Firebase App Distributionの導入を解説する記事がジークレストの開発者ブログにて公開。アプリケーションをテスターに配布するためのプラットフォーム

2023.12.22
ニュースツール紹介
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • ジークレストの開発者ブログにて、Firebase App Distributionの導入についての解説記事が公開
  • アプリケーションをテスターに配布するためのプラットフォーム
  • 導入方法の説明のほか、通常手段に不具合が起きた際の代替策の重要性も説く

ジークレストの開発者ブログ「GCREST DEVELOPERS BLOG」にて、『Firebase App Distributionのプロジェクトへの導入について』と題した記事が公開されました。

画像は当該記事より引用

この記事はアプリケーションをテスターに配布するためのプラットフォーム『Firebase App Distribution』の導入についての解説したもので、ジークレストのゲームクライアントエンジニア 叶氏が執筆しています。

ジークレストが手掛けるスマホゲーム『夢職人と忘れじの黒い妖精』(以下、『ゆめくろ』)では、開発中のアプリを社内配布するためにMicrosoftApp Centerを使用しています。

App Centerは、ビルド済みの成果物をアップロードすることで、各テスターがアプリをダウンロードし、開発中のアプリを確認することができるというプラットフォームです。サービス自体は便利ですが、度々障害が発生することが問題になっていたそうです。

月に4回のペースで障害が発生し、中には解決までに数日かかるケースも(画像は当該記事より引用)

そこで『ゆめくろ』開発チームでは、App Centerに長期の障害が発生した際の代替手段として他のアプリ配布サービスを検討し、Firebase App Distributionを導入することになりました。記事本文では、Firebase App Distributionの採択理由と他アプリとの比較が語られています。

記事では、Firebase App Distributionの導入方法についても解説。『ゆめくろ』の開発現場では既存のJenkinsビルドジョブがシェルスクリプトで記述されているため、CLIを用いた導入方法が説明されています。さらに、導入後のFirebase App Distributionにアップロードされたアプリをどのようにダウンロードするかのワークフローについて、画像付きで詳細に解説されています。

画像は当該記事より引用

記事の最後では、Firebase App Distributionに限らず、メインとなるアプリ配布手段とは別の手段やワークフローを整えておくことで、いざというときにスムーズに開発を継続できるとまとめています。記事本文はこちらをご確認ください。

Firebase App Distributionのプロジェクトへの導入について - GCREST DEVELOPERS BLOGFirebase App Distribution | Firebase ドキュメント

関連記事

7/14日(日)開催の「東京ゲームダンジョン外伝 supported by note」、要事前申込の入場チケット取り扱い開始!出展者81団体の詳細も公開
2024.06.14
Unity Technologies、初心者から上級者まで幅広くカバーしたアニメーションの電子書籍を無料で公開。Blenderからのインポート、AIナビゲーションなど解説
2024.06.14
フォートナイトとUEFNがv30.10にアップデート。従来のアクターとは異なるオブジェクト構成システム「Scene Graph」が実験的機能として導入
2024.06.14
グラフィクスエンジニア もんしょ氏による「シェーダコードも怖くない? UEのCustomノードで学ぶHLSL入門」講演動画・スライドを公開!
2024.06.14
株式会社ノイジークローク 坂本英城氏による「ゲームサウンドクリエイターという仕事」スライドを公開!
2024.06.14
500以上のアニメーションを同梱。UE5.4の「Motion Matching」学習に役立つサンプルプロジェクトをEpic Gamesが無料公開
2024.06.13

注目記事ランキング

2024.06.09 - 2024.06.16
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マーケットプレイス(Market Place)
マーケットプレイス
  1. インターネット上で売買を行う仕組みやウェブサイト自体を示す。
  2. Epic Games LauncherやアンリアルエンジンのWebサイトからアクセスできる、アンリアルエンジン用のオンラインストア。アセットやプラグインなどの販売・購入が可能。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!