フォートナイトとUEFNがv25.00にアップデート。ディレクトイベントバインディングがすべての島で有効化される

2023.06.12
ニュースクリエイティブモードフォートナイトUEFN
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • フォートナイトおよびUEFNがv25.00にアップデート
  • 予告されていたディレクトイベントバインディングがすべての島で有効に
  • UEFNでカスタムマテリアルを作成し、ランドスケープで使用できるように

2023年6月9日、Epic Gamesフォートナイトv25.00にアップデートしました。

クリエイティブで作成したすべての島でディレクトイベントバインディングが有効になり、「Unreal Editor For Fortnite(以下、UEFN)」ではランドスケープに独自のマテリアルを使用できるようになりました。

また、UEFNで扱うスクリプト言語「Verse」の修正もあわせて行われています。

クリエイティブにおける、v25.00の主な更新内容は以下の通りです。

ディレクトイベントバインディングの移行

以前から言及されていた、ディレクトイベントバインディングへの完全移行が実行されました。ディレクトイベントバインディングシステムがすべての島に適用され、従来のチャンネルコミュニケーションシステムは使用できなくなりました。

関連記事
フォートナイトとUEFNがv24.40にアップデート。クリエイターの作品が一覧表示される「クリエイターページ」が利用可能に
2023.05.19

これにより、従来のチャンネルコミュニケーションシステムにあったチャンネル数の制限を意識する必要がなくなります。

従来のシステムでは、発生するイベントに対して正しくチャンネルを合わせる必要があった。しかしディレクトイベントバインディングでは、仕掛け同士で直接通信できる(画像は公式コミュニティより引用)

ウェルカムハブの変更

クリエイターがクリエイティブで自身の島へ移動する前に訪れる「ウェルカムハブ」が、新しいデフォルトハブに変更されました。

これにより、今までユーザーが使っていたハブは使用できなくなります。

以前のウェルカムハブ(画像は公式ブログより引用)

新しいデフォルトハブ

グラインドレールの追加

バトルロイヤル チャプター4で登場した「グラインドレール」を島に設置できるようになりました。

レールの経路を決めるスプラインは、UEFNでは直接編集でき、クリエイティブではスマホツールを使って編集できます。

(画像は公式コミュニティより引用)

UEFNで地形にマテリアルを追加

UEFNのランドスケープ機能において、地形にカスタムマテリアルを使用できるようになりました。

ランドスケープモードのペイントツールを使用して、オリジナルのマテリアルによる景観の地形を生成可能です。

(画像はクリエイターポータルのニュース記事より引用)

新しいゲームのチュートリアル: トライアド・インフィルトレーション

UEFNで使えるスクリプト言語Verseのドキュメントにて、新たなゲーム作成チュートリアルが公開されました。

このチュートリアルでは人数の異なる3チームで競う「トライアド・インフィルトレーション」という対戦ゲームを作れます。チュートリアルを通じ、Verseの「map」「配列」「for」「失敗」などの概念を学習可能です。

(画像はクリエイターポータルのニュース記事より引用)

また、Verseでの基本的な使い方を学ぶドキュメント「Verse でのコードの書き方の基本を学ぶ」が更新され、「失敗と制御フロー」の章が追加されました。

ドキュメントではVerseにおける独特な「失敗」の扱い方を解説しており、ロールバックを活用した安全なコードの書き方を学ぶことができます。

アップデートの詳細は、UEFN v25.00 リリースノート、またはクリエイターポータルのニュース記事をご確認ください。

フォートナイト エコシステム パッチノート - V25.00アップデート25.00 リリース ノート

関連記事

フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
2024.04.10
【UEFN】よく使うショートカットまとめ
2024.04.05
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
2024.03.27
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
2024.03.21
LiaqN氏も参戦!無料で遊べるお祭り騒ぎな最大20人の大乱闘デスマッチ『Boom Bang Party – FFA』が本日リリース!先行プレイレポをお届け
2024.03.12
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
2024.03.11

注目記事ランキング

2024.04.08 - 2024.04.15
1
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
2
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
11
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
12
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
13
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
14
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
15
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
16
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
17
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
20
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
25
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
26
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
27
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
28
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
29
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
30
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!