【2023年6月22日(木) 東京開催】『Microsoft Game Dev in Japan 2023 – ゲーム開発に役に立つ!?Azure Open AI の可能性』イベント開催! (随時更新)

2023.05.19 [PR]
ニュース注目記事
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!
目次

マイクロソフトとのコラボイベントが今年も開催

※本イベントは終了しました

Microsoftとゲームメーカーズによるコラボイベント『Microsoft Game Dev in Japan 2023 – ゲーム開発に役に立つ!?Azure Open AI の可能性』を開催します!

2022年11月にOpenAI社がChatGPTを公開してから、2023年上期は怒涛のようにLLM(大規模言語モデル)が発表されました。 日々数多くのアップデートがある中で、今回は“ゲーム開発”や“ゲームコンテンツ”としての実用性にフォーカスし、どのような活用の可能性があるかを登壇者・参加者の皆様双方で見出す場となります。
5月23日から25日にMicrosoft開発者イベントである『Microsoft Build』 で発表される最新情報についてもご紹介する予定です。

生成AIや大規模言語モデルなどのAI関連技術を分かりやすく紹介するとともに、これらのテクノロジーをゲーム開発に活かす方法論を具体的を探ります!

【6/13(火)更新内容】
・各講演概要を公開
・参加申込枠を90名まで拡大!
・タイムスケジュール更新

【6/12(月)更新内容】
・参加申込枠を80名まで拡大!

【6/6(火)更新内容】
・講演者情報公開
・セッションタイトル公開

参加申込フォーム

本イベントへの参加は事前登録が必要となります。下記専用サイトよりお申し込みください。

『Microsoft Game Dev in Japan 2023』参加登録ページ

イベント概要

『Microsoft Game Dev in Japan 2023 - ゲーム開発に役に立つ!?Azure Open AI の可能性』

今回で2度目の開催となる「Microsoft Game Dev in Japan」は、初のオフラインイベントとして日本マイクロソフト品川オフィスで実施されます。セッションラインナップは後日公開となりますので、ぜひ参加登録をしてお待ちください。

開催日時 2023年6月22日(木)
時間 19:00~22:00
場所 日本マイクロソフト品川オフィス セミナールーム
参加可能人数 90名
セッション内容 セッション①:Microsoft Build でも発表!Microsoft AIの最新技術情報を一挙にご紹介
セッション②:Azure OpenAI等、AI系サービスのゲーム開発への応用の可能性について
セッション③:声だけでプレイする3D脱出ゲーム制作事例 ~ChatGPTでセリフと行動を制御~
参加登録 connpass(イベントページ)にて参加登録
主催 / 運営 ゲームメーカーズ
協賛 日本マイクロソフト株式会社

 

セッション

本イベントで講演が予定されているセッションを紹介します。

セッション①:Microsoft Build でも発表!Microsoft AIの最新技術情報を一挙にご紹介

講演者:日本マイクロソフト株式会社 宮田 大士

今回のセッションでは、OpenAIのGPTモデルを自身のデータで活用する機能、不適切表現の検出を可能にする責任あるAI機能、Azure Machine Learningでの独自プロンプト作成・管理機能、強化された画像検知ソリューションなど、数々の革新的アップデートをご紹介します。AIに興味がある方々のご参加を心からお待ちしております!

セッション②:Azure OpenAI等、AI系サービスのゲーム開発への応用の可能性について

講演者:マイクロソフトコーポレーション 下田 純也

Azure OpenAIの採用ニュースがエンタープライズ企業を中心に沢山見られるようになってきましたが、ゲーム開発へのOpenAIを始めとするAIソリューションの活用にはまだまだ
懸念点や、どのように使えるの?等の疑問も多いかと思います。今回はこれらの
ソリューションをどのようにゲーム開発や運用に活用できるのか?実際のデモも交えつつご紹介させていただければと思います。皆様の導入や活用のヒントになりますと幸いです。

セッション③:声だけでプレイする3D脱出ゲーム制作事例 ~ChatGPTでセリフと行動を制御~

講演者:株式会社ヒストリア 佐々木 瞬
株式会社ヒストリア 星野 智希

ChatGPTが世間をにぎわせ始めたころ、多くのゲーム開発者は「これでNPCを動かしてみたい」と思ったのではないでしょうか。
我々はそれにもう一つチャレンジを加え、社内R&Dプロジェクトとして「自然言語で3Dキャラクターを動かしてゲームを進行する」という新体験に挑みました。
音声認識→ChatGPT→読み上げ、という3つの技術を繋いで、本物の人との会話のようにゲームを進行できないかと考えたのです。本セッションでは成果物のデモとともに、ChatGPTの出力制御、3Dキャラクターを動かすロジック、フラグ処理といったことを事例としてお伝えしたいと思います。

タイムスケジュール

時間 内容
18:30 開場
19:00-19:05 オープニング
19:05-19:25 セッション①:Microsoft Build でも発表!Microsoft AIの最新技術情報を一挙にご紹介
19:25-19:45 セッション②:Azure OpenAI等、AI系サービスのゲーム開発への応用の可能性について
19:45-19:50 休憩
19:50-20:30 セッション③:声だけでプレイする3D脱出ゲーム制作事例 ~ChatGPTでセリフと行動を制御~
20:30-20:35 エンディング
20:35-22:00 懇親会開始
22:00 イベント終了
『Microsoft Game Dev in Japan 2023』参加登録ページ
関連記事
GDCで発表されたMicrosoftの最新内容を一挙に紹介!『Microsoft Game Dev in Japan』全5講演セッションレポート
2022.06.30 [PR]

関連記事

インディーゲーム情報番組「INDIE Live Expo 2024.5.25」、番組内容発表!『ピギーワン SUPER SPARK』『少年期の終り』などが注目タイトルに
2024.04.19
Unity Technologies、HDRPを解説した無料の電子書籍をUnity 2022 LTS版にアップデート。進化した水面の表現やSpeedTreeを組み合わせたTerrainの使い方を183ページにわたって紹介
2024.04.19
オーディオミドルウェア「Wwise」のサウンドをUnreal Engineで再生。「書かれた通りに設定すれば必ず動作する」ガイド、Audiokineticが公開
2024.04.18
サウジアラビアに買収されたSNKの今。世界TOP10のパブリッシャーを目指す構想を松原社長が語る【GCC2024】
2024.04.18
【2024年5月25日(土) 東京開催】ゲームづくりで盛り上がろう!「ゲームメーカーズ スクランブル2024」 イベント情報(随時更新)
2024.04.18
“弾が大きくて遅い”対戦TPS『FOAMSTARS』、戦闘システムが生まれた経緯をトイロジックが解説。重視したポイントは「いかに上手くエイムできるか」ではない
2024.04.18

注目記事ランキング

2024.04.14 - 2024.04.21
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
6
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
10
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
16
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
17
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
24
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
25
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
27
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
28
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!