3Dモデリング&CADプログラム『Plasticity』バージョン1.1リリース。角度・長さのリアルタイム表示と入力、STLファイルのエクスポートなど

2023.05.16
ニュースお役立ち情報ツール紹介3DCG
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 『Plasticity』バージョン1.1がリリース
  • 図形作成中に角度・長さをリアルタイム表示&入力できる機能が追加
  • 他にもSTLファイルのエクスポート、自動バックアップ機能などが追加

3Dモデリング&CADプログラム『Plasticity』のバージョン1.1がリリースされました。

『Plasticity』は自由曲面をなめらかに表現するNURBSモデリング採用しています。ライセンスは買い切り型で「30-day free Trial」プラン・「Indie」プラン・「Studio」プランの3つが用意されています。

関連記事
新たな3Dモデリング&CADプログラム『Plasticity』リリース。自由曲面を滑らかに表現するNURBSモデリングを採用
2023.04.07

『Plasticity』公式Twitterは、今回のバージョンアップで安定性の改善や計測機能・STLファイル形式でのエクスポート・テキストの追加などに対応したと発表しています。STLファイルは3Dプリンターの標準的なファイル形式です。

『Plasticity』開発者のYouTubeアカウントnickkallen1が公開している動画によると、計測機能は図形生成時にリアルタイムでその長さや角度が表示されるものです。数値は入力も可能で、指定した数値が即時反映されます。

線の長さがリアルタイムで表示される

入力フィールドで角度を指定することも可能

また、同動画では自動バックアップ機能についても紹介しています。この機能は、ユーザーが指定した間隔で自動でバックアップをとる機能です。バックアップ間隔は次のような項目を設定できます。

  • 直近何バージョンのファイルをバックアップするか
  • 何時間毎にバックアップするか
  • 何日毎にバックアップするか
  • 何週間毎にバックアップするか
  • バックアップを取るフォルダパス

開発者のYouTubeアカウントnickkallen1が公開している『Plasticity 1.1 is here!』ではバージョン1.1の機能の一部を解説

この他、GitHubでは『Plasticity』で対応が終わったバグ、対応中のバグなどの情報が公開されています。

詳しくは『Plasticity』公式TwitterまたはGitHubをご確認ください。

『Plasticity』公式Twitter『Plasticity』GitHub

関連記事

オープンワールドアクションRPG『鳴潮』開発者インタビューをEpic Gamesが公開。精細な昼夜表現やキャラクターのグラデーション表現を実現した方法などを解説
2024.05.23
Adobeの「Substance 3D Modeler」のバージョン1.10.50がパブリックベータに。ブーリアンを使った非破壊プリミティブやオブジェクトのアウトライン管理が可能に
2024.05.20
『NieR Replicant ver.1.22474487139…』におけるHoudiniの活用事例、トイロジックがブログで紹介。UVスクロールで複雑なエフェクトを作成
2024.05.13
3Dモデルの見た目は変わらず、データサイズを3分の1に。インフィニットループ、自社ブログで頂点レイアウトについて解説
2024.05.13
【Adobe・Maya・ZBrushなど】学生向け無料・割引プランがあるDCCツールまとめ
2024.05.12
1,000種類以上のベースメッシュを無料で公開している「The Base Mesh」がリニューアル。ダウンロード形式にGLBファイルが追加、3Dビューワーの搭載など
2024.05.07

注目記事ランキング

2024.05.20 - 2024.05.27
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォグ(Fog)
フォグ 「霧」を意味する英単語。3DCGにおいて、現実の霧による見た目をシミュレーションする画面効果やエフェクトを指す。代表的なものとして、カメラから遠くにあるオブジェクトの色調を変化させることで遠近感を出す手法がある。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!