エレコム、子どもが楽しく使えるキーボード 「KEY PALETTO(キーパレット)』を近日発売。かな印字なし、キーピッチ17mmなど、子どもに配慮した設計

2023.05.10
ニュース周辺機器・ハードウェア
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • エレコム、子ども向けに設計したキーボード「KEY PALETTO(キーパレット)」を発表
  • はじめてキーボードに触れる子どもに楽しく学んでもらうべく、さまざまな工夫が施されている
  • 対応OSや無線方式別に4モデルを展開

エレコムは、子どもが楽しく使えるように設計されたキーボード「KEY PALETTO(キーパレット)」を発表しました。

Windows 11・10/ChromeOSに対応したBluetoothタイプ、USB 2.4GHz無線タイプ、USB有線タイプと、iOS 16/iPadOS 16対応のBluetoothタイプによる、4モデルが展開されます。店頭実勢価格は順に4,980円、4,480円、3,780円、4,980円(いずれも税込)。

発売は5月中旬としており、Amazon.co.jpでの発売予定日は5月13日。

「KEY PALETTO」は、大阪電気通信大学の兼宗 進 副学長をはじめとした監修チームとエレコムの産学連携プロジェクトとして開発された日本語配列キーボード(84キー)。

同製品は、はじめてキーボードに触れる子どもに楽しくPCの学習に取り組んでもらうべく、さまざまな工夫が施されています。

(画像は公式サイトより引用)

本体は軽い力で打鍵できる新設計のメンブレン式を採用。キーピッチは子どもの手の大きさに合わせて、17mmとコンパクトに設計されています。

また、指の位置を覚えやすいよう、キーが色分けされています。カラーバランスにも配慮され、見分けやすい配色がされているのも特徴です。

原色に近い配色がされており、それぞれの指に対応するキーを判別しやすい(画像は公式サイトより引用)

一般的なキーボードのキーピッチは19mmのものが多いが、本製品は子どもの手に合わせて17mmに設計されている(画像は公式サイトより引用)

タイピングを覚える子どもが混乱しないよう、キートップにはローマ字入力で使う文字のみが印字されています。アルファベットは大文字・小文字どちらも印字されており、Shiftキーとの組み合わせで実際に入力される文字がわかりやすく工夫されています。

また、使用頻度や機能などによってキー形状に変化をつけ、タイプミスしにくくなる設計も施されています。

かな印字なしのキートップ(画像は公式サイトより引用)

CapsLock機能を無効化できる物理スイッチも搭載(画像は公式サイトより引用)

そのほかにも、本体に搭載されたカードスタンドに、付属のローマ字入力サポートカードを立てかけることも可能。

さらに本製品を長く使えるよう、キーの隙間に定規などを差し込みにくいキー構造や、ネジカバーを付けることで子どものいたずらにも対策されています。

本体に搭載されたカードスタンドに、付属品であるローマ字入力サポートカードなどを立てられる(画像は公式サイトより引用)

キーボード本体とキーの隙間にペンの先端が差し込まれるといったいたずらをしづらいキー構造(画像は公式サイトより引用)

詳細は、エレコムのニュースリリースをご確認ください。

エレコムと大阪電気通信大学による産学連携プロジェクト 教育現場の声をもとに、子どものパソコン学習用キーボード “KEY PALETTO(キーパレット)”を開発 KEY PALETTO 特設サイト

関連記事

Unity上でFBXからインポートした3Dモデルを、参照を残したままPrefab化する方法を紹介。「COYOTE 3DCG STUDIO」の技術ブログで解説記事が公開
2024.03.04
Adobe、USDファイルをFBXやglTFなど5つのフォーマットに変換できるプラグイン群「USD File Format Plugins」をオープンソースで公開
2024.03.01
SDFを活用した低負荷なアニメ調のシェーディングをUE5で実装。alwei氏が解説記事を公開
2024.03.01
PLATEAU、3D都市モデルを使った位置情報共有ゲームをつくるチュートリアル記事を公開。ゲームの制作から、サーバーの準備、アプリの配信まで詳細に解説
2024.03.01
「東京ゲームショウ2024」概要が発表。インディーゲームコーナーに無料でリアル出展できる「Selected Indie 80」のエントリーも開始
2024.03.01
デスク上の収納スペースを拡張。有孔ボード付き、モニターアームも設置できる「デスクEXラック」、サンコーが発売
2024.02.29

注目記事ランキング

2024.02.26 - 2024.03.04
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
8
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
11
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
17
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
19
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
24
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
26
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
27
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
28
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ローパスフィルター(Low-Path Filter)
ローパスフィルター
  1. 電気信号のうち、指定した周波数(カットオフ周波数)以下の信号を通し、それより上を大きく低減させるフィルター。
  2. ゲーム開発において、基本的にはサウンド用語として用いられる。例として、特定のセリフをローパスフィルターによってくぐもった音に加工することで、隣の部屋や遮蔽物の後ろで話しているかのような表現を行うことができる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!