スタンドアロンヘッドセットに最適化された『VIVEトラッカー(Ultimate)』発売。2台の広角カメラを搭載し、ベースステーションなしでのトラッキングを実現

2023.12.01
ニュースVR・AR・MR
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • VRトラッカー『VIVEトラッカー(Ultimate)』発売
  • 自身で位置が認識できるようになり、ベースステーションが不要に
  • 価格は31,000円(税込)

2023年11月29日(金)、HTC NIPPONはスタンドアロンデバイス向けのVRトラッカー『VIVEトラッカー(Ultimate)』を発表・発売しました。価格は31,000円(税込)。

3台のVIVEトラッカー(Ultimate)と1台のVIVEワイヤレスドングルを1つにした『VIVEトラッカー(Ultimate) 3+1 セット』の価格は91,900円(税込)です。

(画像はプレスリリースより引用)

VIVEトラッカーは、道具や身体に装着することで動きをトラッキングする端末です。今回発売されたVIVEトラッカー(Ultimate)は2台の広角カメラを搭載し、インサイドアウト方式による6DoFのトラッキングに対応。

外部機器に頼らずトラッカーが自身の位置をトラッキングできるため、従来のVIVEトラッカーが必要としていたベースステーションが不要です。代わりに、ヘッドセットとVIVEワイヤレスドングルを接続することでペアリングします。

ヘッドセット1台につき最大5台のVIVEトラッカー(Ultimate)をペアリング可能。5台接続することで、コントローラーを使わないフルボディトラッキングを実現します。

(画像は公式サイトより引用)

発表時点ではスタンドアロンヘッドセット「VIVE XR Elite」をサポートするほか、「VIVE Focus 3」にも対応予定。ほかのスタンドアロンヘッドセットやPC VRヘッドセットへのサポートは計画中としています。

SteamVRへの接続サポートは、数週間後にベータ版として提供される予定。SteamVRへの依存を解消し、ヘッドセットが存在しない状態での動作も視野に入れているとのこと。

PCからコンテンツをストリーミングするVIVE Streamingにも対応予定です。従来のVIVEトラッカーが動作するPCコンテンツとは互換性があります。

(画像はプレスリリースより引用)

トラッカーの着脱にはクイックリリース方式を採用。より強固に取り付けできるねじ込み式マウントがオプションとして用意されています。

(動画は公式サイトより引用)

VIVEトラッカー(Ultimate)の製品概要は以下の通りです。

重量 94g
バッテリー駆動時間 最大7時間
通信 2.4GHzおよび5GHz Wi-Fi
動作距離 最大10メートル
トラッキング方式 6DoFインサイドアウトトラッキング

公式ドキュメントでは、開発者向けに製品ガイドラインが公開されています。製品ガイドラインはこちら、製品公式サイトはこちらをご確認ください。

VIVEトラッカー(Ultimate)|HTC VIVE 公式サイトプレスリリース

 

以下、プレスリリースからの引用です。

 


 

HTC NIPPON株式会社は2023年11月29日に、新しいVIVEトラッカー(Ultimate)を発表及び発売を開始いたしました。VIVEトラッカー(Ultimate)はXR体験における互換性、実用性、表現力を次のレベルに引き上げます。ゲーミング、スポーツトレーニング、モーションキャプチャー、産業用途など、VIVEトラッカー(Ultimate)はあらゆる用途でご利用いただけます。

VIVEトラッカー(Ultimate)はコンパクトでマルチな用途にお使いいただける、「セルフトラッキング」を搭載。HTC VIVEのスタンドアロンヘッドセットVIVE XR EliteやVIVE Focus 3(今後対応予定)に最適化されており、OpenXR、SteamVRベースのPC VRセットアップへのサポートも今後提供する予定です。VIVEトラッカー(Ultimate)は、本日よりvive.comで販売開始し、また今なら期間限定のバンドルオファーをご用意いたしました。

「VIVEトラッカー(Ultimate)は、あなたのXR体験をよりリアルで没入感のあるものにし、オールインワンデバイスで精確なフルボディトラッキングを実現します」と、HTC VIVEの製品グローバルヘッドのシェーン・イーは述べています。またシェーンは「より堅牢で柔軟なトラッキングオプションを求める声に応え、これらをユーザーに提供し、創造的な活用や楽しみを見ることが大変楽しみです!」とコメント。

大人気のVIVEトラッカー3.0に続き、VIVEトラッカー(Ultimate)は、XRユーザーにさらに多様性と機能性を提供するために開発されました。VIVEトラッカー(Ultimate)は2つの広視野角カメラを使用し、3D空間内での自己位置を正確にトラッキングします。これにより、外部トラッキングソリューション(ベースステーションなど)不要で、VIVE XR Eliteなどのスタンドアロンヘッドセットと連携します。

ヘッドセットあたり最大5台のVIVEトラッカー(Ultimate)を同時に使用でき、優れたマルチポイントフルボディトラッキングを実現します。また、VIVEトラッカー(Ultimate)はPC VRストリーミングに対応する予定で、既存のVIVEトラッカー対応PCコンテンツとの互換性もあります。

「技術デモ用VIVEアルティメット・トラッカーSKILLSHOT(by Rezzil)は、フット・トラッキングに画期的な変化をもたらします。エリートアスリートからカジュアルゲーマーまで、非常に汎用性が高く、どこにでも簡単に設置できます。好意的な評価と合理化されたフライト・チェックイン・プロセスは、私たちにとって世界的な可能性の証です。」 – アダム・ディッキンソン、Rezzil共同設立者兼ディレクター

VIVE XR Eliteは、VIVEトラッカー(Ultimate)にフルボディトラッキングサポートを備えたネイティブVRChatアプリのローンチも予定されており、これはスタンドアロンXRデバイスでは初となります。VIVE XR Elite用VRChatは12月にVIVEPORTでリリースされます。

多様性に富んだVIVEトラッカー(Ultimate)は、標準の1/4インチ-20 UNCマウントを使用し、ポゴピンインターフェースを備え、多様なオブジェクトに取り付け可能です。これにより、映画やゲームのモーションキャプチャー、業界特有のVRトレーニング用オブジェクト、VRChatでのダンスなど、多くのユースケースが可能になります。VIVEは、開発者向けドキュメントと3D CADファイルを公開し、ユーザーが独自のカスタムマウントを設計できるようにします。

「VIVEの新しいスタンドアロントラッカーは、フルボディトラッキングと追加の周辺機器で、次世代のVR体験を提供します。センサー不要、一日中使用可能、クイックスワップデザインで、私たちのユースケースを大幅に拡大します」と、HOLOGATEのCEO兼創業者ライフ・ペテルセン氏は述べています。

VIVEはVIVEトラッカー(Ultimate)のロードマップでは、将来的にはSteamVRと完全に独立して動作し、ヘッドセットが存在しない状態で人や物の動きをトラッキングできるようになる予定です。これは特に、幅広い機器や小道具をトラッキングする必要がある産業用途においては多くの活用シーンが見出せます。SteamVRへの接続サポートは、今後数週間でベータ版として提供される予定です。

「Dance DashでのVIVEトラッカー(Ultimate)は、VRが約束していた夢をついに実現します。完全に没入型のゲームプレイで、鮮やかな仮想世界でのフルボディ体験、完全に無線化。快適なトラッカーストラップに取り付け、デジタルセルフを体現し、頭と手だけの存在を超え、想像を超える新しい方法でリズムに合わせて動きます」と、Rebuff Realityの創設者兼CEOジョー・シャケットーノ氏は述べています。

VIVEトラッカー(Ultimate)の概要スペック

重量:94g
バッテリー駆動時間:最大7時間
通信:2.4GHzおよび5GHz Wi-Fi、動作距離は最大10メートル
トラッキング方式:6DoFインサイドアウトトラッキング

日本での、VIVEトラッカー(Ultimate)の1台のメーカー希望小売価格は31,000円(税込)となります。

詳細はvive.comでご確認いただけます。

期間限定バンドルオファー

1.VIVE XR Eliteオーナー割引:すでにXR Eliteをご購入いただいた方向けの特別割引となります。指定ウェブサイト(https://www.vive.com/jp/2023-vive-ultimate-tracker-coupon/)よりお持ちのVIVE XR Eliteのシリアルナンバーを入力し送信することでVIVEトラッカー(Ultimate)3+1 + VIVEトラッカー(Ultimate)用ストラップセットがメーカー希望希望小売価格:91,900円から15,500円の割引が適用され、76,400円(税込)でお得にご購入いただく事が可能です。この機会をお見逃しなく!

2.VIVEトラッカー(Ultimate)3+1セット、メーカー希望小売価格 91,900円(税込):今なら、3台のVIVEトラッカー(Ultimate)、1台のVIVEワイヤレスドングルにVRゲームDance Dashダウンロードキー(一回分)とVIVEトラッカー(Ultimate)用ストラップセットが付いてくる!

3.VIVE XR EliteおよびVIVEトラッカー(Ultimate)バンドル、240,000円(税込):今ならこの価格で、VIVE XR Eliteヘッドセット、3台のVIVEトラッカー(Ultimate)、1台のVIVEワイヤレスドングル、VRゲームDance Dashダウンロードキー(一回分)、VIVEトラッカー(Ultimate)用ストラップが含まれるお買い得なセットです!

*VIVEトラッカー(Ultimate)はヘッドセットに接続するためにVIVEワイヤレスドングルが必要で、上記のバンドルに含まれています。VIVEトラッカー(Ultimate)の単体購入にはVIVEワイヤレスドングルは含まれておらず、vive.comで別途購入可能です。
** 詳細はvive.comをご覧ください。

今後の販売チャネルについて

販売チャネル及び販売店については順次拡大してまいります。

HTC VIVE®について

HTC VIVE®は、企業や消費者に真のVR体験を届ける最高のVRプラットフォームとエコシステムです。VIVEエコシステムは、プレミアムVRハードウェア、ソフトウェア、コンテンツを中心に構築されています。VIVEビジネスには、クラス最高のXRハードウェア、VIVEPORTプラットフォーム、アプリストアが含まれます。ビジネス顧客向けのVIVEエンタープライズソリューション、ビジネスアクセラレータであるVIVE X、VIVE STUDIOS、エンターテイメント、ゲーム、エンタープライズコンテンツスタジオ、そして文化的なイニシアティブであるVIVE ARTSなどがあります。VIVEの詳細については、https://www.vive.com/jp/ をご覧ください。

関連記事

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、Apple Vision Pro向けOS「visionOS」サポート開始を発表。有料プランユーザーがUnity 2022 LTS以降のバージョンで利用可能に
2024.02.02
「Apple Vision Proデベロッパの事例とQ&A」、Appleが公開。visionOSアプリの開発チームの紹介や、Q&Aページを集約
2024.01.31
「mocopi」のトークライブで、1月18日リリースのVer2.0.0の内容発表。VR機器併用時のトラッキング精度の改善や配信時などに適した上半身集中モードを実装予定
2024.01.15
NianticのUnity向けAR開発ツール「Lightship ARDK」が3.0にアップデート。VPS導入により、現実で近くにいるプレイヤー同士によるマルチプレイに対応
2023.11.03
MR機能を強化したヘッドセット「Meta Quest 3」が10/10に発売。12月には「Xbox Cloud Gaming」への対応も
2023.09.28
Google、AR ゲーム『スペースインベーダー ワールドディフェンス』におけるARCore Geospatial APIやStreetscape Geometry APIの活用例などを紹介
2023.09.08

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
18
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!