Cesium、地図から3Dデータを取得する『Photorealistic 3D Tiles』をリリース。Googleが持つ地理情報に基づいたリアルな3Dモデルをインポートできる

2023.05.15
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • CesiumがGoogle Maps Platformとの提携を発表
  • Cesiumが開発したPhotorealistic 3D Tilesを試験的にリリース
  • 49か国の2,500以上の都市の3Dデータを取得可能

Cesiumは、Google Maps Platformとの提携を発表しました。提携に伴い、Google Maps PlatformのMap Tiles APIを通じて利用する「Photorealistic 3D Tiles」がCesiumから実験的にリリースされました。

Photorealistic 3D Tilesとは、Googleの持つ3D地理空間データを使用したマップタイル(※)です。
※地図をタイル状に分割し、必要な部分のみを読み込むことで高速で描画する技術

地理座標を指定すると、周辺の地形や建物の3Dデータを取得できます。発表時点では、49か国の2,500以上の都市のデータを利用可能です。

Cesium for Unrealで取得した、米国ペンシルベニア州の建設現場。重機は3Dモデルを別途配置している(画像は公式ブログより引用)

Cesium for Unityで取得した、米国カリフォルニア州マウンテンビューに位置するGoogle本社(画像は公式ブログより引用)

「Photorealistic 3D Tiles」は、WebUnreal EngineUnityNVIDIA Omniverseで使用可能です。学習教材として、各ツール毎にサンプルコードチュートリアルが公開されています。

また、先日Googleが発表した、地理座標と連動したARコンテンツを作成するツール『Geospatial Creator』でも、Photorealistic 3D Tilesが使用されています。

関連記事
Google、現実世界の地理座標とリンクしたARコンテンツを作成できるツール『Geospatial Creator』を発表。UnityとAdob​​e Aeroで利用可能
2023.05.11

詳細は、CESIUM BLOG『Cesium Partners with Google Maps Platform to Render Its New Photorealistic 3D Tiles』をご覧ください。

CESIUM BLOG『Cesium Partners with Google Maps Platform to Render Its New Photorealistic 3D Tiles』

関連記事

Unity開発者向け技術カンファレンス「U/Day Tokyo 2024」、7/1(月)に渋谷で開催。Unity 6の展望や最新サービスの紹介など、9講演が実施予定
2024.05.29
リリース済の2Dランアクション作品をベースにゲームづくり。「GameMaker」用テンプレート『Super Chicken Jumper』が無料公開
2024.05.29
Googleマップの地理情報をもとにリアルな3Dマップを作成可能。Google Maps JavaScript APIの新機能「Photorealistic 3D Maps」、試験運用開始
2024.05.28
静音性を高めた磁気スイッチを採用。エレコム、75%サイズのキーボード「VK720A」シリーズの予約販売を開始
2024.05.28
フォートナイトとUEFNがv30.00へ大規模アップデート。使用できるフォートナイトキャラクターが800以上になったほか、UEFNのプロファイル機能などが追加に
2024.05.27
効率的なリギングやアニメーション制作をサポート。無料で使えるMaya用フレームワーク「eST3」をポリゴン・ピクチュアズがリリース
2024.05.27

注目記事ランキング

2024.05.23 - 2024.05.30
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ビヘイビアツリー(Behavior Tree)
ビヘイビアツリー AIの思考、行動をツリー状の構造図で定義したもの。およびそのシステム。挙動の優先順位や条件を定義していくことにより、複雑なAI挙動をシンプルに実現できる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!