フォトグラメトリソフト「RealityCapture」バージョン1.3がリリース。モデルの再構築速度が最大2倍、テクスチャリング速度が最大3倍高速化

2023.11.17
ニュース3DCG
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 『RealityCapture』の最新バージョン1.3がリリース
  • モデルの再構築やテクスチャリング処理が高速化
  • Niraへのモデルのアップロードを新たにサポートする

2023年11月7日(現地時間)、Epic Gamesの子会社であるCapturing Realityは、「RealityCapture」の最新バージョン『RealityCapture 1.3』をリリースしました。

RealityCapture 1.3の紹介動画

RealityCaptureは、写真から3Dモデルを作り出すフォトグラメトリ(※)ソフトです。
※ さまざまな角度から撮影した物体の写真から、立体的な3Dモデルを生成する技術

今回のアップデートで、従来よりモデルの再構築速度が最大2倍テクスチャリング速度は最大3倍高速化しました。

モデル再構築(左)とテクスチャリング(右)の様子。どちらも従来(各画像左)よりバージョン1.3(各画像右)の方が早く処理を完了している(画像は、動画『RealityCapture 1.3』より引用)

また、UVのアンラップに、モザイクベースの新たな手法が実験的に導入されています。フォトグラメトリで生成される3Dモデルには、多数のUVアイランド(※)が作られる傾向にあります。
※ 辺で接続された頂点のひとかたまり

新しい手法では、生成されるUVアイランドが従来より少なくなり、最適化されました。加えて、テクスチャリング処理にも同様の手法が適用されており、モデルのディテールの精度が向上しています。

画像は、YouTube動画『RealityCapture 1.3』より引用

また、アセット管理プラットフォーム「Nira」へのモデルのアップロードに対応しました。Niraは、3Dアセットをリアルタイムでレンダリングし、スマートフォンなどを含むさまざまなデバイス上で確認できるプラットフォームです。

Niraを使用することで、RealityCaptureで生成したモデルの編集・確認フローをより柔軟に行えます。

Niraにアップロードされた、地下鉄駅ホームのモデル(画像は、YouTube動画『RealityCapture 1.3』より引用)

そのほか、バグの修正や安定性の向上が行われています。

詳しくは、公式サイトおよびリリースノートをご確認ください。

『RealityCapture 1.3 is now available』RealityCapture 1.3 リリースノート

関連記事

Blender4.2 LTSのベータ版がリリース。EEVEEの改善やレンダリングの強化による主要な既存機能の変更をピックアップ
2024.06.12
「Substance 3D Modeler」が1.11にアップデート。シーン内オブジェクトの管理に役立つScene Outlinerや、指定オブジェクトだけエクスポートできる機能が正式に追加
2024.06.12
業界のプロも薦めるゲームクリエイター向けの書籍28冊を一挙紹介!【プログラミングからプロデュースまで】
2024.06.04
Adobe、「Substance 3D Painter 10」の新機能を公式ブログで紹介。Illustratorとの連携、Python APIによるレイヤースタックの制御など搭載
2024.05.30
効率的なリギングやアニメーション制作をサポート。無料で使えるMaya用フレームワーク「eST3」をポリゴン・ピクチュアズがリリース
2024.05.27
オープンワールドアクションRPG『鳴潮』開発者インタビューをEpic Gamesが公開。精細な昼夜表現やキャラクターのグラデーション表現を実現した方法などを解説
2024.05.23

注目記事ランキング

2024.06.09 - 2024.06.16
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マーケットプレイス(Market Place)
マーケットプレイス
  1. インターネット上で売買を行う仕組みやウェブサイト自体を示す。
  2. Epic Games LauncherやアンリアルエンジンのWebサイトからアクセスできる、アンリアルエンジン用のオンラインストア。アセットやプラグインなどの販売・購入が可能。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!