Steam、生成AIを使ったゲームの大半がリリース可能に。ただし、「必要に応じて今回の決定を再検討する予定」とも公表

2024.01.11
ニュースAI
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Valve、Steamにおける「生成AIを使ったゲーム」の取り扱い方法を変更
  • 開発者へのリリース前アンケートと、それによる審査方法を更新し、大半のゲームのリリースを許可
  • 生成AIの使用箇所により、「事前生成」「ライブ生成」の2カテゴリーで扱われる

Valveは2024年1月10日、Steamにおける、生成AIを使用したゲームの取り扱いを変更すると発表しました。

新たな審査方法を導入したことにより、開発者がアンケートに適切に回答することで、開発中やゲーム内に生成AIを使用した多くのゲームのリリースが可能となります。

Steam公式サイトのスクリーンショット)

今回、開発者がゲームをSteamに提出する際のコンテンツアンケートの内容を更新し、ゲーム内のAI技術の使用について「事前生成」「ライブ生成」の2カテゴリーに分けて取り扱うことをValveは表明しました。

事前生成」は、開発中にAIツールを使用して作成された、あらゆる種類のコンテンツ(アートやコード、サウンドなど)が対象。開発者は、ゲーム内に権利を侵害するコンテンツが含まれないことや、ゲームが当該マーケティング素材と一致していることを約束する必要があります。

ライブ生成」は、ゲームの実行中にAIツールを使用して作成されるコンテンツが対象。事前生成の場合と同じルールに従う必要があるほか、AIが違法なコンテンツを生成しないためにどのような対策を講じているかを記入する必要があります。

(ニュース『Steam上のAIコンテンツについて』の一部スクリーンショット)

Valveはこれらの開示情報について、ゲームリリース前の審査に用いるほか、ゲーム内でAIがどのように利用されているかをユーザーが理解できるよう、情報の多くをSteamストアページにも掲載すると述べています。

また、ライブ生成AIコンテンツにおいては、ゲーム内に違法なコンテンツが発見された際にプレイヤーが報告できるよう、ゲーム内オーバーレイから簡単にレポートを提出できる新たなシステムもリリースします。

Valveは、本件に関して今しばらく検討が必要であること、AIに関する法律の整備状況などから、今後も必要に応じて今回の決定を再検討する予定であると述べています。

詳細は、Steam公式ニュースをご確認ください。

Steam上のAIコンテンツについて

関連記事

スクウェア・エニックスのAI開発陣によるゲームAIの解説書『スクウェア・エニックスのAI』、ボーンデジタルより7/30(火)に発売予定
2024.07.02
NVIDIA、AIがゲームプレイをサポートする「Project G-Assist」を発表
2024.06.03
「次世代のAI PC」向けアプリの開発キット「Snapdragon Dev Kit for Windows」、Microsoft Buildで発表
2024.05.22
AI活用の最適化を掲げる「Copilot+ PC」、Microsoftが発表。行動履歴から目的の情報を探し出せる「Recall」などを利用可能
2024.05.21
Unity上でセリフの音声合成ができる「A.I.VOICE for GAMES」でリップシンクが可能に。キャラの口がセリフに合わせて自然に動く
2024.04.26
AIはイテレーションを回すために活用すべし!中割りの生成やリアルなエフェクトのアニメ調変換など、エフェクト制作へのAI活用を模索したR&Dの苦労と展望をインタビュー【CAGC2024】
2024.04.16

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!