AIアートアワード(AIAA)が緊急開催。作品を通じて画像生成AIを用いた創造とその影響を問う

2022.10.08
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 「AIアートアワード」がアジアデジタルアート大賞展FUKUOKAにて開催
  • 画像生成AIを利用したアートについて、作品を通じて議論を深めるための企画
  • 使用した「機械学習アルゴリズム」「学習データセット」「アプリケーション」「サービス」も記入して作品を提出

福岡県や九州大学などが主催するメディアアート作品の公募展「2022 アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA(ADAA)」にて、このたび緊急企画として「AIアートアワード(AIAA)」を開催することが発表されました。

本企画は、昨今の画像生成AIを利用したアート作品について、表現や権利、創造性の有無、評価方法等に関する議論を受けて開催されます。AIを用いた創造とはなにか、クリエイターや批評家・作品を享受する社会にどのような影響をもたらすのか、議論を深めるための企画としています。

審査はADAA審査員のほか、AI研究者である三宅陽一郎氏が特別審査員として参加します。

応募対象は画像生成AIを用いた静止画のアート作品応募先は「静止画部門(一般/学生)」で、作品に使用した「機械学習アルゴリズム」、「学習データセット」、「アプリケーション」、「サービス」などを記入する必要があります。応募締切は2022年10月24日(月)23:59まで。

AIAA賞は用意されていますが、ADAAとは別枠での審査・表彰されるため、賞金や各大臣賞などは獲得できないとのこと。応募に関する詳細は、本企画紹介ページと、ADAA募集概要ADAA応募規定などをご確認ください。

アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA九州大学 ニュースリリース

関連記事

税込5万円以下でMini LED・量子ドットを採用した「Xiaomi Mini LED ゲーミングモニター G Pro 27i」、7/25(木)に発売
2024.07.16
インディーゲームの大規模テストプレイプラットフォーム「G.Round」の日本語対応が進行中。日本からのテストプレイヤーやデベロッパーを募集
2024.07.12
Godot Engineを採用した「RPG Maker」シリーズ最新の2Dアクションゲーム制作ツール『ACTION GAME MAKER』が、2025年リリースを目指し開発中
2024.07.12
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲームのボイス制作全般を担う新たな分野「ボイスデザイン」とは。Audiokineticのブログで解説記事が公開
2024.07.11
『GGST』『戦場のフーガ2』などを扱ったセッションを期間限定で無料配信。ダイキン工業、CGクリエイター向けイベント開催に先立ち、7/22(月)から4本の動画を配信
2024.07.10

注目記事ランキング

2024.07.10 - 2024.07.17
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ラグドール(Rag Doll)
ラグドール ぬいぐるみを意味する英語。 ゲームにおける、キャラクターの全身が脱力したかのような挙動を行う物理シミュレーション。ラグドール物理。 例えば、上空からの落下やキャラクターが死亡した際に用いられる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!