ASUS、カスタマイズ可能な75%ゲーミングキーボード『ROG Azoth』を3/10(金)に発売

2023.02.27
ニュース周辺機器・ハードウェア
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • ASUSが75%ゲーミングキーボード『ROG Azoth』を2023年3月10日(金)に発売する
  • ガスケットマウント設計で、ホットスワップ対応のROG NXメカニカルスイッチ(潤滑剤塗布済み)などを搭載
  • スイッチに潤滑剤を自分で塗布するスイッチルブキットも付属している

ASUSは、同社のゲーミングブランド「ROG(Republic Of Gamers)」の新製品として、カスタムキーボード『ROG Azoth』を発表、2023年3月10日(金)より販売を開始します。

同製品は、ヨドバシ・ドット・コムやソフマップ・ドットコムなどで予約を受付中です。価格はオープンで、実売価格は38,480円(税込)程度。

『ROG Azoth』は、カスタマイズ機能を備えた75%ゲーミングキーボードです。キー配列は英字配列のみ。

キースイッチはホットスワップに対応した、潤滑剤塗布済みのROG NXメカニカルスイッチ(赤軸)を搭載しています。

(画像はROGのメカニカルスイッチページより引用)

手軽にキーボードをカスタマイズできるよう、スイッチルブキットも付属しています。キット内容は、スイッチオープナー、キーキャッププーラー、スイッチプーラー、ルブステーション、ブラシ、「Krytox GPL-205-GD0」(ボトル)。

直感的な操作が可能な有機ELディスプレイも搭載。アニメーション、システム情報やキーボードの設定を表示でき、設定をノブで手軽に変更できます。

シリコン素材のガスケットマウントと、シリコンパッド・ウレタンフォーム・シリコンフォームの3層構造、潤滑剤が塗布されたキーボードスタビライザーなどを備え、打鍵感・打鍵音に注力している点も特徴です。

(画像は製品サイトより引用)

接続方式はワイヤレス(2.4GHz)、Bluetooth、有線(USB Type-C)の3種。ほかにも、WindowsモードとmacOSモードを切り替える機能なども備えています。

『ROG Azoth』の詳細は、製品サイトをご確認ください。

『ROG Azoth』製品サイトプレスリリース

以下、プレスリリースからの引用です。


ASUS JAPAN株式会社は、ゲーミングブランドのRepublic Of Gamersより、独自のガスケットマウント設計やスイッチ交換などDIY機能とキットを搭載したカスタムキーボード「ROG Azoth」を発表しました。
本日より予約開始、2023年3月10日(金)より販売を開始します。

ROG Azoth

製品名:ROG Azoth
読み方:アールオージー アゾース
ブランド:Republic Of Gamers(ROG)

カラー:黒

キースイッチ:ROG NXメカニカルスイッチ(赤軸)
キー配列:英語
接続方法:無線接続時:USBドングル RF2.4G / Bluetooth5.1

有線接続時:USB 2.0(TypeC to TypeA)
ポーリングレート:1,000Hz
サイズ(W×H×D):326mm×40×136mm
質量 : 1,186g(ケーブルを除く)

OS:macOS® 10.11以上、Windows® 11
価格 : オープン価格
発売日 : 2023年3月10日(金)
製品ページ : https://rog.asus.com/jp/keyboards/keyboards/pbt-keycaps/rog-azoth-model/

 

製品の特長

独自のガスケットマウント設計
シリコン素材のガスケットマウントと3層の静音ダンパーを組み合わせ、圧倒的な打鍵感を実現。

トライモード接続
同時に3台のデバイスに接続・切替可能なBluetooth🄬、低遅延ゲームプレイが可能な2.4GHz RFワイヤレスモード、有線USBの3つの接続方法に対応。

有機ELディスプレイで直感的なコントロール
システム情報やキーボードの設定を一目で確認でき、3方向のノブで手軽に設定を変更。

ホットスワップ対応ROG NXメカニカルスイッチ
潤滑剤塗布済みのスイッチがスムーズなクリック感を実現し、打鍵音を低減。高速な動作とROG独自の力曲線が、最高の打鍵感と安定性を実現。

打鍵感の向上
潤滑剤塗布済みのキーボードスタビライザーが摩擦を軽減し、長めのキーでも滑らかなキーストロークと安定した打鍵感を実現。

スイッチルブキット
初心者でも手軽にキーボードDIYを始められるよう、Krytox™ GPL-205-GD0などの潤滑剤を含む必需品が付属。

macOS対応
WindowsモードとmacOSモードが簡単に切り替え可能

ROG(Republic of Gamers)とは

ASUSのゲーミング向けブランドROG(Republic of Gamers)が追求する革新的な技術と、「Start with People:人を中心に据えた製品開発」の理念はさまざまな分野で認められています。ROGはその読み方の通り、「ゲーマー共和国を作る、ゲームが好きな方で集まって、楽しい国を作ろう」という考えのもと、名づけられました。このROGには様々な製品が存在し、PCはもちろん、ヘッドセット・モニター・イヤフォンなど、すべてのゲーミングソリューションを持っています。

ROG公式サイト : https://rog.asus.com/jp/

ROG Japan公式Twitter : https://twitter.com/ASUSROGJP

関連記事

UnityのURPを解説した無料の公式電子書籍がアップデート。デカールや「Fullscreen Shader Graph」などのセクションを追加
2024.02.23
Valve、2023年のSteamを振り返る記事を公開。500本以上のゲームが総収益約4億5,000万円以上を記録
2024.02.23
2.4GHz無線接続&肉抜きなしで56gのゲーミングマウス「VM501」、エレコムから登場。「かぶせ持ち」「つまみ持ち」に最適化された形状を採用
2024.02.22
VRM用アニメーションファイル形式「VRMA」が正式リリース。あらゆるVRMモデルでアニメーションを共有可能
2024.02.22
「Steam Audio」がオープンソース化。UnityやUEに統合できる、ゲームやVRアプリ用の空間オーディオツール
2024.02.22
東京・吉祥寺で開催されるインディーゲームイベント『TOKYO INDIE GAMES SUMMIT 2024』、ステージプログラムなどの詳細が発表
2024.02.21

注目記事ランキング

2024.02.19 - 2024.02.26
1
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
15
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
16
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
17
フォートナイトとUEFNがv28.20にアップデート。「キーの長押しによるチャージシステムの実装」などを実現する「入力トリガーの仕掛け」が登場
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
23
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ワイヤーフレーム(Wire Frame)
ワイヤーフレーム
  1. 3Dモデルのエッジ情報のみを表示するレンダリング手法。ゲーム開発においては、3Dモデルやシーンのポリゴン構造を確認することに用いることが多い。
  2. UIやWebページなどのレイアウトを決めるための設計図。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!