UE5.1で開発されているフォートナイトで、Naniteはどう活用されているのか。Epic Gamesが解説記事を公開

2023.02.02
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Unreal Engine 5.1で開発されているフォートナイトにおいて、Naniteにスポットを当てて解説する記事が公開
  • Naniteのサポート範囲拡大のため、プログラム可能なラスタライザーを開発するまでの経緯や工夫を解説している
  • フォートナイトでの使用例や、今後の展望についても述べられている

2023年1月27日、Epic Gamesフォートナイトにおいて、Naniteをどう活用しているのかを解説する記事を公開しました。

NaniteUnreal Engine(以下、UE) の仮想ジオメトリシステムで、UE5.0から導入されました。フォートナイトでは、チャプター4からゲームエンジンにUE5.1が採用されたことで、Naniteが活用されるようになりました。

Naniteは最初に公開されたものからサポート範囲が拡大し、ワールド位置オフセットピクセル深度オフセットカスタムUV両面マテリアルマスク付きマテリアルなどに対応しました。

これらの対応のため、ラスタライザー自体を固定関数によるものからプログラム可能なものにする必要があったと述べられています。

プログラム可能なラスタライザーによる、マスク付きマテリアルのプロトタイプ(画像は解説記事より引用)

この記事ではNaniteプログラム可能なラスタライザーのプロトタイプ開発から目標設定、フォートナイト内での利用方法、今後どのように取り組むのかという展望を解説しています。

サポート範囲の広がったNaniteはパフォーマンスが向上し、小道具や建物、樹木、草などに幅広く利用されている。また、各種オプションなどにより、さらなる最適化が図られているようだ(画像は解説記事より引用)

Before
After

以前はテクスチャで表現されていたディテールも3Dジオメトリとして表現できるようになったため、深度やシャドウなどのリアリティが増した(画像は解説記事より引用)

詳細は、『フォートナイト バトルロイヤル チャプター 4 で Nanite を活用』をご確認ください。

また、UE5.1におけるNaniteの新機能やシステム詳細に関しては、Unreal Engine 5.1 リリースノート公式ドキュメントなどもご確認ください。

フォートナイト バトルロイヤル チャプター 4 で Nanite を活用 Unreal Engine 5.1 リリース ノート仮想化ジオメトリシステム「Nanite」に関する公式ドキュメント

関連記事

Unreal Engine 5.4.3がリリース。Mac向けにパッケージ化する際に起こるエラーの修正や、BaseDeviceProfiles.iniの2024年発売のiPadへの対応など
2024.07.17
50代からゲーム開発を始めた第21回UE5ぷちコン最優秀賞作『ヘコむス』開発者インタビュー。約40年前の「床をヘコませてボールを転がす」アイデアをUEで実現!
2024.07.16
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲーム開発者必見のカンファレンス10選【GDC・CEDEC・Unreal Fest・U/Dayなど】
2024.07.11
「Unreal Engine」2024年7月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!何千ものポーンを制御するプラグインや、スタイライズされた環境アセットのバンドルなど
2024.07.03
クロスシミュレーションツール「Marvelous Designer」が1年間無料で使用可能。Epic Games、UEFNクリエイターに向けてライセンスを期間限定で提供中
2024.06.25

注目記事ランキング

2024.07.10 - 2024.07.17
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ラグドール(Rag Doll)
ラグドール ぬいぐるみを意味する英語。 ゲームにおける、キャラクターの全身が脱力したかのような挙動を行う物理シミュレーション。ラグドール物理。 例えば、上空からの落下やキャラクターが死亡した際に用いられる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!