Adobe Substance 3Dアプリ、「Firefly」の生成AI機能が導入。テキストからテクスチャ・背景を生成できる

2024.03.20
ニュース3DCGAI
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 「Firefly」の生成AI機能がAdobe Substance 3Dアプリに導入
  • 「Substance 3D Sampler」と「Substance 3D Stager」のBeta版として
  • テクスチャや3Dシーン用の背景を、テキストから生成できる

2024年3月18日(現地時間)、Adobeは「Firefly」の生成AI機能をSubstance 3D SamplerSubstance 3D StagerのBeta版に導入したことを、公式ブログで発表しました。

(画像は公式ブログより引用)

Substance 3D Samplerに導入された新機能「Text to Texture」は、入力したテキストに応じて、正方形でリアルなテクスチャとして生成します。また、テキストを変更するだけで複数のバリエーションを生成できます。

『Introducing Text to Texture in #Substance3DSampler (beta)』

一方、Substance 3D Stagerに導入された「Generative Background」は、入力したテキストから3Dシーン用の背景を生成できる機能です。

『New Generative Background feature in #Substance3DStager (beta)』

詳細は、公式ブログをご確認ください。

Adobe announces Firefly-powered features for Substance 3D appsAdobe Substance 3D

関連記事

『GGST』『戦場のフーガ2』などを扱ったセッションを期間限定で無料配信。ダイキン工業、CGクリエイター向けイベント開催に先立ち、7/22(月)から4本の動画を配信
2024.07.10
『ゼンレスゾーンゼロ』登場キャラクター18体や武器などの3Dモデルがpmx形式で無料配布中。bilibiliの特設サイトからダウンロード可能
2024.07.05
SideFX、Houdini 20.5の最新機能を動画で紹介。SOPベースの物理シミュレーション機能「MPM Solver」や、画像処理フレームワーク「Copernicus」のベータ版など
2024.07.05
スクウェア・エニックスのAI開発陣によるゲームAIの解説書『スクウェア・エニックスのAI』、ボーンデジタルより7/30(火)に発売予定
2024.07.02
モノリスソフト、異なるDCCツール間で3Dシーンを共有する「MaterialX」「OpenUSD」の活用方法をブログ記事で解説
2024.07.01
mocopiのモーションデータをリアルタイムでMayaに送れる公式プラグインが公開。併せて、UE版プラグインがUE5.4に対応
2024.06.21

注目記事ランキング

2024.07.08 - 2024.07.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!