基調講演は『アーマード・コア6』が取り上げられる。『CEDEC+KYUSHU 2023』の講演やインディーゲーム展示コーナーの情報が更新

2023.10.25
CEDECニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • ゲーム開発者向けカンファレンス『CEDEC+KYUSHU 2023』の基調講演の詳細が公開された
  • 講演名は「既存IPシリーズのリブートにおける再定義とARMORED CORE VI FIRES OF RUBICONのポジショニング」
  • 「インディーゲームコーナー」の展示作品一覧も

CEDEC+KYUSHU 2023 実行委員会は、2023年11月25日(土)に開催するCEDEC+KYUSHU 2023の基調講演の詳細や、「インディーゲームコーナー」の出展情報を公開しました。

『CEDEC+KYUSHU 2023』は、九州産業大学で開催されるゲーム開発者向けのカンファレンスです。

関連記事
『CEDEC+KYUSHU 2023』、11/25(土)に開催!今回は高校生以下の現地参加が無料に
2023.06.05

基調講演はフロム・ソフトウェアの小倉 康敬氏が登壇

フロム・ソフトウェアARMORED CORE VI FIRES OF RUBICONプロデューサー 小倉 康敬氏による基調講演の内容が発表されました。

講演タイトルは「既存IPシリーズのリブートにおける再定義とARMORED CORE VI FIRES OF RUBICONのポジショニング約10年ぶりの『アーマード・コア』シリーズ最新作の企画立案から開発過程で検討されたポイントと、最新作におけるポジショニングについて解説されます。

(画像は公式サイトより引用)

その他のセッション情報は、こちらから確認できます。

「インディーゲームコーナー」の展示作品一覧が公開

『CEDEC+KYUSHU 2023』では、インディーゲームを体験できる「インディーゲームコーナー」が会場内に開設されます。

このたび、専用ページではSoftfunkHulabreaks『Wonder Tower』や、WSS playgroundレーベルのライムの森で待つなど、展示される22作品の情報が公開されました。

SoftfunkHulabreaksの『Wonder Tower』。シングルタップで塔をジャンプで登るアクションRPG(画像は『CEDEC+KYUSHU 2023』公式サイトより引用)

WSS playgroundレーベルの『ライムの森で待つ』。秘密を抱えた死体や背教的なタブーを乗り越えながら犯人を探す、ポイント&クリック形式のサスペンスADVゲーム(画像は『CEDEC+KYUSHU 2023』公式サイトより引用)

せをはやみの『百獣エスケープ』。総勢100匹の動物たちと協力し、謎の施設から脱出するアクションアドベンチャー(画像は『CEDEC+KYUSHU 2023』公式サイトより引用)

MercuryStudioの『BREAK ARTS III』。自分だけのマシンを作り、数々の競技に挑むアクションゲーム(画像は『CEDEC+KYUSHU 2023』公式サイトより引用)

『CEDEC+KYUSHU 2023』の詳細は、公式サイトをご確認ください。

『CEDEC+KYUSHU 2023』公式サイト

関連記事

KADOKAWA、ゲーム著作物の利用に関して任天堂・カプコンとの「包括的許諾契約」の締結を発表。法人所属のクリエイターも、条件を満たすことで収益化できるように
2023.12.01
スタンドアロンヘッドセットに最適化された『VIVEトラッカー(Ultimate)』発売。2台の広角カメラを搭載し、ベースステーションなしでのトラッキングを実現
2023.12.01
オープンソースのゲームエンジン『Godot 4.2』アップデート。GDExtensionのホットリロードに対応したほか、AMDのアップスケーリング技術「FSR 2.2」をサポート
2023.12.01
Live2D作品対象のコンテスト『Live2D Creative Awards 2023』の参加賞除く全受賞作品動画紹介。グランプリは実写とデジタルを融合した、まほうしょうじょ*★氏・sokat氏の『海と休日』に
2023.12.01
日本語によるUnity最新情報を発信する「UNITE 2023 APAC ON-AIR」配信中。Unity 6が発表された基調講演やMuseによるプロトタイプ制作など「Unite 2023」で行われた講演がピックアップ
2023.12.01
ドット絵・ドット絵アニメーション向けのペイントツール「Aseprite」、バージョン1.3がリリース。タイルマップ機能がついに正式実装。描画タイルの登録・再配置も可能に
2023.11.30

注目記事ランキング

2023.11.26 - 2023.12.03
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
3
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
10
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
13
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
16
フォートナイトとUEFNがv27.10にアップデート。プレイヤーに与える武器のマガジン内に入っている初期弾薬量を設定するオプションが追加
17
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
18
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
19
日産自動車、UEFNで作られたマップ『Electrify the World』を期間限定公開。EVコンセプトカーが登場する世界を楽しめる
20
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
21
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
23
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
24
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
25
フォートナイト上にオリジナルゲームを開発・公開できるPC専用エディタ『Unreal Editor For Fortnite(UEFN)』、ついにリリース!
26
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
30
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

リグ(Rig)
リグ 3Dモデルを動かす場合に、すべてのボーンを編集するのではなく、少ない編集箇所で直感的に動作などを付けるために作られたコントローラーやコントロールする仕組み。 またスケルトン自身をリグと呼ぶ場合もある。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!