【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する

2023.04.14
ゲームづくりの知識チュートリアルクリエイティブモードフォートナイトUEFN
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

今回は、フォートナイトのフレンドとチームを作成し、UEFNのプロジェクトをリアルタイムで共同編集する方法を紹介します。チームメンバーとともに、さらにゲームを作りこみましょう!

なお、UEFNで共同編集を行うには、メンバー全員が18歳以上である必要があります。

目次

UEFNプロジェクトの共同編集までの手順

UEFNのプロジェクトを共同編集するためには、3ステップの工程が必要です。

チームメンバーでないアカウントでは、UEFNで開始したセッションに参加することはできません。チームメンバーになることで初めて、メンバーのUEFNセッションに訪れ、共同編集ができるようになります。

クリエイターポータルからチームを作る

共同編集をするために、まずはチームを作成しましょう。以下のボタンからクリエイターポータルにアクセスします。
フォートナイト クリエイターポータル
サインイン」をクリックし、Epic Gamesアカウントでサインインします。

共同編集したいプロジェクトを作成したアカウントでサインインする

サインインが完了したら、クリエイターポータル画面左上の「選択中のチーム」をクリックします。

「選択中のチーム」をクリックすると、「UEFNのチームを選択」と書かれたウィンドウが現れる

現れたウィンドウの「新規チームを作成する」をクリックして、チームの新規作成ページに移動しましょう。

この画面でチームの切り替えや新規作成ができる。今回は「新規チームを作成する」をクリックしよう

年齢確認を行う

まだ年齢確認を行っていない場合、18歳以上である確認をチームの作成前に行う必要があります。
※既に年齢確認済みの方は「チームを作成する」のセクションまで進んでください。

チーム作成ページ内の各項目はまだ入力せず、「チームメンバー」の「Epicディスプレイネームで招待」をクリックしましょう。

「Epicディスプレイネームで招待」をクリック

年齢確認を促すウィンドウが表示されるので「年齢を確認」をクリックします。

「年齢を確認」をクリック

年齢確認の方法は、「顔のスキャン」「本人確認書類のスキャン」「クレジットカードまたはデビットカード」の3種類が用意されています。

自分に合った方法を選び、指示に従って年齢確認を完了させましょう。

3つの中からどれを選んでもいい。やりやすい方法を選ぼう

年齢確認が完了すると、先ほどと同じ「新規チームを作成」ページに移動します。移動しなかった場合は、再度クリエイターポータルからチーム作成画面を開きましょう。

チームを作成する

年齢確認が済めば、チームの作成準備はできています。チームの情報を埋め、チームを作成しましょう。

まず、「チーム名」と「チーム説明」を入力します。

次に、作成済みのUEFNプロジェクトのリストから、チームで作業したいものを選びます。チームメンバーは、ここで選択したプロジェクトの管理・編集が可能になります

移管するプロジェクトは、一度に複数選択できる。なお、チームへのプロジェクト移管は、チーム作成後でも可能だ。
今回は「MyFirstGame」を移管するよう設定した

その後、チームに招待するフレンドを指定します。招待したいEpic Gamesアカウントのディスプレイネームを入力し、役割を選択します。今回は「コラボレーター」としましょう。

自分のディスプレイネームがわからない場合は、Epic Games Launcherで確認できます。ランチャーを開いて、「ライブラリ」を表示します。画面右上のアイコンをクリックすると確認できます。

画像の「2」で囲っている部分に表示されているのが、ディスプレイネームだ

最後に、「チームを作成」をクリックすると、新たにチームが作成されます。

チームメンバーの役割について

チームメンバーの役割には「コラボレーター」「公開者」「管理者」「オーナー」の4種類があります。それぞれの役割には、主に以下の権限が与えられています。

コラボレーター:チームが管理するUEFNプロジェクトの共同編集
公開者:コラボレーターの権限に加え、プロジェクトの公開など
管理者:公開者の権限に加え、プロジェクトの移管やチームメンバーの招待・管理など
オーナー:管理者の権限に加え、収益化のコントロールなど。チームの作成者がオーナーとなる

プロジェクトを守るためにも、チームメンバーには適切な役割を与えましょう。役割の詳細な権限については、公式ドキュメントをご確認ください。

『クリエイター ポータルでチームを作成』 UEFN公式ドキュメント

フレンドをチームに招待する

チームを作成した段階では、まだフレンドはチームに参加していません。メンバーに招待リンクを送り、正式にメンバーとなってもらいましょう。

クリエイターポータルで、「選択中のチーム」が先ほど作成したチームになっていることを確認して、「チーム管理」をクリックします。

クリックすると、チーム管理ページに移動する

先ほど追加したチームメンバーが「招待待機中」となっているはずです。「招待リンク」をクリックして表示されるリンクを、SNSなどを使いメンバーに送信しましょう。

招待メンバー側:チームへ参加する

この章では、招待リンクを受け取ったメンバー側の操作を説明します。

送られた招待リンクにアクセスすると、クリエイターポータル上のチーム参加画面に移動します。画面にある「チームへの参加」をクリックしましょう。

このとき、招待されたアカウントでクリエイターポータルにサインインしている必要がある

画面左上の「選択中のチーム」から招待されたチームを選択した後、「プロジェクト」をクリックします。チームの作成時にオーナーが移管したプロジェクトが表示されていれば、チームメンバーとして正式に参加できています。

今回の場合、「MyFirstGame」が表示されていれば成功だ

フレンドのUEFNプロジェクトに参加する

招待者側の手順

今までの手順で、作成したチームにフレンドを招待することができました。ここからは、チームのセッションに参加し、リアルタイムで共同編集を行う段階です。

セッションに招待する側は、UEFNを起動して共同編集したいプロジェクト(今回は「MyFirstGame」)を開きます。次に「セッションを開始」をクリックしてセッションを立ち上げましょう

並行してフォートナイトを起動し、セッションに入ります。

参加者側の手順

次は、セッションに参加する側の操作です。こちらは、UEFNを起動する必要はありません。

フォートナイトのロビー画面左上の「」マークをクリックし、フレンド一覧を表示します。参加先のプレイヤーを選択して、「ゲームに参加する」をクリックするとセッションへの参加プロセスが開始します。

フレンド一覧は、Escキーでも表示できる。セッションが参加できる状態であれば、ディスプレイネームの下に「編集をプレイ中-UEFNセッション-」と表示されている

そのまましばらく待つと、チームのセッションに参加できます。

これで、フレンドとの共同編集ができるようになりました。もちろん、編集中のプロジェクトを一緒にプレイすることも可能です!

フレンドが島にいる間は、マテリアルの変更ができないなど、UEFNの一部の機能が制限されます。
詳細はこちら

『UEFNを始めよう!』に戻る

関連記事

フォートナイトとUEFNがv29.40にアップデート。「ゲーム開始時、特定の処理が終了するまでプレイヤーをスポーンさせない」などが実現できるようになった
2024.05.07
フォートナイトとUEFNがv29.30にアップデート。すでに公開した島をプレイできないようにする機能が導入される
2024.04.24
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
2024.04.10
【UEFN】よく使うショートカットまとめ
2024.04.05
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
2024.03.27
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
2024.03.21

注目記事ランキング

2024.05.20 - 2024.05.27
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォグ(Fog)
フォグ 「霧」を意味する英単語。3DCGにおいて、現実の霧による見た目をシミュレーションする画面効果やエフェクトを指す。代表的なものとして、カメラから遠くにあるオブジェクトの色調を変化させることで遠近感を出す手法がある。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!