Wonder Studio、「Maya」「Blender」向けの新たなアドオンを導入。3Dモデルデータの互換性をローカル環境で検証

2023.11.17
ニュース3DCGAIBlenderMaya
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 「Wonder Studio」が3DCG作成ソフト「Maya」「Blender」用の検証アドオンを導入
  • 検証アドオンは「Maya」「Blender」の3Dモデルデータの互換性を確認できる
  • 「Wonder Studio」で使う際のMayaの命名規則の要件も緩和

Wonder Dynamicsは2023年11月8日、Wonder Studio用の新たな検証アドオンをリリースしました。これはWonder Studioにおける「Maya」および「Blender」の3Dモデルデータの互換性を検証することを主な目的としています。

Wonder Studio』は、撮影した実写の映像から人物を検出して、背景や指定した3DCGキャラクターに置き換えられるWebベースのAIツールです。

3DCGキャラクターには、モーションキャプチャーによる身体や表情のアニメーションが反映されるほか、背景に基づくライティングが適用されます。加えて、人物にはタグ付けがされ、シーンが変わっても人物と対応するキャラクターが正しく置き換えられます。

関連記事
実写映像の人物を3DCGキャラクターに置き換えるWebサービス『Wonder Studio』が誰でも使えるように。無料で試用可能
2023.07.04

「Wonder Studio」ホーム画面。アカウントがあれば無料で試用可能(画像は公式サイトより引用)

このアドオンでは、3DモデルのWonder Studioとの互換性を、ローカル環境で検証することができます。同時に、命名規則に関する要件が緩和され、Maya製の3Dモデルが扱いやすくなりました。

また、Wonder StudioでMaya・Blenderそれぞれの3Dモデルを使うためのチュートリアル動画が個別に用意されています。こちらはWonder DynamicsのYouTubeチャンネルにて確認が可能です。

YouTube動画『Character Creation Tutorial – Maya Add-On』

YouTube動画『Character Creation Tutorial – Blender Add-On』

詳しい情報は、リリースノートおよびWonder DynamicsのYouTubeチャンネルをご確認ください。

リリースノートWonder DynamicsのYouTubeチャンネル「Wonder Studio」公式サイト

関連記事

効率的なリギングやアニメーション制作をサポート。無料で使えるMaya用フレームワーク「eST3」をポリゴン・ピクチュアズがリリース
2024.05.27
オープンワールドアクションRPG『鳴潮』開発者インタビューをEpic Gamesが公開。精細な昼夜表現やキャラクターのグラデーション表現を実現した方法などを解説
2024.05.23
「次世代のAI PC」向けアプリの開発キット「Snapdragon Dev Kit for Windows」、Microsoft Buildで発表
2024.05.22
AI活用の最適化を掲げる「Copilot+ PC」、Microsoftが発表。行動履歴から目的の情報を探し出せる「Recall」などを利用可能
2024.05.21
Adobeの「Substance 3D Modeler」のバージョン1.10.50がパブリックベータに。ブーリアンを使った非破壊プリミティブやオブジェクトのアウトライン管理が可能に
2024.05.20
『NieR Replicant ver.1.22474487139…』におけるHoudiniの活用事例、トイロジックがブログで紹介。UVスクロールで複雑なエフェクトを作成
2024.05.13

注目記事ランキング

2024.05.23 - 2024.05.30
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ビヘイビアツリー(Behavior Tree)
ビヘイビアツリー AIの思考、行動をツリー状の構造図で定義したもの。およびそのシステム。挙動の優先順位や条件を定義していくことにより、複雑なAI挙動をシンプルに実現できる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!