次世代ゲームエンジン『Unreal Engine 5』製品版がリリース!State of Unreal 2022配信内で公開された新機能やサンプルプロジェクトを一挙紹介

2022.04.06
ニュースツール紹介アンリアルエンジン
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!
目次

2022年4月6日、Epic GamesState of Unreal 2022 にて Unreal Engine 5(以下、UE5) をリリースすることを発表しました。

本記事では、State of Unreal 2022 と 同放送の同時視聴配信である『The State of Unreal 2022 基調講演を皆で見よう!』をもとに、発表された情報をまとめています。

State of Unreal 2022 の視聴はこちら『The State of Unreal 2022 基調講演を皆で見よう!』の視聴はこちら

本日4月6日よりUnreal Engine 5製品版がリリース

本日2022年4月6日より UE5 の製品版が利用可能になることが発表されました。従来の Unreal Engine 4 と同様に、 Epic Games Launcher からダウンロードが可能です。

UE5は2021年5月にアーリーアクセス版が公開されており、ポリゴンのストリーミングに対応するNaniteや次世代コンソール向けに設計された完全に動的なグローバルイルミネーションおよび反射システムであるLumenが大きな話題となりました。また、2022年2月にはPreview版として安定性と品質の向上および新機能を追加したバージョンを公開し、いよいよ今回の製品版で本格的な開発環境で用いる準備が整った形になります。

The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience

2021年12月10日より PlayStation 5 Xbox Series X/S で無料配信中の UE5 技術デモ『The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experienceで使用されている新機能について紹介されました。

  • Nanite

数十億もの三角ポリゴンの処理を可能にする機能です。画面に表示するポリゴンを操作し、近づいたときに鮮明に、遠いときには荒く描画する作業を自動で行います。従来のゲームエンジンでは扱えないような高ポリゴンのオブジェクトも使用可能になります。

  • Lumen

直接光だけでなく間接光を考慮したライティングの計算をリアルタイムで行う機能です。同システムによって、より反射光などの洗練された映像演出が可能になります。

  • プロシージャルなコンテンツ制作

SideFX の提供する Houdini のシステムを使用することでビルを自動生成しています。これによって、小規模チームでの素早いゲーム開発が可能になります。

  • 高クオリティなゲーム開発

フォトリアルなデジタルヒューマンを簡単に作成できるアプリケーション MetaHuman Creator と 3Dスキャンから生成したアセット(asset)のライブラリ Quixel Megascans を利用することで、高クオリティなコンテンツを素早く作成できます。また、UE5 にはQuixel Megascans が標準で搭載されています。以前までは、アセットをインポートする手間が必要でしたが、UE5 内のウィンドウからドラッグ&ドロップでの直感的な操作が可能になりました。

今後、Epic Games 傘下となった ArtStation 及び Sketchfab と連携を取ることで、さらに多くのアセットが利用可能になるとのことです。

Cityサンプル

The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience で使用されているステージを無料でダウンロードできるサンプルプロジェクトの公開が発表されました。ビルや車両、MetaHuman Creator で制作されたキャラクターのアセットをユーザーが自由に操作することができます。

Cityサンプルのダウンロードはこちら

Lyra Starter Game

新しくゲームを制作するための実践的な学習リソースとして役立つように、UE5 の開発と並行して構築されたサンプル ゲームプレイ プロジェクトの公開が発表されました。また、サンプル内で UE5 の機能も紹介されました。

  • Lyra Starter GameにおけるLumen の活用法

実際の開発画面を用いて、どのように Lumen が機能しているかが詳しく紹介されました。

エミッシブマテリアルを使用した作例。

  • ジオメトリスクリプト

プロシージャルメッシュの作成・編集を可能にする機能です。同機能によって、UE5 内でレベルデザインを素早く行うことができます。

階段の段数が少ない状態。

少ない手順で階段の大きさや形、段数を変更可能。

Lyra Starter Game のダウンロードはこちら

RealityScan

年内に早期アクセスが予定されている、無料3Dスキャンアプリ RealityScan も放送内で紹介されていました。

同製品については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

関連記事
『RealityScan』スマートフォンで手軽に3Dスキャン。Epic Gamesの子会社Capturing RealityとQuixelが共同開発
2022.04.05

Epic Developer Community

新しい開発者向けコミュニティサイトの開設が発表されました。ユーザーが UE5 のチュートリアル記事・動画を投稿することができます。

また、投稿されているブループリントをコピーし、そのまま自身のプロジェクトにペーストできる機能が搭載されています。従来は手作業で実装しなければいけませんでしたが、同機能によって素早い開発が可能になりました。

Epic Developer Community はこちら

UE5で制作中のゲーム

「ウィッチャー」シリーズと「トゥームレイダー」シリーズの最新作が、UE5で制作中であることが発表されました。

ウィッチャー」シリーズを開発している CD Projekt S.A. のクリエイターから UE5 を採用した経緯や UE5 の特長が語られました。

以上が State of Unreal で紹介された情報のまとめになります。

明日の2022年4月7日 20:00からは、エピック ゲームズ ジャパン によるライブ配信が予定されています。『State of Unreal での発表情報まとめ・Epic Developer Community の使い方について』として State of Unreal にて発表された物や内容のふりかえりや新たに発表された Epic Developer Community の使い方が紹介されます。興味のある方は、視聴してみてはいかがでしょうか。

関連記事

フォートナイト チャプター4にLumenを適用した効果は?Epic Gamesが解説記事を公開
2023.02.03
UE5.1で開発されているフォートナイトで、Naniteはどう活用されているのか。Epic Gamesが解説記事を公開
2023.02.02
イチから教えるUE標準サウンド機能の使い方ーー初歩的なSEの鳴らし方から3Dサウンドの適用方法までを動画付きで解説
2023.01.31
『UE5 おそらく知られていない35の機能』動画に日本語字幕が追加。Epic Gamesのエバンジェリストがわかりやすく機能を説明
2023.01.31
『ヴァルキリーエリュシオン』世界観を彩るグラフィックス表現と開発工数抑制のための大胆な施策はいかにして成し遂げられたか【UNREAL FEST WEST ’22】
2023.01.30
ビルが崩れ、破片が舞う。スクウェア・エニックスとEpic Games Japanが送る、Chaos Destructionを活用したリアルタイム破砕とNiagara FluidによるVFX制作ノウハウ【UNREAL FEST WEST ’22】
2023.01.27

注目記事ランキング

2023.01.30 - 2023.02.06
1
フォートナイトがv23.20にアップデート!「ファルコンスカウト」が新たに追加されたほか、全ての島でゲーム終了後の演出設定が可能に
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
4
フォートナイトがv23.30にアップデート!「バジェット超過編集」や「クラウドボリューム」など、クリエイティブモードで多くのアップデート
5
フォートナイトがv22.30にアップデート!クリエイティブモードにて「バトルロイヤル島」が登場したほか、メモリ使用量を表示する新たなマップUIが追加
6
Epic Games、フォートナイトで動作する新たな専用エディターを2023年3月末頃までにリリース予定であることを報告
7
フォートナイトがUnreal Engine 5.1に移行。Nanite、Lumen、仮想シャドウマップ、テンポラル スーパー解像度に対応
8
フォートナイトがv23.00にアップデート!クリエイティブモードにおける仕掛けが大幅アップデート、バトルロイヤルモードは新チャプターへ
9
教育版マインクラフトで行われる18歳以下対象の全国大会「Minecraftカップ2022全国大会」開催決定、エントリー受け付けがスタート
10
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
11
フォートナイトがv23.10にアップデート!イベントブラウザの追加による島制作の効率化、当たり判定カプセルの縮小化など
12
iPhoneやAndroidから『フォートナイト』がプレイ可能に。マイクロソフトのクラウドサービスXbox Cloud Gamingが提供開始
13
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
14
ZETA DIVISIONのFORTNITE部門にNeverty7氏、Ta-Key氏、yappy氏の3名が加入。クリエイティブモードで世界的に高い評価を得るマップビルダー
15
フォートナイトがv21.10へアップデート。騎乗可能な野生動物やガードの雇用、アイテムプレーサーなどがクリエイティブに追加
16
フォートナイトがv22.40にアップデート!クリエイティブモードにてクリエイター用の仕掛け「クラスセレクターUI」などが登場
17
フォートナイト『NO SWEAT サマー』イベントが開催!「汗をかかない」夏をテーマにして作られた島の投稿を募集中
18
フォートナイトがv21.20にアップデート!クリエイティブに新武器「チャージサブマシンガン」や「ボーラースポナーの新オプション」が追加
19
フォートナイトがv22.20にアップデート!クリエイティブモードに新しいイベントシステム「ディレクトイベントバインディング」が追加
20
メイキング動画「マインクラフトの秘密」第10話:ディープ ダーク (深淵)が公開。コンセプトアートやボツ案になった幽霊のブロックなどを紹介!
21
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
22
Java版『Minecraft』ver1.19「ワイルド アップデート」と題した大型更新が行われる。バイオームやレッドストーン回路の新出力オブジェクトなど新要素が盛り沢山
23
『Fortnite』建築なしの「ゼロビルド」が実装、新武器アンヴィルロケットランチャー追加など
24
フォートナイトがv21.30にアップデート!クリエイティブに「プレイヤーマーカー」や新しい小道具ギャラリーが追加
25
フォートナイトがv22.00にアップデート!アイテム「ポケットバンカー」、新しいプレイヤーの移動機能「スライディングキック」が登場
26
『Minecraft Live 2022』が10/16(日)午前1時より配信決定!『Minecraft』の最新情報発表や恒例のモブ投票が実施予定
27
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ライトニングトーク(LT)
ライトニングトーク 5分ほどの短い時間で区切って行うプレゼンテーションの手法。2000年ごろから浸透した手法で、技術カンファレンスや勉強会で行われることが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!