツや配置のルール、パラメーターのほか、手作業で配置したコンテンツなどに基づいて地形を自動生成します。

「Substrate(旧Strata Material)」は、シェーディングモデルをレイヤー可能にするマテリアルの機能です。異なる質感の物質が層状に重なった状態を表現できます。

PCGで生成した森林。配置を変更すると、出力がリアルタイムで変化する(画像は特設ページより引用)

車体にSubstrateマテリアルが使用されている(画像は「State of Unreal」より引用)

今回、Electric Dreamsが編集可能なサンプルプロジェクトとして、UEマーケットプレイスで無料公開されました。

プロジェクトにはすべてのコンテンツを含むメインのレベルのほか、大規模または小規模なPCGのみで形成されたレベル、PCGスプラインの使用方法を紹介するレベルなどが用意されています。

メインのレベル。手作業とPCGで制作した環境とSubstrateマテリアルの確認用メッシュが配置されている(画像は特設ページより引用)

PCGスプラインのサンプルレベル。スプラインに沿ってプロシージャルにメッシュを配置する(画像は特設ページより引用)

また、公式ドキュメントにて、各レベルの説明やプレイ時の操作方法、PCGを用いた実装の解説などが記載されています。

Before
After

(画像は公式ドキュメントより引用)

PCGを用いた実装の1つ。地形表面の平坦さを考慮し、地面から浮いて配置された岩を除去するロジックを「PCGグラフ」と呼ばれるPCG専用のエディタで実装している(画像は公式ドキュメントより引用)

プロジェクトの動作に推奨される最小スペック要件は以下の通りです。

CPU:Intel i9(8コア、16論理コア) 3.6GHz
グラフィックス:NVIDIA RTX 2080(VRAM 8GB)

詳細は、特設ページをご覧ください。

『Electric Dreams』特設ページ『Electric Dreams』ストアページ

関連記事

SDFを活用した低負荷なアニメ調のシェーディングをUE5で実装。alwei氏が解説記事を公開
2024.03.01
「Steam Audio」がオープンソース化。UnityやUEに統合できる、ゲームやVRアプリ用の空間オーディオツール
2024.02.22
実写映像を3Dアニメーション化するAIツール「Wonder Studio」にUEエクスポート機能追加。カメラやキャラクターアニメーションなどの要素に分解も可能
2024.02.16
Unreal Engine向けゲーム制作コンテスト『第21回UE5ぷちコン』開始!テーマは「おす」。応募締切は4/7(日)
2024.02.16
揺れ物を手軽に「かわいく」揺らせる疑似物理プラグイン「KawaiiPhysics」がアップデート。ボーン間の距離を維持して、モデルのスカート貫通問題を緩和しやすく
2024.02.12
「Unreal Engine」2024年2月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!Steam APIを活用したブループリントアセットや、ファンタジックなインテリアを集めた環境アセットなど
2024.02.07

注目記事ランキング

2024.02.26 - 2024.03.04
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
8
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
19
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
20
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
26
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
27
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
28
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ローパスフィルター(Low-Path Filter)
ローパスフィルター
  1. 電気信号のうち、指定した周波数(カットオフ周波数)以下の信号を通し、それより上を大きく低減させるフィルター。
  2. ゲーム開発において、基本的にはサウンド用語として用いられる。例として、特定のセリフをローパスフィルターによってくぐもった音に加工することで、隣の部屋や遮蔽物の後ろで話しているかのような表現を行うことができる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!