インディーゲームの祭典『BitSummit X-Roads』が開幕!初日の雰囲気をお届けします

2022.08.06
注目記事イベントレポート
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

2022年8月6日(土)と7日(日)の2日間、京都みやこめっせにて開催される『BitSummit X-Roads』。BitSummitは2013年に有志によるクローズド形式で始まったインディーゲームの祭典で、今年で10周年を迎えました。昨年開催された『BitSummit 8th BIT』はプレスなどを除いて無観客開催となりましたが、今回は有観客開催として再び賑やかさを取り戻しつつあります。

本日6日はビジネスデーとして、主に出展者同士の交流や試遊が活発に行われています。この記事では、初日の雰囲気を写真を交えながらレポートします。

目次

任天堂やSIEなどSPONSORブースは試遊中心

BitSummitと言えばインディータイトルの試遊やクリエイターとの対話、挑戦的な作品を楽しむ印象が強いですが、もちろん大手メーカーやパブリッシャーなど各企業も数多く出展しています。注目を集めていたのは、やはり2019年開催の『BitSummit 7 Spirits』以来の出展となる任天堂ブースでしょうか。

ブース内ではスーパー野田ゲーWORLD』『ElecHeadなど複数ジャンルのタイトルが展示されており、Indie Worldエコバッグ「Indie World通信 総集編」冊子、ステッカー(要アカウント)も配布されていました。

また、PlayStation Indiesとしてインディーゲーム開発を強力に推進するSIE(ソニーインタラクティブエンタテインメント)ブースにも、話題の『STRAY』や『GIGABASH』、『Cursed to Golf 』などのタイトルが出展されているほか、写真撮影ができるスペースや参加者が描き込んでいくペイントボードも展示されていました。

多くのブースは試遊を中心とした展示形式。プレイ中に手詰まりになったり、攻略に悩んだりした時はスタッフの方が助けてくれるなど、出展側の皆さんもしっかりとタイトルを遊ばれているのが印象的でした。

会場内には毎年CEDEC開催期間にお世話になっていた人も多いであろうレッドブルカーも登場しています。また、入り口近くに展開するインフルエンサー配信ブースでは実況者によるゲーム配信が常時行われていました。

イベントと言えば『メインステージ』。SIE 吉田修平氏によるトークイベントなど、さまざまなライブイベントなどが行われています。午前中に行われた『LOST EPIC』開発者とのトークイベントに参加しましたが、さすがBitSummitということもあってか「長期間に渡る開発でどうやってモチベーションを保った?」「Discordでのコミュニティづくりのコツは?」など実践的な内容のトークが行われていました。

DEVELOPERブースも盛り上がっています

大手ブースが立ち並ぶ会場入り口付近を抜けると、会場中央には小・中規模デベロッパーや個人制作系タイトルを中心としたブース群が登場。

有観客開催が久しぶりということもあって、特に海外クリエイターによるタイトルが注目を集めていました。全体的な印象としては2Dタイトルがやや多く、ローグライクや複数人で遊ぶことのできるパーティゲームが目立っていたように思います。

また、以前にゲームマーケットでも取材を行った「make.ctrl.Japan」も出展していました。

関連記事
ゴジラを題材にした『Kaiju on the Earth LEGEND』など注目タイトルの発表や”変わったコントローラー”展示などが行われた『ゲームマーケット2022春』レポート
2022.05.29

ゲームメーカーズも出展中!(IP-22)

私たちも出展ブース番号:IP-22AIQVE ONE株式会社と合同で出展しています。

「ゲームの作り手に向けたメディアとして、なにかクリエイターのお力になれないか?」ということで、皆様のゲームをペライチで紹介する記事を作ってみました。

ブースにお越しいただければ、ゲーム情報入力用の専用フォームをご案内します。作品の宣伝場所、クリエイター同士のつながりを作る場所として活用していただければ嬉しいです。

まだまだ続く、10年目の『BitSummit』。明日は一般来場者の方もお見えになるということで、引き続き盛り上がっていきましょう!

BitSummit 公式サイトゲームメーカーズ BitSummit特設ページ
神山 大輝

ゲームメーカーズ編集長およびNINE GATES STUDIO代表。ライター/編集者として数多くのWEBメディアに携わり、インタビュー作品メイキング解説、その他技術的な記事を手掛けてきた。ゲーム業界ではコンポーザー/サウンドデザイナーとしても活動中。

ドラクエFFテイルズはもちろん、黄金の太陽やヴァルキリープロファイルなど往年のJ-RPG文化と、その文脈を受け継ぐ作品が好き。

関連記事

2年で3,000名が参加した「ゲームクリエイター甲子園」からわかる学生ゲームクリエイターの制作事情と未来の課題【CEDEC2022】
2022.10.05
UE4におけるUI最適化のコツが盛りだくさん。UIアーティストからテクニカルアーティストへの転身奮闘記【CEDEC2022】
2022.09.30
再起不能のアンドロイドをカウンセリング。PC-98をリスペクトしたコマンドクリックADV『バイナリ・シンドローム』開発者インタビュー【TGS2022】
2022.09.30
『ゴジラ』コラボも発表!マレーシアが生んだ特撮愛あふれる怪獣乱闘ゲーム『GIGABASH』開発者インタビュー【TGS2022】
2022.09.29
「創造的なチーム」の作り方。メンバーのこだわりを最大限に発揮できる環境に向けた実践テクニック【CEDEC2022】
2022.09.28
【UE5】「Dynamic Volumetric Sky」を使ってリアルな空・太陽・月を作ろう!既存Mapへの追加方法も解説
2022.09.26

注目記事ランキング

2022.09.29 - 2022.10.06
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
『Minecraft Live 2022』が10/16(日)午前1時より配信決定!『Minecraft』の最新情報発表や恒例のモブ投票が実施予定
3
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
4
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
5
フォートナイトがv22.00にアップデート!アイテム「ポケットバンカー」、新しいプレイヤーの移動機能「スライディングキック」が登場
6
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
7
フォートナイト『NO SWEAT サマー』イベントが開催!「汗をかかない」夏をテーマにして作られた島の投稿を募集中
8
メイキング動画「マインクラフトの秘密」第10話:ディープ ダーク (深淵)が公開。コンセプトアートやボツ案になった幽霊のブロックなどを紹介!
9
フォートナイトがv21.10へアップデート。騎乗可能な野生動物やガードの雇用、アイテムプレーサーなどがクリエイティブに追加
10
教育版マインクラフトで行われる18歳以下対象の全国大会「Minecraftカップ2022全国大会」開催決定、エントリー受け付けがスタート
11
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
12
Java版『Minecraft』ver1.19「ワイルド アップデート」と題した大型更新が行われる。バイオームやレッドストーン回路の新出力オブジェクトなど新要素が盛り沢山
13
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
14
フォートナイトがv21.20にアップデート!クリエイティブに新武器「チャージサブマシンガン」や「ボーラースポナーの新オプション」が追加
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ライトニングトーク(LT)
ライトニングトーク 5分ほどの短い時間で区切って行うプレゼンテーションの手法。2000年ごろから浸透した手法で、技術カンファレンスや勉強会で行われることが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!