ドイツのゲームイベント「gamescom 2024」にて、VIPOがインディーゲーム用ブースを展開。出展作品を5/23(木)17時まで募集

2024.05.14
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

VIPO(ヴィーポ・映像産業振興機構)は日本のインディーゲームの海外展開を支援することを目的に「gamescom 2024」にジャパンブースを出展することを発表し、タイトルの募集を開始しました。

gamescomとは

ドイツのケルンで開催されているコンピューターゲームの見本市です。2009年から毎年開催され、2023年は32万人の入場者数となりました。東京ゲームショウと同等規模のイベントです。

開催概要

日時:2024年8月21日(水)~25日(日)
場所:ドイツのケルン(会場はケルンメッセ)

ジャパンブース募集要項(申込資格)

募集タイトル数:3タイトル(1タイトルにつき1つの試遊台)

  • 日本のインディーゲームデベロッパーまたはパブリッシャーであること
    ※法人格を有していないデベロッパーも申込いただけます。
  • 担当者等が期間中、可能な限り全日常駐して多くの商談を組み、自社ゲームを積極的にPRできること
  • 自社ゲームの海外PR及び海外セールスが参加の主目的であること
  • 担当者または自社で手配した通訳の方が英語で商談を行うことが可能なこと
  • 会期後に実施するビジネス成果を問うアンケート・ヒアリングに必ずご協力いただけること
  • 現地で撮影した写真等をVIPOウェブサイト等で公表することに同意すること
    ※成人向けコンテンツ、政治的・宗教的宣伝意図を有するコンテンツは申込できません。

https://www.vipo.or.jp/news/41123/

選考通過後のサービス内容

募集タイトル数:3タイトル(1タイトルにつき1つの試遊台)

  • 試遊PC/試遊台の提供
  • ブースの施工
  • Gamescom Steamイベントの申請
  • その他申請手続き
  • ブーススタッフの手配
  • 来場者への出展タイトル説明
  • ブースに来場したパブリッシャーやメディアの方への説明

https://www.vipo.or.jp/news/41123/

参加費

・出展者パス(1名あたり60ユーロ)が必要
・渡航宿泊費、現地移動費等は参加者負担

応募方法

メールでの応募です。詳細は公式ページをご確認ください。試遊台が展示されるので、プレイアブルである必要がありそうです。

応募期限

2024年5月23日(木)17時まで

選考通過したタイトルに提供されるサービスが魅力的ではありますが、申込資格のハードルは低くないのでご注意ください。とはいえ30万人以上が来場するゲームイベントに出展できる機会はあまりないと思います。興味のある方はぜひ応募をご検討ください。

公式ページはこちらです。

【参加タイトル募集】2024年8月「gamescom 2024」ジャパンブース出展|VIPO公式サイト

本記事はIndieGamesJp.devとのメディア提携により掲載しています。

元記事URL:https://indiegamesjp.dev/?p=9204

関連記事

2D向けゲームエンジン「GameMaker」で2024年にリリースされる機能は?新しいコードエディターやPrefab機能など、提供予定の機能を紹介する記事をYoYo Gamesが公開
2024.05.20
Adobeの「Substance 3D Modeler」のバージョン1.10.50がパブリックベータに。ブーリアンを使った非破壊プリミティブやオブジェクトのアウトライン管理が可能に
2024.05.20
インディーゲーム紹介番組「INDIE Live Expo 2024.5.25」、情報更新。注目作品として『Hotel Barcelona』『けものティータイム』『Hookah Haze』が発表
2024.05.20
iZotope、高機能オーディオリペアツール「RX 11」を発売。機械学習による超強力なノイズ除去ツールの進化など、注目の新機能を紹介
2024.05.17
VESAによるHDRモニターの認証規格「DisplayHDR」がバージョン1.2へ更新。色域要件の厳格化が行われたほか、新たなテスト手法の追加も
2024.05.17
ゲーム開発者から多く寄せられたSteamの質問と回答をValveが公開。Steam内でゲームが表示される仕組みなど、8つの質問に回答
2024.05.16

注目記事ランキング

2024.05.14 - 2024.05.21
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!