3ds MaxやMaya、Houdini、UEなどでマテリアルを共有できる規格「MaterialX」がアップデート。Non-Photorealistic Rendering(NPR)用のライブラリが初めて追加された

2024.02.29
ニュース3DCG
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • MaterialXのバージョン1.38.9をリリース
  • MaterialXは、異なる3DCGツール間でマテリアルを共有するための標準規格
  • 非写実的レンダリング(NPR)用のデータライブラリが初めて追加される

Academy Software Foundationは、2024年2月27日(火)に「MaterialX」のバージョン1.38.9をリリースしました。

MaterialXは、アプリケーションやレンダラー間でマテリアルの共有を実現する標準規格です。3ds MaxMayaHoudiniアンリアルエンジンなどがMaterialXに対応しています。

(画像は公式サイトより引用)

今回リリースされたバージョン1.38.9では、イメージベースドライティング(※1)に使われるPre-Filtered Environment Map(※2)の生成をサポートしました。
※1 略称はIBL。シーンをキャプチャした画像をもとにライティングを行う手法
※2 イメージベースドライティングで使われる環境マップ画像に事前処理を施したもの

例として、Pre-Filtered Environment Mapを使用した場合(左)とフィルタ重点サンプリングを使用した場合(右)のレンダリング結果が比較されています。

Before
After

(画像はXより引用)

また、非写実的レンダリングNPR:Non-Photorealistic Rendering)用のデータライブラリが初めて追加されました。このライブラリを用いることで、エッジのハイライトGooch shading(※)などの表現が可能です。
※ 指定した寒色と暖色間のグラデーションで影を表現するシェーディング手法

エッジのハイライトの例(画像はGitHubより引用)

そのほか、同アップデートではWebビューアの更新や不具合修正などが行われています。

詳細はGitHubをご確認ください。

MaterialX 公式サイトMaterialX Version 1.38.9 リリースページ

関連記事

『GGST』『戦場のフーガ2』などを扱ったセッションを期間限定で無料配信。ダイキン工業、CGクリエイター向けイベント開催に先立ち、7/22(月)から4本の動画を配信
2024.07.10
『ゼンレスゾーンゼロ』登場キャラクター18体や武器などの3Dモデルがpmx形式で無料配布中。bilibiliの特設サイトからダウンロード可能
2024.07.05
SideFX、Houdini 20.5の最新機能を動画で紹介。SOPベースの物理シミュレーション機能「MPM Solver」や、画像処理フレームワーク「Copernicus」のベータ版など
2024.07.05
モノリスソフト、異なるDCCツール間で3Dシーンを共有する「MaterialX」「OpenUSD」の活用方法をブログ記事で解説
2024.07.01
mocopiのモーションデータをリアルタイムでMayaに送れる公式プラグインが公開。併せて、UE版プラグインがUE5.4に対応
2024.06.21
Niantic、Web上で3D/XRコンテンツを制作できるビジュアルエディター「Niantic Studio」パブリックベータ版を無料リリース。3Dスキャンアプリ「Scaniverse」も更新
2024.06.19

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!