Adobe、USDファイルをFBXやglTFなど5つのフォーマットに変換できるプラグイン群「USD File Format Plugins」をオープンソースで公開

2024.03.01
ニュース3DCG
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Adobeが「USD File Format Plugins」をオープンソースで公開
  • USDファイルをFBX、glTF、OBJ、PLY、STLフォーマットへ変換できる
  • 各プラグインはWindows、MacOS、Linuxに対応

Adobeは、USD(OpenUSD)ファイルを別のフォーマットに変換するプラグイン群「USD File Format Plugins」を、オープンソースとしてGitHub上に公開しました。

(画像はGitHubより引用)

USDとは、さまざまなDCCツールで使用可能な、ジオメトリやマテリアル、カメラ、ライトなどを含む3Dシーンを保存したファイルフォーマットです。

「USD File Format Plugins」は5種類のプラグインから構成されており、それぞれFBXglTF.gltf/.glb)、OBJPLYSTLフォーマットへの変換が可能です。メッシュのブレンドシェイプなど、サポートされるデータについては、それぞれのプラグイン詳細ページにて個別に確認できます。

各プラグインはWindows、macOS、Linuxに対応。利用には、MSVC 19XcodeなどのC/C++コンパイラ、clang-format 16.0.0Python 3.10CMake 3.24Doxygen 1.9.8などの環境が必要です。

プラグインの入手や使用方法の詳細については、AdobeのGitHubリポジトリをご確認ください。

USD File Format Plugins | Adobe GitHubリポジトリ

関連記事

『GGST』『戦場のフーガ2』などを扱ったセッションを期間限定で無料配信。ダイキン工業、CGクリエイター向けイベント開催に先立ち、7/22(月)から4本の動画を配信
2024.07.10
『ゼンレスゾーンゼロ』登場キャラクター18体や武器などの3Dモデルがpmx形式で無料配布中。bilibiliの特設サイトからダウンロード可能
2024.07.05
SideFX、Houdini 20.5の最新機能を動画で紹介。SOPベースの物理シミュレーション機能「MPM Solver」や、画像処理フレームワーク「Copernicus」のベータ版など
2024.07.05
モノリスソフト、異なるDCCツール間で3Dシーンを共有する「MaterialX」「OpenUSD」の活用方法をブログ記事で解説
2024.07.01
mocopiのモーションデータをリアルタイムでMayaに送れる公式プラグインが公開。併せて、UE版プラグインがUE5.4に対応
2024.06.21
Niantic、Web上で3D/XRコンテンツを制作できるビジュアルエディター「Niantic Studio」パブリックベータ版を無料リリース。3Dスキャンアプリ「Scaniverse」も更新
2024.06.19

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!