UE向け疑似物理プラグイン「KawaiiPhysics」、カットシーン切替時などで物理の荒ぶりを防ぐ「物理の空回し( Warm Up )機能」を追加

2023.09.20
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • UE向けプラグイン「KawaiiPhysics」がv1.13.0にアップデート
  • 「物理の空回し( Warm Up )機能」とそのサンプルが追加されている
  • 同機能により、アニメーション再生時やカットシーン切替時の物理挙動が安定

2023年9月15日(金)、エピック ゲームズ ジャパンの岡田 和也氏が「KawaiiPhysics」をv1.13.0にアップデートしたことを発表しました。

KawaiiPhysicsは、岡田氏が個人開発しているUnreal Engine 4、5用(※)の疑似物理プラグインです。このプラグインは、キャラクターの髪、スカートなどの揺れものを「かんたんに」「かわいく」揺らせることを特徴としています。

※ v.1.12.0アップデート時にUnreal Engine 4のサポートは終了した

(画像はGitHubより引用)

今回のアップデートでは、アニメーション再生時やカットシーン切替時の物理の挙動を安定させる「物理の空回し( Warm Up )機能」と、そのサンプルが追加されました。

GitHubに記載されている機能の使い方、概要は以下の通り。

  • Need Warm UpがtrueかつWarm Up Frames(空回しするフレーム数)が1以上だとWarm Up処理が実行
  • 実行後、Need Warm Upはfalseになる
  • Warm Up Framesが大きいほど安定するが、物理計算の回数がその分増えるので負荷が増加
  • v1.12.0から対応したAnimNode関数からWarm Upを有効にすることも可能

(画像はGitHubより引用)

既存の「Teleport Distance (Rotation)Threshold」と「Reset Dynamics」を併用することで、さらに物理挙動の安定化が図れるとしています。

なお、本バージョンから、Reset DynamicsAnimNode関数から呼び出せるようになっているとのこと。

詳細は、こちらをご確認ください。

20230915-v1.13.0|GitHubpafuhana1213 / KawaiiPhysics|GitHub

関連記事

UE 5.4の新機能「Motion Matching」のチュートリアル記事がEpic Developer Communityで公開。キャラクターの入力状態に応じて滑らかに複数のモーションを遷移するまでを60分で
2024.05.24
オープンワールドアクションRPG『鳴潮』開発者インタビューをEpic Gamesが公開。精細な昼夜表現やキャラクターのグラデーション表現を実現した方法などを解説
2024.05.23
設定漏れも一目で分かる。おかず氏、Actor・PrimitiveComponentを条件で色分けできるUE5.4用プラグイン「Custom Actor Coloration」を公開
2024.05.14
「ゼロから始めるプロシージャル入門!」など、Epic Gamesが講演した技術セミナー「Epic Games Conference 2024」の講演資料が公開
2024.05.09
マテリアルについて知る講演、UE5.4で改良されたActor Coloration機能の解説も。UE勉強会「Unreal Engine Meetup Connect」第2回の講演資料が公開
2024.05.09
「Unreal Engine」2024年5月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!東京をイメージした環境アセットや、魚群をシミュレーションできるプラグインなど
2024.05.08

注目記事ランキング

2024.05.19 - 2024.05.26
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ワイヤーフレーム(Wire Frame)
ワイヤーフレーム
  1. 3Dモデルのエッジ情報のみを表示するレンダリング手法。ゲーム開発においては、3Dモデルやシーンのポリゴン構造を確認することに用いることが多い。
  2. UIやWebページなどのレイアウトを決めるための設計図。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!