Unityブログにて『Cult of the Lamb』のインタビュー記事が公開。ゲームが生まれた経緯や、開発への取り組み方などが語られる

2022.11.15
ニュースUnity
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 『Cult of the Lamb』開発者にインタビューした記事が、Unityブログにて公開
  • カルト要素はアイデアの初期段階には存在しなかったことなど、同作が生まれた経緯が語られる
  • Unityの採用理由やプロジェクトの取り組み方に大切なことも掲載されている

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、『不気味で、かわいくて、やみつきになる ― 『Cult of the Lamb』に学ぶ、大ヒット作のレシピ』と題した記事をUnityブログで公開しました。

(画像はUnityブログより引用)

今回の記事では、『Cult of the Lamb』を開発したMassive Monsterのデザインディレクター・リードプログラマーであるJay Armstrong氏が、同作が生まれた経緯やUnityを採用した理由や役立ったポイント、ゲームで工夫している点などを語っています。

『Cult of the Lamb』は、ローグライクとコロニーシム・拠点構築ゲームのジャンルを組み合わせるアイデアから始まったものの、簡単に説明しづらく、パブリッシャーに売り込むのが難しかったようです。

すぐに理解できるようなプレイヤーの物語が必要であり、カルト要素を入れるアイデアにたどり着くまでの約9か月の間にさまざまなテーマを試したと、Jay Armstrong氏は語っています。

その後の3年間は、ゲームのテーマが生み出す「約束」を守り、ゲームがどうありたいかを「聞く」こと、どんな体験にしたいかという明確な目標に沿うことがすべてだったと言います。

Unity上でミニボス戦の舞台を制作している様子(画像はUnityブログより引用)

話題は『Cult of the Lamb』の開発エンジンであるUnityに移ります。Unityは、イテレーションや素早いテスト、ステージをレイアウトする上で優れたツールを提供し、作業にかかる膨大な時間を節約できるメリットもあると話しています。

「プレイヤーが手をかけたものに恐ろしいことをしたくなる誘惑に駆られるようにしています」とJay Armstrong氏はコメントしている(画像はUnityブログより引用)

Unityに関する話やバランス調整の話の後、Massive Monsterがゲームの中心だと考える、教団の信者を利用することについて語られています。

信者を犠牲にすると即座にレベルアップすることを例に挙げ、『Cult of the Lamb』は信者の犠牲がプレイヤーにとって、より魅力的に映るような工夫を施しています。その結果、プレイヤーが信者に手をかければかけるほど、その信者を手にかけたくなるようになったと言います。

最後にJay Armstrong氏は、テーマを決めて、デザインの柱を作ることが重要であるとも語っています。詳細は、Unityブログ『不気味で、かわいくて、やみつきになる ― 『Cult of the Lamb』に学ぶ、大ヒット作のレシピ』をご確認ください。

『不気味で、かわいくて、やみつきになる ― 『Cult of the Lamb』に学ぶ、大ヒット作のレシピ』Unityブログページ『Cult of the Lamb』公式サイト

関連記事

PLATEAU、3D都市モデルを使った位置情報共有ゲームをつくるチュートリアル記事を公開。ゲームの制作から、サーバーの準備、アプリの配信まで詳細に解説
2024.03.01
UnityのURPを解説した無料の公式電子書籍がアップデート。デカールや「Fullscreen Shader Graph」などのセクションを追加
2024.02.23
「Steam Audio」がオープンソース化。UnityやUEに統合できる、ゲームやVRアプリ用の空間オーディオツール
2024.02.22
Shader Graphに対応したUnity UIについて、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンが紹介動画を公開
2024.02.21
国土交通省が主導する「PLATEAU」、Unity向けSDKを使ったサンプルプロジェクト『Urban Scape』を公開。時間や天気の変更も可能な3D都市ビューワーアプリを作成可能
2024.02.15
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、GitHubで『Project_TCC v.1.0.0』を公開。キャラクターを制御するシステムやゲーム開発をサポートする機能が詰まったツール
2024.02.14

注目記事ランキング

2024.02.26 - 2024.03.04
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
8
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
11
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
19
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
20
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
27
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
28
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ローパスフィルター(Low-Path Filter)
ローパスフィルター
  1. 電気信号のうち、指定した周波数(カットオフ周波数)以下の信号を通し、それより上を大きく低減させるフィルター。
  2. ゲーム開発において、基本的にはサウンド用語として用いられる。例として、特定のセリフをローパスフィルターによってくぐもった音に加工することで、隣の部屋や遮蔽物の後ろで話しているかのような表現を行うことができる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!