【STEP2】ゲームづくりに必要な道具『Unreal Engine 5』をダウンロードしよう

2022.01.22
ゲームづくりの知識
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

Unreal Engine 5(以下、UE5)には、ゲームを作るために必要な機能が用意されています。この記事ではUE5のダウンロード手順について解説します。

目次

Epic Gamesアカウントの作成

UE5をダウンロードするためには「Epicアカウント」が必要です。まずは、下記のページにアクセスしましょう。ページの右上にある「サインイン」をクリックし、ユーザー登録を行います。

Unreal Engine ダウンロードページ

なお、既にEpicアカウントをお持ちの場合は、この項目をSKIPして「Unreal Engine 5本体のインストール」から読み進めてください。

ページ内の文章が英語で表示されていた場合、ページ右上にある地球アイコンから言語の切り替えが可能。その右側にある「サインイン」をクリックすると、Epicアカウントのサインイン画面に遷移する。

今回は新しくユーザー登録を行うので、画面下部にある「サインアップ」をクリックします。

「サインアップ」をクリックすると、Epicアカウント登録画面に遷移する。

サインアップする方法を選択する画面が表示されたら、Epic Gamesアカウントを作りましょう。「Eメールでサインアップする」をクリックし、Epic Gamesアカウント作成ページに移動します。

「Eメールでサインアップする」をクリックすると、Epic Gamesアカウント作成画面に遷移する。

名前とメールアドレスの入力、ディスプレイネームとパスワードの設定を行い、サービス規約を確認して「続ける」をクリックします。これで、Epic Gamesアカウントの作成とEpicアカウントへのサインインが完了しました。

テキストボックスに個人情報を記入し「続ける」をクリックすると、アカウントの登録が完了する。

ランチャーをインストールする

次は、UE5をダウンロードするために必要なEpic Games Launcherをインストールします。ページを少し下にスクロールすると、次のような画面が表示されます。画面中央左側にある「ランチャー ダウンロード」をクリックして、「EpicInstaller」をダウンロードしましょう。

サインイン完了後、「ランチャー ダウンロード」をクリックすることでEpic Games Launcherのダウンロードがされる。

ダウンロードされた「EpicInstaller」を起動し、ガイドに従ってEpic Games Launcherのインストールを完了させましょう。

「EpicInstaller」のガイドに従ってEpic Games Launcherをインストールする。

ランチャーのダウンロードとインストールが完了したら、Epic Games Launcherを起動します。なお、ランチャー内の文章が英語で表示されている場合は、画面左下にある歯車アイコンから言語を切り替えることができます。

 

言語を切り替えたら「EPIC GAMESでサインインする」をクリックし、登録時に設定したメールアドレスとパスワードを使用してサインインします。

ランチャー内の文章が英語で表示されていた場合、歯車アイコンから言語を変更可能。「EPIC GAMESでサインインする」をクリックして、ランチャーのサインインを完了させる。

Unreal Engine 5本体のインストール

サインインが完了したら、まずは画面左側のタブから「Unreal Engine」をクリックします。次に「ライブラリ」を選択し、Engineバージョンの隣にある「+」ボタンをクリックします。

「Unreal Engine」をクリックしUnreal Engineタブを選択する。次に「ライブラリ」をクリックし、Engineバージョンの隣にある「+」ボタンをクリックする。

続いて、バージョン番号の右側の「▼」ボタンをクリックし、インストールするバージョンを選択します。UEには数多くのバージョンが存在しますが、今回は「5.0.1」を選択してください。

「▼」ボタンをクリックすることで、インストールしたいバージョンのUEを選択できる。

最後に「インストール」をクリックします。
これでUE5のダウンロードとインストールが開始されます。

「インストール」をクリックしてUEのダウンロードを開始する。ダウンロードにはかなり時間が掛かるため、ランチャーを立ち上げたまま別の作業をしていても問題ない。

次のSTEPからは、いまインストールしたUE5を使って3Dアクションゲームを作っていきます。

 

NEXT STEP >>

【STEP3-1】ゲームづくりの最初の一歩、「空っぽのステージ」をUE5 で作ってみよう


『ゲームづくりを始めよう』に戻る

関連記事

ゲームサウンドの「技術」と「デザイン」を繋ぐ”テクニカルオーディオデザイナー”の世界【CEDEC2022】
2022.09.01
アドリブ全開、観客とのコール&レスポンスも。『プロセカ』コネクトライブの演出コンセプトを支える高度なオペレーションと配信基盤技術【CEDEC2022】
2022.08.30
RTAのプロモーション活用──伝説のRTA走者えぬわた氏が語るRTA配信の「瞬間風速」と「熱量の保温」【CEDEC2022】
2022.08.29
『レッツプレイ!オインクゲームズ』のUIを徹底解剖。アナログゲームのデジタル化で失われた心理的要素と解決策、そして辿り着いた”デジタルならでは”の面白さ【CEDEC2022】
2022.08.26
「キャラクターゲーム」のUI制作の秘訣をサイバーコネクトツーが解説―世界観と機能性の両立やローカライズ対応におけるフォント選択フローなど【CEDEC2022】
2022.08.26
【8月の無料アセット紹介】MySQLってなに?データベース管理システムの基本から『MySQL Integration』を使ったデータベース環境の構築までを実践的に解説
2022.08.25

注目記事ランキング

2022.09.18 - 2022.09.25
1
フォートナイトがv22.00にアップデート!アイテム「ポケットバンカー」、新しいプレイヤーの移動機能「スライディングキック」が登場
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
4
『Minecraft Live 2022』が10/16(日)午前1時より配信決定!『Minecraft』の最新情報発表や恒例のモブ投票が実施予定
5
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
6
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
7
フォートナイトがv21.30にアップデート!クリエイティブに「プレイヤーマーカー」や新しい小道具ギャラリーが追加
8
ZETA DIVISIONのFORTNITE部門にNeverty7氏、Ta-Key氏、yappy氏の3名が加入。クリエイティブモードで世界的に高い評価を得るマップビルダー
9
フォートナイト『NO SWEAT サマー』イベントが開催!「汗をかかない」夏をテーマにして作られた島の投稿を募集中
10
Java版『Minecraft』ver1.19「ワイルド アップデート」と題した大型更新が行われる。バイオームやレッドストーン回路の新出力オブジェクトなど新要素が盛り沢山
11
教育版マインクラフトで行われる18歳以下対象の全国大会「Minecraftカップ2022全国大会」開催決定、エントリー受け付けがスタート
12
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
13
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
14
フォートナイトがv21.10へアップデート。騎乗可能な野生動物やガードの雇用、アイテムプレーサーなどがクリエイティブに追加
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

プラットフォーム(Platform)
プラットフォーム
  1. サービスやシステムを動作させるための共通基盤とその環境のこと。
  2. ゲームにおいては、特定のゲームハードやゲームを販売しているストアのことを示す。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!