Unityブログにて『Cult of the Lamb』のインタビュー記事が公開。ゲームが生まれた経緯や、開発への取り組み方などが語られる

2022.11.15
ニュースUnity
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 『Cult of the Lamb』開発者にインタビューした記事が、Unityブログにて公開
  • カルト要素はアイデアの初期段階には存在しなかったことなど、同作が生まれた経緯が語られる
  • Unityの採用理由やプロジェクトの取り組み方に大切なことも掲載されている

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、『不気味で、かわいくて、やみつきになる ― 『Cult of the Lamb』に学ぶ、大ヒット作のレシピ』と題した記事をUnityブログで公開しました。

(画像はUnityブログより引用)

今回の記事では、『Cult of the Lamb』を開発したMassive Monsterのデザインディレクター・リードプログラマーであるJay Armstrong氏が、同作が生まれた経緯やUnityを採用した理由や役立ったポイント、ゲームで工夫している点などを語っています。

『Cult of the Lamb』は、ローグライクとコロニーシム・拠点構築ゲームのジャンルを組み合わせるアイデアから始まったものの、簡単に説明しづらく、パブリッシャーに売り込むのが難しかったようです。

すぐに理解できるようなプレイヤーの物語が必要であり、カルト要素を入れるアイデアにたどり着くまでの約9か月の間にさまざまなテーマを試したと、Jay Armstrong氏は語っています。

その後の3年間は、ゲームのテーマが生み出す「約束」を守り、ゲームがどうありたいかを「聞く」こと、どんな体験にしたいかという明確な目標に沿うことがすべてだったと言います。

Unity上でミニボス戦の舞台を制作している様子(画像はUnityブログより引用)

話題は『Cult of the Lamb』の開発エンジンであるUnityに移ります。Unityは、イテレーションや素早いテスト、ステージをレイアウトする上で優れたツールを提供し、作業にかかる膨大な時間を節約できるメリットもあると話しています。

「プレイヤーが手をかけたものに恐ろしいことをしたくなる誘惑に駆られるようにしています」とJay Armstrong氏はコメントしている(画像はUnityブログより引用)

Unityに関する話やバランス調整の話の後、Massive Monsterがゲームの中心だと考える、教団の信者を利用することについて語られています。

信者を犠牲にすると即座にレベルアップすることを例に挙げ、『Cult of the Lamb』は信者の犠牲がプレイヤーにとって、より魅力的に映るような工夫を施しています。その結果、プレイヤーが信者に手をかければかけるほど、その信者を手にかけたくなるようになったと言います。

最後にJay Armstrong氏は、テーマを決めて、デザインの柱を作ることが重要であるとも語っています。詳細は、Unityブログ『不気味で、かわいくて、やみつきになる ― 『Cult of the Lamb』に学ぶ、大ヒット作のレシピ』をご確認ください。

『不気味で、かわいくて、やみつきになる ― 『Cult of the Lamb』に学ぶ、大ヒット作のレシピ』Unityブログページ『Cult of the Lamb』公式サイト

関連記事

Unity、モバイル向けランゲームのテンプレートをリリース。プロトタイプ制作支援のために作られたテンプレートの詳細が、Unityブログで解説される
2022.11.17
期間は12/8(木)まで。Unityアセットストアでブラックフライデーセールが開催中!
2022.11.16
Unity 11月後半のイベント情報まとめが公開。UnityでClusterのワールドを作る『メタバース入門#02 @XOSSPOINT.』など、Unityの学習に役立つイベントが多数開催
2022.11.14
人間の髪や皮膚などをリアルに表現したUnity最新のシネマティックデモ『Enemies』がダウンロード可能に。新規開発のヘアソリューションもGitHubで公開
2022.11.07
サイバーエージェントの勉強会『CA.unity #5』のセッション4本が「Unity Learning Materials」にて公開
2022.11.07
シリコンスタジオ、産業分野を対象に調査した「CG・ゲームエンジン活用実態調査2022」の結果を発表
2022.11.25

注目記事ランキング

2022.11.21 - 2022.11.28
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
3
フォートナイトがv22.30にアップデート!クリエイティブモードにて「バトルロイヤル島」が登場したほか、メモリ使用量を表示する新たなマップUIが追加
4
メイキング動画「マインクラフトの秘密」第10話:ディープ ダーク (深淵)が公開。コンセプトアートやボツ案になった幽霊のブロックなどを紹介!
5
フォートナイトがv22.40にアップデート!クリエイティブモードにてクリエイター用の仕掛け「クラスセレクターUI」などが登場
6
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
7
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
8
ZETA DIVISIONのFORTNITE部門にNeverty7氏、Ta-Key氏、yappy氏の3名が加入。クリエイティブモードで世界的に高い評価を得るマップビルダー
9
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
10
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
11
フォートナイトがv21.10へアップデート。騎乗可能な野生動物やガードの雇用、アイテムプレーサーなどがクリエイティブに追加
12
フォートナイトがv21.20にアップデート!クリエイティブに新武器「チャージサブマシンガン」や「ボーラースポナーの新オプション」が追加
13
『Fortnite』建築なしの「ゼロビルド」が実装、新武器アンヴィルロケットランチャー追加など
14
フォートナイトがv22.20にアップデート!クリエイティブモードに新しいイベントシステム「ディレクトイベントバインディング」が追加
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ブループリント(Blueprint)
ブループリント
  1. 設計図。
  2. アンリアルエンジンにおいて、標準搭載されているビジュアルスクリプト言語。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!