経済産業省、ゲーム・映像を作る若手クリエイター向け支援プログラム「創風」を開始。補助金上限500万円、講義やメンタリングの実施など

2024.03.26
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 経済産業省、若手クリエイターへ支援するプログラム「創風」を開始
  • 「ゲーム部門」「映像・映画部門」に分かれ、制作費の補助やメンタリング、業界関係者への作品発表の場提供などのサポートを行う
  • 説明会の申し込み締切は3月28日(木)18時。「創風」の応募期間は4月26日(金)まで

経済産業省は2024年3月22日(金)、「デジタル等クリエイター人材創出事業(映像・ゲーム等人材創出支援)」を活用したアクセラレーション(事業成長支援)プログラム創風」を開始しました。

創風」は経済産業省が主催し、読売広告社が事務局として実施するプロジェクト。国内外で活躍する意欲を持つ若手クリエイターの支援を目的としています。

同事業は「ゲーム部門」「映像・映画部門」に分かれ、ゲーム部門の運営はiGi indie Game incubatorが担当します。

インディーゲーム向けのインキュベーションプログラムであるiGiは、マーベラスが主催している

ゲーム部門で採択されたクリエイターは、本事業に直接かかる経費を最大500万円補助「メンターによる技術面・ストーリー面のサポート」「(各分野の業界関係者への)作品を発表する場の提供」といったサポートが受けられます。

ゲーム部門のメンター(画像は公式サイトより引用)

「創風」の今後のスケジュール概要(画像は公式サイトより引用)

対象クリエイターは、公式サイトから応募が可能。募集期間は2024年3月22日(金)~4月26日(金)です。

主な応募要件は以下の通りです。

  • 「個人」または「チーム」であること
  • 日本国籍又は外国籍で日本の永住資格を有すること
  • 2024年4月1日時点で中学校を卒業しており、35歳未満であること
  • デジタル技術等を活用し、海外やビジネス展開等も見据えた映像・映画ゲーム等の高品質なデジタルコンテンツを制作する意欲を有すること

また、クリエイターが事前に把握していなければならない事項が記載された、公募要項も公開されています。

たとえば、特定ゲームソフトやアプリ内のみで動作するゲームなどは対象外であること。2025年2月28日までに事業を完了させ、成果物として「試作品、プロトタイプ、バーティカルスライス、完成品等」のデータなどを事務局に提出する必要があること、などが記載されています。

なお、4月4日(木)には、申請に関するオンライン説明会も実施されます。説明会に参加するには申し込みが必要で、申し込み締切は3月28日(木)午後6時まで。

「創風」の詳細は、公式サイト公募要項をご確認ください。

「創風」 公式サイトプレスリリース(マーベラス)

以下、プレスリリースからの引用です。


 

Organized by Marvelous Inc.

株式会社マーベラス(代表取締役社長:佐藤 澄宣/所在地:東京都品川区)が主催する日本初のインディゲームインキュベーションプログラム「iGi indie Game incubator(略称:iGi [イギ])」は、経済産業省が主催し、株式会社読売広告社(代表取締役社長:菊地 英之/所在地:東京都港区)が事務局として実施するデジタル等クリエイター人材創出事業『創風』(読み:そうふう)において、「ゲーム事業」部門の運営者として参画することが決定いたしましたのでお知らせいたします。

デジタル等クリエイター人材創出事業『創風』は、「ゲーム事業」と「映像・映画事業」において、コンテンツ等の制作・発信を支援し、それぞれの未来を担う次世代クリエイターの創出を目指すアクセラレーション(事業成長支援)プログラムです。「iGi」は2021年の発足以来、インキュベーション(事業立ち上げ支援)プログラムとしてこれまでに開発初期~中期段階の計16チームのインディーゲーム開発者の支援を行っており、これらの実績とノウハウが評価され、本プログラムにおいて「ゲーム事業」部門の運営者として参画することになりました。

本プログラムの「ゲーム事業」では、完成度が中期~後期にある作品を制作している若手クリエイター約10組を対象に、作品の海外市場進出において必要なマーケティングやプロモーション、開発面などに対して必要なアドバイスを実施するといった制作支援、1人あたり500万円の補助金交付、及び、制作された作品をステークホルダーへ発表を行う場を提供する等の支援を行います。なお、応募作品に関する権利はクリエイターが一切を保持いたします。本日2024年3月22日から募集を開始し、2024年6月~2025年2月までの9ヶ月間の実施を予定しています。

マーベラス及び「iGi」は、本プログラムを通じてゲームクリエイターの皆様とその作品の可能性を最大限に引き出し、人材創出の活性化、ひいては日本のコンテンツ産業のさらなる発展を目指し、本事業に取り組んでまいります。

【『創風』について】
■目的
デジタル等クリエイター人材を育成することにより、国内における先端的デジタル技術等を活用したコンテンツ等の制作・発信を後押しし、日本のコンテンツ産業市場規模の拡大を目指す。

■運営体制
主催:経済産業省
事務局:株式会社読売広告社
「ゲーム事業」部門運営者:iGi運営事務局(株式会社マーベラス)
「映像・映画事業」部門運営者:株式会社NOTHING NEW

■ゲーム事業支援内容(予定):
・講義の実施(レクチャー):月2~4回
・伴走支援(メンタリング)
・開発進捗管理会議:全3回
・中間成果発表会(10月頃)
・最終発表会(2月頃)

■プログラム実施期間
2024年6月~2025年2月(予定)

■募集概要
<応募資格(抜粋)>
•一週間あたり1~3時間程度のトレーニングに参加できること
•参加希望者およびチーム自ら、応募作品の著作権および知財権を単独で保有していること
•他の企業や団体と進行中の企画、及び、契約書を締結している企画の応募ではないこと
•PC(STEAM)・家庭用ゲーム機 ・XR機器・スマートフォン向けに、単体の有償販売を予定していること
•「デモ」または「バーティカルスライス(主要部分が確認できるデモゲーム)」を提出できること(企画書のみは不可)

<応募期間>
2024年3月22日(金)~2024年4月26日(金)

<応募方法>
『創風』HPより
https://so-fu.jp/

【iGiについて】
「iGi indie Game incubator」は、日本初のインディーゲームクリエイターのためのインキュベーションプログラムです。
■ プログラム名称:iGi indie Game incubator(略称:iGi [イギ])
■ 発足:2021年2月
■ 主催:株式会社マーベラス
■ プログラム構築協力:GameBCN(スペイン・バルセロナ)
■ プログラム運営協力:株式会社ヘッドハイ、ルーディムス株式会社
■ 公式サイト:https://igi.dev/

関連記事

インディーゲームの大規模テストプレイプラットフォーム「G.Round」の日本語対応が進行中。日本からのテストプレイヤーやデベロッパーを募集
2024.07.12
Godot Engineを採用した「RPG Maker」シリーズ最新の2Dアクションゲーム制作ツール『ACTION GAME MAKER』が、2025年リリースを目指し開発中
2024.07.12
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲームのボイス制作全般を担う新たな分野「ボイスデザイン」とは。Audiokineticのブログで解説記事が公開
2024.07.11
『GGST』『戦場のフーガ2』などを扱ったセッションを期間限定で無料配信。ダイキン工業、CGクリエイター向けイベント開催に先立ち、7/22(月)から4本の動画を配信
2024.07.10
デザインツール「Affinity」シリーズの3製品、6か月無料の試用版を提供開始。各製品のセールも実施中
2024.07.09

注目記事ランキング

2024.07.08 - 2024.07.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!