ヘッドホンを自作するワークショップをフォステクスが開催。カスタマイズ用キット「RPKIT50」をチューニングして“理想の音”を手に入れよう

2023.07.13
ニュースサウンド
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 『プロ愛用のヘッドホンを自作改造|フォステクス本社で開催する組み立てワークショップ』が開催決定
  • エンジニアにアドバイスをもらいながら自分好みのヘッドホンを自作
  • 好きな時間、場所で自作できる「おうちで組み立て」プランも

FOSTEXは、2023年9月2日(土)、9日(土)に『プロ愛用のヘッドホンを自作改造|フォステクス本社で開催する組み立てワークショップ』を開催することを発表しました。

本ワークショップはクラウドファンディングサービス「Makuake」で展開されたプロジェクトで、開発エンジニアから直接アドバイスを受けながらヘッドホンを自作する内容となります。

画像はMakuakeページより引用

フォステクスと言えば、数多くのエンジニアが愛した名機NF-1/1Aなどスピーカー製品が有名ですが、ヘッドホンにおいても40年以上前に平面振動板の先駆者的役割を果たすRP(Regular Phase)振動板を開発しています。RP振動板を採用した最初のヘッドホン「T50」は1974年に誕⽣し、2001年には第三世代のRP振動板を搭載した 「T50RP」が発売されています。

今回の制作キットとして使用されるのは、「T50RP」と同世代のRP振動板を採用した「RPKIT50」。公開されているプランは以下の4つです。

画像はMakuakeページより引用

  • 組み立てワークショップ プレミアプラン – 44,000円
  • 組み立てワークショップ スタンダードプラン – 66,000円
  • おうちで組み立て プロフェッショナルプラン – 44,000円
  • おうちで組み立て シンプルプラン – 36,300円
    ※いずれも通常プラン価格。2023年7月13日現在、Makuakeページではそれぞれキャンペーン価格が適用されている

組み立てワークショップでは、実際にFOSTEX本社にて開発エンジニアからのアドバイスを受けながらヘッドホンを自作します。スタンダードプラン、プレミアムプランの違いは「開発エンジニアに自由に質問できるトークセッション」、「ヘッドホンの周波数データを測定する音響特性測定」の有無で、サウンドの変化を視覚的に確認したい場合は測定可能なプレミアムプランを選択する必要があります。

画像はMakuakeページより引用

おうちで組み立て」プランは、解説動画をもとに好きな時間・場所でヘッドホンを自作するプランです。ヘッドホンの組み立てには、はんだごて、プラスドライバー、ピンセットが必要になります。また、「おうちで組み立て プロフェッショナルプラン」の特典には、トークセッションは含まれますが、音響特性測定は含まれません。

画像はMakuakeページより引用

現在、早期購入者を対象に、一般販売予定価格より20~25%の割引を行うキャンペーンが行われています。詳しい作業の内容やQ&Aなどのイベント詳細はこちらをご確認ください。

プロ愛用のヘッドホンを自作改造|フォステクス本社で開催する組み立てワークショップ

関連記事

「Steam Audio」がオープンソース化。UnityやUEに統合できる、ゲームやVRアプリ用の空間オーディオツール
2024.02.22
忍者や騎士などのキャラクターに合う、レトロな効果音アセットが無料で公開中。2Dゲーム向けエンジン『GameMaker』公式サイトにて
2024.02.05
オーディオミドルウェア『Wwise』を扱うための基礎ガイドが公開。基本的なGameObjectの概念や管理ノウハウ、処理負荷などの注意点を解説
2024.01.22
カプコン製『EXOPRIMAL』では収録音声とAI合成音声をハイブリットに活用。仕様変更とイテレーションに強いワークフローと、膨大な音声の動的ミキシング手法を徹底解説【CEDEC2023】
2023.11.30
GBA版から『スカーレット・バイオレット』に至るまでの環境音の歴史に見る、“現実の生き物が存在しない”ポケモン世界のサウンドの作り方【CEDEC2023】
2023.11.09
PCゲーム『Scars Above』のオーディオ最適化方法紹介記事をAudiokineticが公開。エラー特定方法から最適化まで開発者が解説
2023.09.22

注目記事ランキング

2024.02.19 - 2024.02.26
1
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
15
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
16
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
17
フォートナイトとUEFNがv28.20にアップデート。「キーの長押しによるチャージシステムの実装」などを実現する「入力トリガーの仕掛け」が登場
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
23
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ワイヤーフレーム(Wire Frame)
ワイヤーフレーム
  1. 3Dモデルのエッジ情報のみを表示するレンダリング手法。ゲーム開発においては、3Dモデルやシーンのポリゴン構造を確認することに用いることが多い。
  2. UIやWebページなどのレイアウトを決めるための設計図。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!