Riot Games、『League of Legends』の「NEXUS BLITZ」復活にあたって施した、UIの再設計に関する解説記事を公開

2023.12.07
ニュースゲームの舞台裏
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 『League of Legends』のゲームモード「NEXUS BLITZ」の復活の裏側を語った記事が公開
  • ゲームモードを復活させるために行われた、UIの再構築について紹介される
  • 「NEXUS BLITZ」のゲームデザインの改善などについても解説

Riot Gamesは2023年11月28日(現地時間)、『REVIVING NEXUS BLITZ』と題する記事を公開しました。

(画像は公式ブログより引用)

「NEXUS BLITZ」とは、MOBAゲーム『League of Legends』内のゲームモードの一つです。2021年に遊べなくなっていましたが、2023年10月に配信されたパッチで復活しました。

同記事では、「NEXUS BLITZ」を復活させるにあたって行ったUIの再構築や、ゲームデザインの改善について紹介されています。

UIの再構築

「NEXUS BLITZ」は、『League of Legends』の「Summoner’s Rift」で使われているUIに加え、5つのUIが使われています。

しかし、ゲームエンジンのアップデートでUIの実装方法が全面的に見直されることになり、その時点で使われていなかった「NEXUS BLITZ」のUIは削除。そのため、今の実装方法でUIを再現することになりました。

最初に「NEXUS BLITZ」が実装されたとき、『League of Legends』のUIのコードは、ハードコードされたゲームデータのファイルパスに依存していたため、参照先の場所が変わるたびにコンパイルが必要でした。

この問題は2022年初頭に行われたゲームエンジンのアップデートで、ハードコードされていたものを廃止し、ゲームデータ内のオブジェクトのリンクを採用することで改善されました。

変更前(左)と変更後(右)のコード(一部)(画像は公式ブログより引用)

また、UIを作成する際に厳密なルールが設定されておらず、開発者によって異なる方法で実装される可能性がありました。

現在はMVC(※)によく似た設計に見直され、ゲームロジックとUIのロジックが分離されています。
※ アプリケーションの役割をModel(モデル)/View(ビュー)/Controller(コントローラー)に分類し、役割ごとにクラスを分離するアーキテクチャ。ゲームロジックがUIなどのViewに依存しない設計が可能

一方で、リリース時期の都合からコーディング規約を破る決断も必要だったそうです。一部の実装では、ゲームプレイのロジックがクライアント上のUIにパケットを直接送信する、MVCの原則に反する設計となっているとのこと。

ゲームデザインの改善

過去の「NEXUS BLITZ」を遊んでいたプレイヤーが共通して感じていた不満が、イベントの出現位置が不公平に感じることでした。ここでいうイベントとは、特定の時間になるとランダムな場所に発生し、特定の条件を先に満たしたチームに有利な効果が付与されるといったものを指します。

不満の原因は、マップの中心ではなく、広い中立ゾーンからランダムで出現位置が選ばれていたためです。イベントが出現する位置をマップの中心に固定することで、プレイヤーの不満の主な要因となっていたランダム性を削減したといいます。

(画像は公式ブログより引用)

そのほかにも、「NEXUS BLITZ」の復活に向けた調整が行われています。詳細は、公式ブログをご確認ください。

『REVIVING NEXUS BLITZ』Riot Games公式サイト

関連記事

「第2回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト」の受賞15作品が発表。プラチナ賞は、悪徳商人からオタカラを盗むアイテム収集アクションゲーム『BANDIT KNIGHT』が受賞
2024.03.04
「シリアスゲーム」の成り立ちから開発方法、課題や展望まで事例を交えて解説。コロナ社がシリアスゲーム入門書籍を発売
2024.03.04
Unity上でFBXからインポートした3Dモデルを、参照を残したままPrefab化する方法を紹介。「COYOTE 3DCG STUDIO」の技術ブログで解説記事が公開
2024.03.04
Adobe、USDファイルをFBXやglTFなど5つのフォーマットに変換できるプラグイン群「USD File Format Plugins」をオープンソースで公開
2024.03.01
SDFを活用した低負荷なアニメ調のシェーディングをUE5で実装。alwei氏が解説記事を公開
2024.03.01
PLATEAU、3D都市モデルを使った位置情報共有ゲームをつくるチュートリアル記事を公開。ゲームの制作から、サーバーの準備、アプリの配信まで詳細に解説
2024.03.01

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
18
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!