PlayStation®5用アクセシビリティコントローラーキット「Access™ コントローラー」の新しい製品画像とUI画面が公開

2023.05.19
ニュースお役立ち情報周辺機器・ハードウェア
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 今までコードネーム「Project Leonardo」の名で呼ばれていたコントローラーの正式名称が「Access コントローラー」に決定
  • Access コントローラーのカスタマイズ画像が公開
  • ボタン割り当てなどを行うオプション画面も公開

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation 5用アクセシビリティコントローラーキット「Access コントローラー」の新しい製品画像とオプション画面を公開しました。

Access コントローラーは、2023年1月5日に「Project Leonardo」として発表されていた製品です。カスタマイズの自由度が高く、身体に不自由のある方でも自身の可動範囲に合わせてレイアウト変更が可能です。また、平らな場所に置いて操作する前提となっているため、長いプレイ時間となっても、ずっとコントローラーを手に持ったままでいる必要がありません。

コントローラーの方向は360度どの方向でも使用可能(画像はPlayStation.Blogより引用)

三脚やAMPSマウントに固定可能(画像はPlayStation.Blogより引用)

アナログスティックの間隔も調整可能(画像はPlayStation.Blogより引用)

3.5mm AUX端子が4つ付いている。外部スイッチやボタン、アナログスティックを接続して拡張可能(画像はPlayStation.Blogより引用)

また、好みに合わせてカスタマイズできるように、下記のコンポーネントが付属しています。

  • スティックキャップ(標準、ドーム型、ボール型)
  • さまざまな形状のボタンキャップ
    • ピローボタンキャップ
    • フラットボタンキャップ
    • ワイドフラットボタンキャップ(ボタンソケットふたつ分に覆い被さる形状)
    • オーバーハングボタンキャップ(ボタンキャップがコントローラーの中央にせり出しており、手の小さいプレイヤーも使いやすい形状)
    • カーブボタンキャップ(コントローラーの奥側に付けた場合は押す操作、手前側に付けた場合は引く操作で入力ができる形状)
  • 交換可能なボタンキャップタグ(各ボタンに割り当てた入力を簡単に判別するためのタグ)

コンポーネントは自由にカスタマイズ可能。Access コントローラーとDualSense ワイヤレスコントローラーを組み合わせ、単一の仮想コントローラーとして使用することもできる(画像はPlayStation.Blogより引用)

ハードウェア機能に関する詳細はPlayStation.BlogのProject Leonardo発表記事をご確認ください。

Access コントローラーはUIでのパーソナライズ設定も可能です。具体的には、コントローラーの使用する向きボタンの割り当て異なる入力信号のボタン割り当てなどを設定できます。また、タイトルやジャンルごとに操作設定を保存したプロファイルを作成しておくことも可能となりました。

コントローラーの向きを調整するUI(画像はPlayStation.Blogより引用)

コントローラーのボタン割り当てオプションの表示(画像はPlayStation.Blogより引用)

ボタンに割り当てる機能の選択画面(画像はPlayStation.Blogより引用)

コントローラーに割り当てたボタンのプレビュー画面(画像はPlayStation.Blogより引用)

Access コントローラーのほか、PlayStationのプロダクト開発チームとPlayStation Studiosが実施しているアクセシビリティ向上の取り組みについて紹介している動画が公開されています。

PS5『PlayStation Accessibility』

詳細は、PlayStation.Blog『PlayStation®5用アクセシビリティコントローラーキット「Access™ コントローラー」の新たな製品画像とUIを初公開!』をご確認ください。

PlayStation.Blog『PlayStation®5用アクセシビリティコントローラーキット「Access™ コントローラー」の新たな製品画像とUIを初公開!』PlayStation.Blog『PlayStation®5用アクセシビリティコントローラーキット「Project Leonardo」を発表 !』

関連記事

UnityのURPを解説した無料の公式電子書籍がアップデート。デカールや「Fullscreen Shader Graph」などのセクションを追加
2024.02.23
Valve、2023年のSteamを振り返る記事を公開。500本以上のゲームが総収益約4億5,000万円以上を記録
2024.02.23
2.4GHz無線接続&肉抜きなしで56gのゲーミングマウス「VM501」、エレコムから登場。「かぶせ持ち」「つまみ持ち」に最適化された形状を採用
2024.02.22
VRM用アニメーションファイル形式「VRMA」が正式リリース。あらゆるVRMモデルでアニメーションを共有可能
2024.02.22
「Steam Audio」がオープンソース化。UnityやUEに統合できる、ゲームやVRアプリ用の空間オーディオツール
2024.02.22
東京・吉祥寺で開催されるインディーゲームイベント『TOKYO INDIE GAMES SUMMIT 2024』、ステージプログラムなどの詳細が発表
2024.02.21

注目記事ランキング

2024.02.19 - 2024.02.26
1
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
15
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
16
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
17
フォートナイトとUEFNがv28.20にアップデート。「キーの長押しによるチャージシステムの実装」などを実現する「入力トリガーの仕掛け」が登場
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
23
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ワイヤーフレーム(Wire Frame)
ワイヤーフレーム
  1. 3Dモデルのエッジ情報のみを表示するレンダリング手法。ゲーム開発においては、3Dモデルやシーンのポリゴン構造を確認することに用いることが多い。
  2. UIやWebページなどのレイアウトを決めるための設計図。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!