フォートナイトとUEFNがv28.00にアップデート。新しいカメラの仕掛けにより、見下ろし視点や横スクロールのゲームが制作できるようになった

2023.12.04
ニュースクリエイティブモードフォートナイトUEFN
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • フォートナイトがv28.00にアップデート
  • プレイヤーの視点を柔軟に制御できる仕掛けが登場
  • タイマー、トラッカー、スイッチがセーブ機能に対応

2023年12月3日(日)、Epic Gamesフォートナイトv28.00にアップデートしました。同バージョンより、チャプター5が開始しています。

それに伴い、クリエイティブやUnreal Editor For Fortnite(以下、UEFN)においても、さまざまな変更が加えられました。

プレイヤーの視点を制御する3つの仕掛けが登場

プレイヤーの視点と操作を制御する仕掛け「カメラ: 固定角度」「カメラ: 定点」「視点: 三人称視点」が早期アクセスとしてリリースされました。

これにより、見下ろし視点横スクロールのゲームなどが制作可能になりました。

UEFNでは、これらの仕掛けは「Fortnite/Devices/!Eary Access」ディレクトリに格納されています。

カメラ: 固定角度

カメラ: 固定角度」は、指定した位置にプレイヤーカメラを固定する仕掛けです。

カメラ角度は固定できるほか、プレイヤーをフォーカスするよう自動で角度を変更させることも可能です。

(画像は公式ドキュメントより引用)

カメラ: 定点

カメラ: 定点」は、プレイヤーカメラの角度を固定する仕掛けです。

カメラの位置は、「カメラ: 固定角度」と同様にプレイヤーの移動に追従させることが可能です。

(画像は公式ドキュメントより引用)

視点: 三人称視点

「視点: 三人称視点」は、上記2つの仕掛けを使用中の操作方法を変更する仕掛けです。

「カメラ: 固定角度」または「カメラ: 定点」を適用している間、プレイヤーは常にカメラを同じ方向を向き続けます。この仕掛けを使うことで、視点変更中であってもプレイヤーが自身の進行方向を向くようになります。

加えて、周囲の敵をオートエイムする機能の調整も行えます。

追加に併せて、仕掛けの活用方法に関する公式ドキュメントが公開されています。仕掛けの使用例についてはこちら、演出についてはこちらをご覧ください。

ミニマップの見た目が変更可能に

独自のミニマップを作成する仕掛け「マップコントローラー」が追加されました。

ミニマップとして表示するマップの範囲を指定できるほか、マップの見た目をテクスチャによって変更できます。

ミニマップのテクスチャを変更した例

任意の形状のコリジョンを作成できる仕掛けが追加

プレイヤーやNPCのオーバーラップを検知する仕掛け「ボリューム」が追加されました。

ボリュームは、対象が自身と「重なったとき」と「重ならなくなったとき」にイベントを送信するシンプルな仕掛けです。

コリジョン形状には、任意のスタティックメッシュを指定可能。そのため、従来ではできなかったボックス・シリンダー形状以外の当たり判定を作成できます。

タイマー、トラッカー、スイッチがセーブ機能に対応

タイマーの仕掛け」、プレイヤーにタスクを設定し進捗を管理する「トラッカー」、オン/オフの切り替えが可能な「切り替える」(スイッチ)が、セーブ機能に対応しました。

これにより、それぞれの仕掛けの状態を、プレイをまたいで復元できます

セーブ機能は、各仕掛けのオプション「持続データを使用」にチェックを入れることで有効化されます。

なお、チャプター5開始に伴い変更された回復アイテムやキャラクターコントロールの仕様は、既存の島に自動では適用されません。適用するには、対応するオプションなどを手動で設定します。

アップデートの詳細は、ニュースページおよびリリースノートをご覧ください。

フォートナイト エコシステム V28.00 アップデートUEFN V28.00 リリースノート

関連記事

フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
2024.02.26
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
2024.02.22
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
2024.02.15
フォートナイトとUEFNがv28.20にアップデート。「キーの長押しによるチャージシステムの実装」などを実現する「入力トリガーの仕掛け」が登場
2024.02.08
フォートナイトとUEFNがv28.10にアップデート。UEFNにのみ早期アクセス版としてNPCスポナーの仕掛けが追加
2024.01.24
2023年アドベントカレンダーから、ゲームメーカーズ編集部が注目した16記事を一挙紹介!
2023.12.26

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
18
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!