12/17(日)開催のインディーゲーム開発者向けカンファレンス『Indie Developers Conference 2023』、チケット販売開始。来場者は開発中のゲームを持ち込み可能

2023.11.06
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 2023年12月17日(日)開催の『Indie Developers Conference  2023』、チケットが販売中
  • 成功事例・失敗事例で得た知見を相互に持ち寄り、必要な情報を提供するカンファレンスを目指している
  • 来場者は自身の作品を持ち込み、インディーゲームパブリッシャーに紹介することもできる

2023年11月2日(木)、Indie Developers Conference 実行委員会はインディーゲーム開発者向けカンファレンス『Indie Developers Conference  2023』のチケット販売を、Peatix上で開始しました。チケット価格は2,000円(税込)。

『Indie Developers Conference 2023』は、12月17日(日)に東京・新橋のAP新橋3階にて開催されるカンファレンスです。

実際にゲームを開発しているすべてのインディーゲーム開発者を対象としており、成功事例・失敗事例で得た知見を相互に持ち寄り、必要な情報を提供するカンファレンスを目指すとしています。

カンファレンスでは、インディーゲームの開発活動に関わる技術的知見、マーケティングやパブリッシング、リリース後の対応に至るまで、開発者が必要とするノウハウをテーマにした講演が実施されます。

1年半でNeverAwakeを完成させるための技術習得と、各プラットフォーム対応の振り返り(仮)

登壇者:『NeverAwake』佐渡大志

『PICO PARK』で見る協力プレイの形

登壇者:『PICOPARK』三宅俊輔

全10~12講演が予定されており、Peatixで講演情報を確認できます。また、一部のスポンサーシップセッションはYouTubeにて無料で配信されるとのこと。

関連記事
インディーゲーム開発者対象のカンファレンス『Indie Developers Conference 2023』が12/17(日)に開催決定。『ローグウィズデッド』kohei氏や『グノーシア』プロデューサー川勝氏など登壇
2023.10.06

なお、『Indie Developers Conference 2023』に来場するゲーム開発者の方々には、開発しているゲームを持ち込むことが推奨されています。

スマートフォンやノートPCなどで自身の作品を持ち込み、参加者同士の交流に活用可能。スポンサーのほか、来場するインディーゲームパブリッシャーに自身の開発中ゲームを紹介することもできます。

持ち込みにおける注意事項を含む、『Indie Developers Conference 2023』の詳細情報は、こちらをご確認ください。

『Indie Developers Conference 2023』 チケット販売ページ『Indie Developers Conference 2023』 公式X

関連記事

Unity開発者向け技術カンファレンス「U/Day Tokyo 2024」、7/1(月)に渋谷で開催。Unity 6の展望や最新サービスの紹介など、9講演が実施予定
2024.05.29
リリース済の2Dランアクション作品をベースにゲームづくり。「GameMaker」用テンプレート『Super Chicken Jumper』が無料公開
2024.05.29
Googleマップの地理情報をもとにリアルな3Dマップを作成可能。Google Maps JavaScript APIの新機能「Photorealistic 3D Maps」、試験運用開始
2024.05.28
静音性を高めた磁気スイッチを採用。エレコム、75%サイズのキーボード「VK720A」シリーズの予約販売を開始
2024.05.28
フォートナイトとUEFNがv30.00へ大規模アップデート。使用できるフォートナイトキャラクターが800以上になったほか、UEFNのプロファイル機能などが追加に
2024.05.27
効率的なリギングやアニメーション制作をサポート。無料で使えるMaya用フレームワーク「eST3」をポリゴン・ピクチュアズがリリース
2024.05.27

注目記事ランキング

2024.05.23 - 2024.05.30
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ビヘイビアツリー(Behavior Tree)
ビヘイビアツリー AIの思考、行動をツリー状の構造図で定義したもの。およびそのシステム。挙動の優先順位や条件を定義していくことにより、複雑なAI挙動をシンプルに実現できる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!