フォートナイトおよびUEFNがv25.20にアップデート。アイテムショップポータルの仕掛けが追加され、Verseはグローバル変数に対応した

2023.07.27
ニュースクリエイティブモードフォートナイトUEFN
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • フォートナイトおよびUEFNがv25.20にアップデート
  • UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」が、グローバル変数に対応
  • アイテムショップポータルが実装され、島から出ることなくアイテムショップにアクセスできるように

2023年7月26日(水)、Epic Gamesがフォートナイトをv25.20にアップデートしました。

クリエイティブと『Unreal Editor For Fortnite(以下、UEFN)』に、新たな仕掛けが実装され、一部の仕掛けに新たなオプションと機能が導入されています。

さらに、UEFNでは、新たな仕掛け「アイテムショップポータル 」「グラインドヴァイン」が追加されたほか、UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」にも変更が加えられています。

Verseがグローバル変数に対応

Verseを使って、グローバル変数にデータを格納してアクセスできるようになりました。以前は、モジュールスコープの変数を定義できませんでしたが、島の各インスタンス内でグローバルな変数が定義できるようになります。

グローバル変数の導入に伴い、既存のmap型に似た新しいweak_map型、およびセッションの参照を表すsessionクラス、現在のセッションを取得するGetSession()関数が新しく導入されました。

グローバル変数は、型tに対する型weak_map(session, t)で定義します。グローバル変数へのアクセスにはGetSession()により取得した現在のセッションを用いて行います。

グローバル変数へのアクセスは、「変数名[session]」で行う(画像は公式サイトより引用)

新しい仕掛け「アイテムショップポータル 」と「グラインドヴァイン」が追加

アイテムショップポータルの仕掛けでは、プレイヤーが島から出ることなくアイテムショップにアクセスできます。 

クリエイティブ島でこの仕掛けを利用するには、アップグレードされた仕掛けを使用するように島を変換する必要があります。

グラインドヴァインの仕掛けは、すでに実装されている「グラインドレール」の仕掛けと同様にレール上を滑って移動できる仕掛けです。「グラインドレール」とは見た目が異なるほか、ビジュアルのバリエーションがいくつか用意されています。

「バリア」仕掛けのアップデート

バリアの仕掛けに、一部のプレイヤーがバリアのゾーンを通り抜けられるオプションが追加されました。

通り抜けられる対象者はチームやクラス単位で、あるいはディレクト イベント バインディングを使ってプレイヤー単位で登録できます。

これにより、他チームは入れない自チームの陣地や、対戦者のみ / 観戦者のみが入れるスペースなどを作ることが可能です。

通り抜けられるプレイヤーの登録などは、画像赤枠のイベントで設定可能

また、将来的にクリエイティブ島に変更が加えられ、アップグレードされた仕掛けをデフォルトで使用するようになることが、フォートナイト クリエイターポータルのニュースページでリマインドされています。

アップデートの詳細は、公式サイトのニュースページをご確認ください。

フォートナイト エコシステム V25.20アップデートUEFN v25.20 リリースノート

関連記事

フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
2024.04.10
【UEFN】よく使うショートカットまとめ
2024.04.05
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
2024.03.27
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
2024.03.21
LiaqN氏も参戦!無料で遊べるお祭り騒ぎな最大20人の大乱闘デスマッチ『Boom Bang Party – FFA』が本日リリース!先行プレイレポをお届け
2024.03.12
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
2024.03.11

注目記事ランキング

2024.04.07 - 2024.04.14
1
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
2
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
12
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
13
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
14
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
15
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
16
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
17
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
20
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
21
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
23
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
26
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
27
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
30
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フレームレート(Frame Rate)
フレームレート 1秒あたり何回フレームを表示するかを示す数値。フレームレートの単位のことをFPS(frames per second)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!