Epic Gamesが「MetaHuman」の最新リリースを発表。スキャンした顔のメッシュからMetaHuman作成ができるプラグインやMetaHuman Creatorの新機能も追加

2022.06.10
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • デジタルヒューマンフレームワークMetaHumanの最新リリースが発表
  • MetaHumanプラグインが公開。顔のメッシュからオリジナルのMetaHumanが作成できるMesh to MetaHuman機能を搭載
  • MetaHuman Creatorの新機能やライティングプリセットも追加された

2022年6月9日、Epic Gamesはデジタルヒューマンフレームワーク「MetaHuman」の最新リリースを発表しました。

MetaHumanEpic Gamesが提供するフォトリアルな人間キャラクターを作成することができるフレームワークで、クラウドベースのブラウザアプリケーション「MetaHuman Creator」からアクセスすることができます。フェイスリグの開発など技術的詳細についての解説資料も公開されております。こちらの記事をご覧ください。

今回のリリースでの更新点は以下の通りです。

MetaHumanプラグインと新機能Mesh to MetaHumanの発表

MetaHumanプラグインEpic Gamesが提供するMetaHumanと同社のUnreal Engineとの連携性を高めるためのプラグインです。顔のメッシュからオリジナルのMetaHumanを作成できる新機能「Mesh to MetaHuman」を搭載しています。

Mesh to MetaHumanでは、以下の手順でMetaHumanを作成していきます。

  • UE5の自動トラッキング技術により顔の3DメッシュモデルをMetaHumanのトポロジテンプレートと適合させる
  • ボディのテンプレートから選択されたボディタイプと組み合わせ、全身のデータを作り出す
  • このデータをクラウドに送信することにより、データベースから最適なMetaHumanのフェイシャルリグが選択され、もとの顔メッシュとの差分のデータが作成される

もととなる3Dメッシュにリグを入れる必要がないので、3Dスキャンなどにより作成したメッシュや、もともとフェイシャルリグが設定されていないモデルなどでも使用可能

こうして変換されたMetaHumanはクラウドベースのアプリケーション「MetaHuman Creator」を使ってブラウザ上などで確認できるほか、調整や改善を行うことも可能です。

髪やヒゲ、肌の質感などといった要素は「MetaHuman Creator』上などで追加していく必要がある

Mesh to MetaHumanのワークフローは、公式のチュートリアル動画やクイックスタートのドキュメントでも解説されています。

MetaHumanプラグインUEマーケットプレイスで入手することができます。

MetaHumanと新しいキャラクターツールとの互換性

MetaHumanのモデルに、コントロールリグPoseツールIKリターゲターIKリグChaos物理エンジンといったUE5のキャラクターアニメーションに関連する新機能との互換性が備わりました。Chaos物理に関しては、MetaHumanのサンプルプロジェクトに物理アセットを使用した新しいレベルがサンプルとして追加されています。

転がった後の「起き上がり」の実装も学べる

現在、MetaHumanQuixel Bridgeを介してUnreal Engine上に簡単にエクスポートすることが可能となっています。

Quixel BridgeのプラグインはUE5から標準搭載となっている

MetaHuman Creatorに新機能が追加

MetaHuman Creatorにフェイシャルアニメーションループ10個とボディポーズ6つが追加されました。

これにより、作成されたMetaHumanのリグがどのように機能するかを詳細に確認できるようになりました。

キャラクターのさまざまな見た目を実現するために、ヘアスタイルが13個、ヒゲ、眉毛、まつげなども23個追加されました。さらに複数の領域を個別に色付けする機能が使用可能になりました。また、服装に関しても、模様のパターンをカスタマイズする機能が備わりました。

ライディングプリセットの追加

MetaHuman Creatorで使用可能だった撮影監督のGreig Fraser氏による6つのライティングプリセットがUnreal Engineでも使用できるようになりました。

The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience用に設計された3つのライティングプリセットと合わせ、現在マーケットプレイスからダウンロードできます。

MetaHumanについての詳細情報は、MetaHumanについての公式ドキュメントをご覧ください。

MetaHuman最新リリース発表ページ「MetaHumanプラグイン」公式チュートリアル動画MetaHuman公式ドキュメント

関連記事

UE4におけるUI最適化のコツが盛りだくさん。UIアーティストからテクニカルアーティストへの転身奮闘記【CEDEC2022】
2022.09.30
『ゴジラ』コラボも発表!マレーシアが生んだ特撮愛あふれる怪獣乱闘ゲーム『GIGABASH』開発者インタビュー【TGS2022】
2022.09.29
9月のUnreal Engineマーケットプレイスセールがスタート!1,500以上のアセットが50%オフ、期間は9/26まで
2022.09.21
日本最大級のUnreal Engine勉強会『UNREAL FEST WEST ’22』が11/19(土)20(日)に開催決定。京都会場とオンラインのハイブリット形式
2022.09.13
「Unreal Engine」9月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!3種類の環境アセットをまとめたアセットパックやリアルな天球システムなどが無料に
2022.09.07
緻密に描写されたサイバーシティを探索する猫アドベンチャーゲーム『Stray』開発者インタビューをエピック ゲームズ ジャパンが公開。猫から学ぶアンリアルエンジン活用法
2022.09.05

注目記事ランキング

2022.09.25 - 2022.10.02
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイトがv22.00にアップデート!アイテム「ポケットバンカー」、新しいプレイヤーの移動機能「スライディングキック」が登場
3
『Minecraft Live 2022』が10/16(日)午前1時より配信決定!『Minecraft』の最新情報発表や恒例のモブ投票が実施予定
4
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
5
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
6
教育版マインクラフトで行われる18歳以下対象の全国大会「Minecraftカップ2022全国大会」開催決定、エントリー受け付けがスタート
7
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
8
メイキング動画「マインクラフトの秘密」第10話:ディープ ダーク (深淵)が公開。コンセプトアートやボツ案になった幽霊のブロックなどを紹介!
9
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
10
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
11
Java版『Minecraft』ver1.19「ワイルド アップデート」と題した大型更新が行われる。バイオームやレッドストーン回路の新出力オブジェクトなど新要素が盛り沢山
12
フォートナイトがv21.20にアップデート!クリエイティブに新武器「チャージサブマシンガン」や「ボーラースポナーの新オプション」が追加
13
『Fortnite』建築なしの「ゼロビルド」が実装、新武器アンヴィルロケットランチャー追加など
14
フォートナイト『NO SWEAT サマー』イベントが開催!「汗をかかない」夏をテーマにして作られた島の投稿を募集中
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ローカル座標
ローカルザヒョウ 各オブジェクトの原点を基点とした座標系における、特定の一点を示した座標。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!