Unity Technologies、AIを用いたボイスチャット監視ツール『Safe Voice』のクローズドベータを開始!有害な言動を自動でカテゴライズし記録

2023.07.20
ニュースUnity
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Unity Technologiesが『Safe Voice』のクローズドベータを開始
  • AIを用いたボイスチャットを監視するツール
  • 有害な言動を検出し迅速な対応が可能

Unity Technologiesは、AIを活用したボイスチャット分析ツール『Safe Voice』のクローズドベータを開始しました。

(画像はUnity Blogより引用)

Safe Voiceは、ゲーム内で行われるボイスチャットを分析し、侮辱、荒らし、軽蔑的な発言といった有害な言動を効率的に発見するツールです。分析には、高度な機械学習アルゴリズムなどの最先端のAI技術が用いられているとのこと。

ボイスチャットの音声をトーンやピッチ、感情、文脈などに基づき、「わいせつ」「脅迫」「侮辱」など12種類を超えるカテゴリーに分類し、記録。開発者はそれをもとに適切な対策を講じることが可能です。

関連性の高いカテゴリーとスコアを組み合わせて音声を分類する(画像はUnity Blogより引用)

従来は、ボイスチャットにおける問題への対策はプレイヤーの報告に頼っていました。この方法のみでは、報告を受けても対応に時間がかかり、プレイヤーの負担増大やプレイヤー人口の減少に繋がります。Safe Voiceを用いることで、自動的に問題のある言動が取得・整理され、迅速に対応できるようになります。

また、記録するデータには優先順位が設定されるため、迷惑行為の重大性を見分けることが可能です。とはいえ、ゲームのジャンルによって、迷惑行為にあたる発言の種類や含まれる単語は異なります。そのため、Safe Voiceではキーワードリストから特定の言葉の優先順位をカスタマイズする機能が搭載されています。

問題のある言動はダッシュボードから確認できる(画像は公式ページより引用)

Safe Voiceは同社が提供するボイスチャットサービス『Vivox』と容易に統合できます。また、ゲームエンジンに依存しないため、Unityのほかアンリアルエンジンなどのゲームエンジンでも使用することが可能です。

クローズドベータへの参加は、公式ページより行います。Safe Voiceの詳細は、Unity Blog「Tackling toxicity with Unity Safe Voice」をご確認ください。

Unity Blog『Tackling toxicity with Unity Safe Voice』『Unity Safe Voice』公式ページ

関連記事

荷ほどきゲーム『Unpacking(アンパッキング)』に収録された効果音は14,000種以上。膨大なサウンドデータを効率よく命名・整理した方法を、Audiokineticが公開
2024.05.22
「Unity 6 Preview」がリリース。レンダリングのパフォーマンス向上、ライティング機能の強化など多岐にわたるアップデート
2024.05.03
Unity公式のパズルゲーム『Gem Hunter Match』、URPの学習などに役立つサンプルプロジェクトとして無料公開
2024.04.30
Unity上でセリフの音声合成ができる「A.I.VOICE for GAMES」でリップシンクが可能に。キャラの口がセリフに合わせて自然に動く
2024.04.26
Unityのプロジェクトをインポートできるプラグインも無料公開。3DゲームやVRアプリの開発に向いた「UNIGINE Engine」、バージョン「2.18.1」がリリース
2024.04.25
【GDC 2024】Unity Technologies講演の日本語吹き替え動画、5/8(水)より順次公開予定。Unity Japan公式YouTubeチャンネルにて
2024.04.24

注目記事ランキング

2024.05.20 - 2024.05.27
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォグ(Fog)
フォグ 「霧」を意味する英単語。3DCGにおいて、現実の霧による見た目をシミュレーションする画面効果やエフェクトを指す。代表的なものとして、カメラから遠くにあるオブジェクトの色調を変化させることで遠近感を出す手法がある。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!