ヒットエフェクト、ヒットストップ、ノックバックなど。ゲームの「ヒット演出」代表10選を、実例動画付きでトイロジックが紹介

2024.02.13
ニュースゲームづくりの知識
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • トイロジックが『【実例付き】「ヒット演出」代表10選』と題した記事を公開
  • ヒットエフェクト、ヒットストップ、ノックバックなど、ヒット演出を10項目に分けて紹介
  • 各項目のほぼすべてに実例動画が用意され、ヒット演出の見た目や効果などを確認しやすい

トイロジックは2024年2月9日(金)、自社の開発ブログにて、『【実例付き】「ヒット演出」代表10選』と題した記事を公開しました。

同記事では、「ダメージを与えた手ごたえ」を気持ちよく・分かりやすく伝えるヒット演出を紹介しています。執筆者は、NieR Replicant ver.1.22474487139…』の開発ディレクターなどを務めた伊藤 佐樹氏。

(画像はブログより引用)

伊藤氏は代表的なヒット演出を10項目に分類し、ほぼすべてのヒット演出について実例動画付きで効果・役割を紹介しています。なお、実例動画には、トイロジックが開発した『NieR Replicant ver.1.22474487139…』や『Warlander』などが使われています。

分類された10のヒット演出は以下の通り。

  1. ヒットエフェクト
  2. ヒットSE、ボイス
  3. ヒットストップ(スローモー)
  4. ダメージモーション
  5. ノックバック
  6. モデルシェイク
  7. カメラシェイク
  8. ダメージフラッシュ
  9. フォースフィードバック
  10. その他の画面効果

「ヒットエフェクト」の役割は、「気持ちいい手ごたえの演出」「威力の強弱の表現」「(斬撃、刺突など)攻撃特徴の表現」などであるといいます。

ヒットエフェクトを派手にしたときの対処として、「敵モデルに埋まらないよう、エフェクトは必ず手前に描画する」といった手法も紹介。ただし、「何よりも気持ちいいことが大事」であり、地味になってしまうよりは派手に演出したほうがよいと記事で語られています。

ほかにも、ヒット時に画面を停止・スローにする「ヒットストップ」など、項目ごとにメリットや使い方などが紹介されています。

詳細は、こちらをご確認ください。

【実例付き】「ヒット演出」代表10選

関連記事

7/14日(日)開催の「東京ゲームダンジョン外伝 supported by note」、要事前申込の入場チケット取り扱い開始!出展者81団体の詳細も公開
2024.06.14
Unity Technologies、初心者から上級者まで幅広くカバーしたアニメーションの電子書籍を無料で公開。Blenderからのインポート、AIナビゲーションなど解説
2024.06.14
フォートナイトとUEFNがv30.10にアップデート。従来のアクターとは異なるオブジェクト構成システム「Scene Graph」が実験的機能として導入
2024.06.14
グラフィクスエンジニア もんしょ氏による「シェーダコードも怖くない? UEのCustomノードで学ぶHLSL入門」講演動画・スライドを公開!
2024.06.14
株式会社ノイジークローク 坂本英城氏による「ゲームサウンドクリエイターという仕事」スライドを公開!
2024.06.14
500以上のアニメーションを同梱。UE5.4の「Motion Matching」学習に役立つサンプルプロジェクトをEpic Gamesが無料公開
2024.06.13

注目記事ランキング

2024.06.08 - 2024.06.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!