PCでもモバイルゲームが楽しめる『Google Play Games(ベータ版)』、日本でも利用可能に

2023.04.19
ニュースAndroid
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

※2023/04/19 16時30分 追記

本記事公開後、Google Japan BlogおよびAndroid Developers Japan Blogにて、PC 版 『Google Play Games(ベータ) 』が日本で公開されたことが発表されました。

この記事の3行まとめ

  • 『Google Play Games(ベータ版)』のPC向けアプリが日本でも利用できるように
  • AndroidスマホのゲームをWindows PC上でプレイできるサービス
  • PCとモバイルデバイス間でデータが同期される

AndroidスマホのゲームをPCでプレイできるサービス『Google Play Games(ベータ版)』が、日本でも利用できるようになりました。記事執筆時点ではGoogleによる公式アナウンスは見つからないものの、編集部にて同サービスが利用できることを確認しています。

(画像は『Google Play Games(ベータ版)』公式サイトのスクリーンショット)

『Google Play Games(ベータ版)』は、対応するAndroidスマホゲームをPC上でプレイできるサービスで、専用アプリを通じて利用可能。キーボードやマウスで操作でき、PCとモバイルデバイスのどちらでプレイしてもデータは同期されます。

『Google Play Games(ベータ版)』のホーム画面

これまで同サービスは米国や香港、インドネシアなどで提供され、2023年3月14日(現地時間)に開催された「Google for Games Developer Summit」では、今後数か月で日本やヨーロッパでも利用可能になると発表されていました。

記事執筆時点でプレイ可能なタイトルは150本ほどで、『アークナイツ』『ウマ娘 プリティーダービー』『アスファルト9:Legends』などもラインナップされています。

インストール・プレイ可能なゲームが一覧表示できる

ゲームプレイ中はShift+Tabキーでゲームオプションが表示され、全画面表示切り替えやゲームの終了などを行える

ゲーム内の有料アイテムも購入できる

対応OSはWindows。PCの最小要件と推奨要件を含む『Google Play Games(ベータ版)』の利用条件の詳細は、こちらから確認できます。

また、ゲームをプレイするにはWindowsの仮想化設定を有効にする必要があります。『Google Play Games(ベータ版)』のインストールや設定は、こちらから確認可能。

なお、『Google Play Games(ベータ版)』用の開発者向けサイトも用意され、開発用スタートガイドなどが提供されています。

『Google Play Games(ベータ版)』公式サイト『Google Play Games(ベータ版)』開発者向けサイト

関連記事

Google、「Android 15」の開発者向けプレビュー版を初公開。Pixel 6以降のデバイスなどで利用できる
2024.02.19
Google、マルチモーダル生成AI「Gemini」を利用するAndroidアプリの開発ガイドを公開
2023.12.28
Google Play、個人開発者がアプリを公開する前に「20人以上のテスターを集め、14日以上連続でクローズドテストすること」が条件に追加。11/13以降に作られたデベロッパーアカウントが対象
2023.11.13
NianticのUnity向けAR開発ツール「Lightship ARDK」が3.0にアップデート。VPS導入により、現実で近くにいるプレイヤー同士によるマルチプレイに対応
2023.11.03
Googleが『Android 14 Beta 2』を発表。Lenovo、OPPOなどより多くのデバイスで利用可能に
2023.05.12
Google、AndroidアプリのIDE「Android Studio Flamingo」の安定版をリリース。作成環境とビルド環境の切り替えを抑える試験的機能が追加
2023.04.18

注目記事ランキング

2024.05.20 - 2024.05.27
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォグ(Fog)
フォグ 「霧」を意味する英単語。3DCGにおいて、現実の霧による見た目をシミュレーションする画面効果やエフェクトを指す。代表的なものとして、カメラから遠くにあるオブジェクトの色調を変化させることで遠近感を出す手法がある。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!