MSI初のポータブルゲーミングPC「Claw A1M」3/28(木)に発売。Windows11、AI専用プロセッサー「NPU」を搭載し、ゲーム以外の用途にも

2024.03.15
ニュースお役立ち情報周辺機器・ハードウェア
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • エムエスアイコンピュータージャパンが、ポータブルゲーミングPC「Claw A1M」を3月28日(木)に発売
  • AI専用プロセッサー「NPU」を内蔵したCPU、「インテル® Core™ Ultra プロセッサー」を搭載
  • OSにWindows 11を採用し、ゲーム以外の用途にも使用できる

エムエスアイコンピュータージャパンは、同社初のポータブルゲーミングPC「Claw A1M」を2024年3月28日(木)に発売すると発表しました。

価格はCPUがインテル Core Ultra 5 プロセッサー で、ストレージが512GBのモデルが公式オンラインストアで119,799円(税込)よりラインナップされています。

「Claw A1M」は、OSにWindows 11を採用した重さ約675gのポータブルゲーミングPCです。

7インチのディスプレイはリフレッシュレート120Hzで、フルHD表示・画面のタッチ操作にも対応しています。

CPUには「インテル® Core™ Ultra プロセッサー」を採用。

これにはPC側のニューラルネットワークなどの計算に特化したAI専用プロセッサー「NPU」が搭載されている他、さまざまなPCゲームをフルHD解像度でプレイできる「インテル® Arc™ グラフィックス」が内蔵されています。

本体はグリップしやすい形状。左右のスティックやABXYボタンにはRGBバックライトも内蔵

2基のファンと複数のヒートパイプを搭載し、吸気口・排気口は大きく取られている

また、本製品の発売に合わせ、専用ポーチやストラップ、保護ガラスフィルムなどが同梱されたアクセサリーキット同時発売されます。

本体別売りで、公式オンラインストアで価格は5,800円(税込)です。

「Claw A1M」は、CPU性能とSSD容量の異なる2モデルが販売されます。

「Core Ultra 5 プロセッサー 135H」搭載でSSD容量512GBの「Claw-A1M-003JP」は公式オンラインストアで119,799円(税込)です。

「Core Ultra 7 プロセッサー 155H」搭載でSSD容量1TBの「Claw-A1M-002JP」は公式オンラインストアで139,800円(税込)となっています。

また、各モデルの専用ポーチセットも販売され、こちらは前者が122,600円(税込)、後者が142,600円(税込)です。

詳細は、プレスリリース製品ページをご確認ください。

「Claw A1M」 製品ページプレスリリース

 

以下、プレスリリースからの引用です。


この度、エムエスアイコンピュータージャパン株式会社は、MSI“初”のポータブルゲーミングPC「Claw A1M」(クロー)の日本国内向けモデルを2024年3月28日(木)より順次販売開始いたします。「Claw A1M」はCPUに「インテル® Core™ Ultra プロセッサー」を採用していることが最大の特徴となっており、CPUに内蔵された「インテル® Arc™ グラフィックス」が高いグラフィックス処理性能に加え、今話題のAI専用プロセッサー「NPU」も内蔵していることでAI機能も強化されたポータブルゲーミングPCとなっています。

また、「Claw A1M」本体の発売に合わせて、専用ポーチや液晶保護ガラスフィルムなどがセットになったアクセサリーキットも同時発売いたします。

【Claw A1Mの主な特徴】

●「ゲーム・パワフル・ポータブル」いつでもどこでもPCゲームを楽しめる

「Claw A1M」は「ゲーム・パワフル・ポータブル」を合言葉に、いつでもどこでもPCゲームをパワフルに楽しむことができる7インチ・フルHD滑らか表示ディスプレイ搭載ポータブルゲーミングPCです。

軽さ675gの本体にAI専用プロセッサーを内蔵した「インテル® Core™ Ultra プロセッサー」を搭載し、CPUに内蔵された「インテル® Arc™ グラフィックス」が高いグラフィックス処理性能を実現し、様々なジャンルのPCゲームをフルHD解像度で楽しむことができます。

OSにWindows 11を採用しているため、ゲーム機として使えるだけでなく、一般的なパソコンと同じようにインターネットや動画の閲覧、オフィスソフトの使用、動画・画像編集など幅広い使い方ができます。

●「超効率・超静音・超強冷」ハイパーフロー強冷クーラー Cooler Boost HyperFlow

「Claw A1M」には、限られたスペースで最大限の冷却性能を発揮させるため、2基のファンと複数のヒートパイプを搭載し、吸気口・排気口を可能な限り大型化することで効率的な排熱を実現した「ハイパーフロー強冷クーラー」を搭載。長時間のゲームプレイでも熱によるパフォーマンス低下を防ぎ、快適にゲームを楽しむことが可能です。

●ゲーミングPCらしさをしっかり備えて快適なゲーミング体験をサポート

7インチ・フルHD解像度のディスプレイは、動きの激しいゲームでも滑らかでスムーズな映像表示を実現するリフレッシュレート120Hz「滑らか表示ディスプレイ」を採用。指で画面に触れて操作できるフィンガータッチ操作にも対応しています。

”操作性”を追求し人間工学に基づいたデザイン・設計を採用。グリップしやすい本体形状に加え、ボタン・スティック配置の最適化で直感的かつ正確に操作可能です。加えて、左右のスティックとABXYアクションボタンにRGBバックライトを内蔵。システム管理ソフト「MSI Center M」で好きな光り方に設定可能。ゲーミングの雰囲気を盛り上げるイルミネーションをお楽しみいただけます。

・Claw A1Mシリーズ製品ページ:https://jp.msi.com/Handheld/Claw-A1MX

※1:日本国内ではWi-Fi 6E/6/5/4のみ対応。Wi-Fi 7は法令上6GHz帯・320MHz幅に対応した国のみ使用可能。

※2:MSI Claw アクセサリーキットは別売りです。Claw A1Mの付属品には含まれておりません。

※3:誤って飲み込むと窒息の危険があります。窒息の危険を避けるため、乳幼児や子供の手の届かないところで使用・保管してください。ベビーベッドやベビーカーでは使用しないでください。火の近くなど、高温になるところでは使用・保管しないでください。14歳未満のお子様には与えないでください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■

MSIについて

MSIは世界を牽引するゲーミングブランドとして、ゲーミング業界とeSports業界からもっとも信頼されているベンダーの一社です。MSIは、デザインの革新性、卓越した性能の追求、そして技術のイノベーションという基本原則に則り行動しています。すべてのゲーマーが熱望する機能を統合した製品を開発することで、ゲーミング機器に対する長い試行錯誤から解放し、ゲーマーの限界をも超えるパフォーマンス向上に貢献します。過去の実績さえ乗り越えようという決意のもと、MSIは業界の中でもゲーミングスピリットを持った「真のゲーミング(True Gaming)」ブランドであり続けます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■

●All rights of the technical, pictures, text and other content published in this press release are reserved. Contents are subject to changes without prior notice.

関連記事

Steamの「実績解除」を手軽に実装。インディーゲーム開発者のザクロスケ氏、Unity用ビジュアルノベル制作ツール「宴」のプラグインを無料公開
2024.04.16
「GDC 2024」講演の動画・スライド資料の多くが「GDC Vault」で無料公開。『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』や『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』などの講演も
2024.04.15
Xiaomi、4万円を切る34型の湾曲ウルトラワイドゲーミングモニター「G34WQi」を発売。リフレッシュレートは180Hz、応答速度は1msをサポート
2024.04.15
Nintendo SwitchでRPG制作!『RPG MAKER WITH』は作ったマップや武器を他の人と「シェア」できる
2024.04.12
「3ds Max 2025」の新機能や更新を紹介する動画がYouTubeで公開。カラー管理にOCIO追加、Retopology Toolの処理速度アップなど
2024.04.12
参加費無料、ボドゲでゼロからゲーム制作体験ができる!5月25日開催『2時間でアナログゲームを完成させる!?初心者歓迎ワークショップ』、事前申込受付中!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.04.12

注目記事ランキング

2024.04.09 - 2024.04.16
1
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
10
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
16
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
17
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
24
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
25
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
26
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
27
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
28
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
30
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マーケットプレイス(Market Place)
マーケットプレイス
  1. インターネット上で売買を行う仕組みやウェブサイト自体を示す。
  2. Epic Games LauncherやアンリアルエンジンのWebサイトからアクセスできる、アンリアルエンジン用のオンラインストア。アセットやプラグインなどの販売・購入が可能。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!