ピクシブ、『BOOTH 3Dモデルカテゴリ取引白書2024』を公開。2023年の取扱高は約31億円、注文件数・注文者数も5年連続で増加

2024.02.01
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • ピクシブが『BOOTH 3Dモデルカテゴリ取引白書2024』を公開
  • BOOTH「3Dモデル」カテゴリにおいて、2023年分も含めた取引データがまとめられている
  • 3Dモデルカテゴリの取扱高、注文件数、注文者数は、5年連続で増加している

ピクシブは2024年1月31日(水)、オウンドメディアのpixiv insideにて『BOOTH 3Dモデルカテゴリ取引白書2024』と題した記事を公開しました。

同記事では、BOOTHにおける「3Dモデル」カテゴリの取引データがまとめられています。

(画像はpixiv insideより引用)

BOOTHでの2023年の3Dモデルカテゴリ取扱高は約31億円。注文件数も約198万件と、2018年から5年連続で右肩上がりの推移を記録しています。

2023年の注文者数も増加し、約14.8万人と発表されています。

(画像はpixiv insideより引用)

(画像はpixiv insideより引用)

「3Dキャラクター」カテゴリ(いわゆるアバター)では、安いほうがよく売れるわけではなく、5,000~6,999円がボリュームゾーンであることがわかります。

また2022年と比較すると、7000円~の価格帯は比率が増え、平均注文額が上がっているとのこと。

これらのことから、3Dモデルカテゴリのファンは、商品の魅力商品を通じて得られる体験の価値を、価格よりも重視する傾向にありそうだと同記事で分析しています。

2022年と2023年の、「3Dキャラクター」カテゴリの注文件数を比較したグラフ(画像はpixiv insideより引用)

また、支出額が増加するにつれて該当ユーザーも減少する、というわけではなく、高額な支出を行うユーザーも多数いることがわかります。

同記事では「特に年間支出額が高額帯のユーザー数が2022に比べて増えていて、カテゴリに対する熱量の高さ、魅力の底知れなさが感じられます。」と述べられています。

2022年と2023年の年間支出額とユーザー数を比較したグラフ。年間100,000円以上支出するユーザーは約8,300人(画像はpixiv insideより引用)

記事後半では、2022年12月にリリースされたギフト機能の活用状況なども紹介されています。

記事の詳細は、こちらをご確認ください。

BOOTH 3Dモデルカテゴリ取引白書2024

関連記事

Unreal Engine 5.4.3がリリース。Mac向けにパッケージ化する際に起こるエラーの修正や、BaseDeviceProfiles.iniの2024年発売のiPadへの対応など
2024.07.17
税込5万円以下でMini LED・量子ドットを採用した「Xiaomi Mini LED ゲーミングモニター G Pro 27i」、7/25(木)に発売
2024.07.16
インディーゲームの大規模テストプレイプラットフォーム「G.Round」の日本語対応が進行中。日本からのテストプレイヤーやデベロッパーを募集
2024.07.12
Godot Engineを採用した「RPG Maker」シリーズ最新の2Dアクションゲーム制作ツール『ACTION GAME MAKER』が、2025年リリースを目指し開発中
2024.07.12
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲームのボイス制作全般を担う新たな分野「ボイスデザイン」とは。Audiokineticのブログで解説記事が公開
2024.07.11

注目記事ランキング

2024.07.10 - 2024.07.17
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ラグドール(Rag Doll)
ラグドール ぬいぐるみを意味する英語。 ゲームにおける、キャラクターの全身が脱力したかのような挙動を行う物理シミュレーション。ラグドール物理。 例えば、上空からの落下やキャラクターが死亡した際に用いられる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!