インディーゲーム開発者向け支援プログラム「iGi」、第3期がスタート。選出された5チームが発表される

2023.04.19
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 「iGi indie Game incubator」第3期プログラムが開始
  • 選出された5チームとiGi特別賞が発表された
  • AudiokineticとRed Bull Gaming Sphere Tokyoが新たにiGiをサポート

    マーベラスが主催する『iGi indie Game incubator(以下、iGi)』は、応募作品の中から5チームを選出し、2023年4月14日(金)より第3期プログラムを開始したことを発表しました。

    iGiは、国内インディーゲーム開発者に向けたインキュベーションプログラムです。iGiに採択されると、開発やビジネスにおける講義形式によるセッションやトレーニングを国内外の専門家から受けられたり、開発資金が援助されたりと、さまざまなサポートが提供されます。

    今回は、エレキギターが主人公の2Dアクション『Death the Guitar』を応募したトロヤマイバッテリーズフライド、本格的な集団戦術を体験できる『タクティクスグリード』を応募したブラウザランドなど5チームが選出されています。

    『Death the Guitar』

    『タクティクスグリード』

    選出には至らなかったものの、メンターに特別に選出された『雨雫のアンブレラ』『DETECTIVE NEKKO -ディテクティブネッコ-』『Out of the World』は、「iGi特別賞」が贈られました。

    あわせて、新たにAudiokineticRed Bull Gaming Sphere TokyoがiGiのサポートに加わったことも発表されました。

    iGiの詳細は、公式サイトをご確認ください。

    『iGi indie Game incubator』 公式サイトプレスリリース

     

    以下、プレスリリースからの引用です。

     


     

    株式会社マーベラス(代表取締役社長:佐藤 澄宣/所在地:東京都品川区)が主催する「iGi indie Game incubator」は、iGi運営委員ならびにGameBCN運営チームによる厳正なる審査の結果、過去最多となる応募作品の中から5チーム(後述)を選出し4月14日より第3期プログラムを開始いたしました。

    また、残念ながら今回選出に至らなかったチームの中で、特にゲームデザインやプログラミングなどゲームの構成要素において優れた作品を特別賞として選出いたしました。

    [選出5チーム] ※英作品名のアルファベット順
     

    ■トロヤマイバッテリーズフライド
    応募作品:『Death the Guitar』(英作品名:Death the Guitar)
    主人公は殺人エレキギター!音と電気を操り人間たちに復讐する!ポップ&バイオレンスな2Dアクションゲーム。

    ■hayatoskie
    応募作品:『KALEIDOLA』(英作品名:KALEIDOLA)
    KALEIDOLA は、万華鏡の力で世界を変えながら進む3人称視点のアクションパズルゲームです。3D通常モードと2D万華鏡モードを切り替えて、各ステージを有利に進めながら目的地まで到達します。プレイヤーは独創的なビジュアルとパズル体験、創造力と問題解決能力を試すことができます。

    ■PIGORIS
    応募作品:『prj-Re:mnant』(英作品名:prj-Re:mnant)
    架空のソーシャルゲームに没データとして残された主人公。
    レベルデザインをコントロールできなくなった”ボスデータ”が立ちはだかる。
    次第にインフレしていく運営の中で、最高の「サービス終了」を目指して駆け抜けろ。
    スキルのビルドで敵をなぎ倒すスタイリッシュ3Dアクション。

    ■Strange Shadow Games
    応募作品:『Strange Shadow』(英作品名:Strange Shadow)
    Strange Shadow(ストレンジシャドウ)は、不気味な巨大生物から逃げたり隠れたりするホラーアドベンチャーゲームです。 ある惑星に墜落してしまったプレイヤーは、惑星に潜む巨大生物から逃れながら、 惑星からの脱出を目指します。

    ■ブラウザランド
    応募作品:『タクティクスグリード』(英作品名:Tactics Greed)
    簡単な操作で本格的な集団戦術を体験できるアクションリアルタイムストラテジーゲームです。
    プレイヤーは部隊の指揮官となり、ユニット・ウォーカー・大魔法を組み合わせた独自の戦術を駆使して戦います。目指すはアリーナの頂点です。

    [iGi特別賞]
    iGi特別賞とは?
    今期のiGi3期生には選出されなかったものの、ゲームデザインやグラフィックなど部分的にでも他作品と比較して優れた感性や技術を持つ作品に対してメンターにより特別に選出された作品に贈られる賞。

    ■チーム名:まどい  応募作品:『雨雫のアンブレラ』
    (選定者:簗瀬 洋平 所属:Unity Technologies Japan)
    評価ポイント:アクションのバリエーション
    評価コメント:傘を使ったアクションのバリエーションに期待が膨らみます。タイトルやゲーム中のグラフィックにも引き込まれます。

    ■チーム名:アラ 応募作品:『DETECTIVE NEKKO -ディテクティブネッコ-』
    (選定者:岡田和也 所属:Epic Games Japan)
    評価ポイント:グラフィック・演出・UI
    評価コメント:モデル、マテリアル、ポストプロセスなどを丁寧に調整することで温かみのあるグラフィックを実現できていて素晴らしいです!加えて、各シーンの演出・UIなどにも強いコダワリを感じます。

    ■チーム名:Toyota Ryuto 応募作品:『Out of the World』
    (選定者:髙橋玲央奈 所属:厦門玲央奈軟件有限公司)
    評価ポイント:アクションのギミック
    評価コメント:見ないことによって障害が消え去るというのをギミックにするのはありそうで無かった視点だと思います。コンセプトの完成度は高いので、あとは面白いステージをたくさん作ってくれると大変楽しいゲームになりそうです。

    [新規サポート企業]
    新たに2社様がサポート企業に加わりました。
    サポート/スポンサー企業・団体は合計15社2団体になりました。

    ■ Audiokinetic株式会社
    ・事業内容:
    統合型オーディオミドルウェアの開発会社。インタラクティブメディア向けオーディオ制作に新たな基準を打ち立てる当社のミドルウェアソリューションは、受賞歴のあるWwise®をはじめ、SoundSeed®、Wwise Automotive™、Strata™が含まれます。
    ・代表者:マーティン・エイチ・クライン
    ・所在地:東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ W22F

    ■Red Bull Gaming Sphere Tokyo
    (レッドブル・ゲーミング・スフィア・トーキョー)
    ・概要:
    2018年2月にオープンした、レッドブルが手がけるゲーミングスペース。
    ゲーミングシーンを構築する、プレイヤー、デベロッパー、パブリッシャー、ありとあらゆる人たちのための場所。
    ・所在地:東京都中野区中野3丁目33-18 フェルテ中野 B1F

    [iGiにつきまして]
    iGi indie Game incubatorは、日本初のインディーゲームのためのインキュベーションプログラムです。
    ■プログラム名称:iGi indie Game incubator(略称:iGi)
    ■プログラム開催期間:2023年4月~9月までの6ヶ月間
    ■主催:株式会社マーベラス
    ■プログラム構築協力:GameBCN(スペイン・バルセロナ)
    ■プログラム運営協力:株式会社ヘッドハイ、ルーディムス株式会社
    ※プログラム実施内容及び募集要項等につきましては、下記公式サイトをご参照ください。
    ■公式サイト:https://igi.dev/

    関連記事

    ASUS、メカニカルキーボード『ROG Falchion RX Low Profile』を3/8(金)発売。ロープロファイルで65%レイアウト、3種類の接続方法に対応
    2024.03.05
    「第2回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト」の受賞15作品が発表。プラチナ賞は、悪徳商人からオタカラを盗むアイテム収集アクションゲーム『BANDIT KNIGHT』が受賞
    2024.03.04
    「シリアスゲーム」の成り立ちから開発方法、課題や展望まで事例を交えて解説。コロナ社がシリアスゲーム入門書籍を発売
    2024.03.04
    Unity上でFBXからインポートした3Dモデルを、参照を残したままPrefab化する方法を紹介。「COYOTE 3DCG STUDIO」の技術ブログで解説記事が公開
    2024.03.04
    Adobe、USDファイルをFBXやglTFなど5つのフォーマットに変換できるプラグイン群「USD File Format Plugins」をオープンソースで公開
    2024.03.01
    SDFを活用した低負荷なアニメ調のシェーディングをUE5で実装。alwei氏が解説記事を公開
    2024.03.01

    注目記事ランキング

    2024.02.27 - 2024.03.05
    1
    『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
    2
    【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
    3
    【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
    4
    UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
    5
    フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
    6
    フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
    7
    フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
    8
    フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
    9
    【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
    10
    【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
    11
    【STEP1】「UEFN」を入手しよう
    12
    まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
    13
    フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
    14
    フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
    15
    フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
    16
    フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
    17
    【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
    18
    NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
    19
    フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
    20
    フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
    21
    『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
    22
    フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
    23
    フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
    24
    フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
    25
    フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
    26
    【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
    27
    「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
    28
    【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
    29
    【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
    30
    【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
    VIEW MORE

    イベントカレンダー

    VIEW MORE

    今日の用語

    レンダリング(Rendering)
    レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
    VIEW MORE

    Twitterで最新情報を
    チェック!