Unreal Engine 5.2リリース。効率よくワールドを制作できる「プロシージャル コンテンツ生成フレームワーク」、マテリアル作成の実験機能「Substrate」が追加

2023.05.12
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Epic GamesがUnreal Engine 5.2をリリース
  • 広大なワールド制作を効率化する「プロシージャル コンテンツ生成フレームワーク」や、マテリアル作成に関する「Substrate」が登場
  • バーチャルプロダクションの強化やML デフォーマの新サンプルも追加された

Epic Gamesは、Unreal Engine 5.2.0(以下、UE5.2)をリリースしました。本リリースにはツールセットの拡張および追加機能のほか複数のバグ修正が含まれており、 Apple Siliconのネイティブサポートも追加されています。

なお、本バージョンはEpic Game Launcherからインストール可能です。

UE5.2にはプロシージャルコンテンツ生成フレームワーク(PCG)早期版が新たに追加されており、大規模なワールド制作をさらに効率的に作成できるようになるとのこと。

プロシージャル コンテンツ生成フレームワークの例。本フレームワークにはインエディタ ツールと実行時コンポーネントが含まれており、ランタイム コンポーネントはゲーム内または他のリアルタイム アプリケーション内で実行可能(画像はUnreal Engine公式ブログより引用)

また、オブジェクトのルックをより細かく制御可能なマテリアル作成に関する機能「Substrate」も追加されています。

本機能は、UE5.1では「Strata(ストラータ)」の名称で早期テスト版としてリリースされていたもの。Substrateを有効化すると、シェーディングモデルの固定スイートが表現力の高いモジュール式のフレームワークに置き換わります。

「メタル上の液体」や「クリアコート上のダスト」といったレイヤー化された表現に強みを持ちますが、UE5.2でも実験機能として位置付けられているため、実際のプロダクションでの使用は推奨されません。

Before
After

このほかにも、バーチャルプロダクション ツールセットの強化ML デフォーマ(機械学習デフォーマ)の新サンプルが追加されました。

ML デフォーマ サンプル(画像はUEマーケットプレイスから引用)

詳しい情報は、Unreal Engineの公式ブログやUE5.2の公式リリースノートをご確認ください。

Unreal Engine 5.2 リリース発表ページUnreal Engine 5.2 リリースノート

関連記事

Unreal Engine 5.4.3がリリース。Mac向けにパッケージ化する際に起こるエラーの修正や、BaseDeviceProfiles.iniの2024年発売のiPadへの対応など
2024.07.17
50代からゲーム開発を始めた第21回UE5ぷちコン最優秀賞作『ヘコむス』開発者インタビュー。約40年前の「床をヘコませてボールを転がす」アイデアをUEで実現!
2024.07.16
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲーム開発者必見のカンファレンス10選【GDC・CEDEC・Unreal Fest・U/Dayなど】
2024.07.11
「Unreal Engine」2024年7月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!何千ものポーンを制御するプラグインや、スタイライズされた環境アセットのバンドルなど
2024.07.03
クロスシミュレーションツール「Marvelous Designer」が1年間無料で使用可能。Epic Games、UEFNクリエイターに向けてライセンスを期間限定で提供中
2024.06.25

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!