オーディオミドルウェア Wwise 2022.1正式版がリリース。Audiokinetic Launcherからインストール可能

2022.11.18
ニュースサウンド
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Wwise 2022.1正式版がリリースされ、Audiokinetic Launcherからインストール可能に
  • 編集のワークフローやナビゲーションを改善するためのタブを使ったユーザーインターフェースが変更
  • レイアウトの更新などに加え、Reflectワークフローの簡素化や3D Audio Bed Mixerなど各種プラグインの改善も

2022年11月16日、Audiokinetic社はAudiokineticブログにてオーディオミドルウェアWwise 2022.1正式版がAudiokinetic Launcherからインストール可能になったことを発表しました。

Wwise 2022.1正式版では、新たに編集のワークフローやナビゲーションを改善するためのタブを使ったユーザーインターフェースが変更されました。

Wwise 2022.1 正式版での操作画面(画像はAudiokineticブログからの引用)

他にも、レイアウトの更新に加え、Reflectワークフローの簡素化や3D Audio Bed Mixerなど各種プラグインの改善が行われています。Wwise 2022.1正式版のダウンロードはこちらから行えます。(ダウンロードするにはAudiokineticのアカウントが必要です

Wwise 2022.1正式版で提供される機能の概要は以下の通りです。

オーサリング

・編集のワークフロー
・レイアウトの更新
・Project ExplorerのSearch
・Paste Properties
・新しいカーブと、新しくなったAttenuation Editor
・Auto-Defined SoundBanks
・File ManagerのGenerate Filesタブ
・Transport Controlのユーザーインターフェースを更新
・Contextual Help、Capture Logエラーメッセージ
・Filter Behavior: Use Highest Value
・State GroupやState値のコピー&ペースト
・Event Action: State、State Groupの表示
・Performance Monitor
・Selection Channel、Meterインスタンス
・マウスホイールを使ったズーム、パンニング
・キーボードショートカットの変更
・ショートカットメニューの更新

WAQL
WAAPI
各種プラグイン

・Reflectワークフローの簡素化
・3D Audio Bed Mixerプラグイン
・Time Stretchの改善

インテグレーション

・Auto-Defined SoundBanksにUnrealが対応
・Unreal Engine 5.0

SDK

・サードパーソンリスナー
・Spatial Audioのジオメトリのパフォーマンス改善
・ラージワールドに対応
・RTPCとSwitchのパフォーマンス改善
・オーディオレンダリングのタスクのカスタムスケジューラーの改善

詳細はAudiokineticブログをご確認ください。

Audiokineticブログ Wwise 2022.1 最新情報 | Wwise 2022.1 正式版Wwise Audiokinetic Launcherダウンロードページ

関連記事

AudiokineticとBOOM Libraryがマルチトラックサウンドライブラリ「Strata」をリリース。Audiokineticの日本版YouTubeアカウントも開設
2022.10.28
ゲーム開発環境向けサウンド機能強化ツール「CRI ADX」無償版がUnreal Engine 5に対応
2022.10.19
Pro Toolsの無償版『Pro Tools Intro』がリリース。8トラックまでの音楽制作や効果音などの波形編集、録音が可能な万能DAW
2022.09.29
『Wwise』の無償インディーライセンスについての解説記事が公開。プロジェクト予算25万米ドル未満ならサウンド無制限で利用可能
2022.09.28
ゲームサウンドの「技術」と「デザイン」を繋ぐ”テクニカルオーディオデザイナー”の世界【CEDEC2022】
2022.09.01
シリコンスタジオ、産業分野を対象に調査した「CG・ゲームエンジン活用実態調査2022」の結果を発表
2022.11.25

注目記事ランキング

2022.11.21 - 2022.11.28
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
3
フォートナイトがv22.30にアップデート!クリエイティブモードにて「バトルロイヤル島」が登場したほか、メモリ使用量を表示する新たなマップUIが追加
4
メイキング動画「マインクラフトの秘密」第10話:ディープ ダーク (深淵)が公開。コンセプトアートやボツ案になった幽霊のブロックなどを紹介!
5
フォートナイトがv22.40にアップデート!クリエイティブモードにてクリエイター用の仕掛け「クラスセレクターUI」などが登場
6
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
7
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
8
ZETA DIVISIONのFORTNITE部門にNeverty7氏、Ta-Key氏、yappy氏の3名が加入。クリエイティブモードで世界的に高い評価を得るマップビルダー
9
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
10
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
11
フォートナイトがv21.10へアップデート。騎乗可能な野生動物やガードの雇用、アイテムプレーサーなどがクリエイティブに追加
12
フォートナイトがv21.20にアップデート!クリエイティブに新武器「チャージサブマシンガン」や「ボーラースポナーの新オプション」が追加
13
『Fortnite』建築なしの「ゼロビルド」が実装、新武器アンヴィルロケットランチャー追加など
14
フォートナイトがv22.20にアップデート!クリエイティブモードに新しいイベントシステム「ディレクトイベントバインディング」が追加
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ブループリント(Blueprint)
ブループリント
  1. 設計図。
  2. アンリアルエンジンにおいて、標準搭載されているビジュアルスクリプト言語。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!