『第1回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト』の受賞8作品が発表。ネコを起こさずにチーズを運ぶ協力型ゲームがプラチナ賞を受賞!

2023.03.06
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • GYAAR Studio主導のインディーゲームコンテスト『第1回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト』の受賞8作品が発表
  • プラチナ賞は、ネコを起こさずチーズを運ぶ協力型ゲーム『Little Cheese Works』が受賞
  • 第2回コンテストの開催も決定。詳細は後日発表とのこと

2023年3月4日(土)、バンダイナムコエンターテインメントバンダイナムコスタジオは、同日開催されたゲームイベント『TOKYO INDIE GAMES SUMMIT』にて、『第1回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト』の受賞作品を発表しました。

第1回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト』は、バンダイナムコスタジオのインディーゲームレーベル「GYAAR Studio」による、インディーゲーム開発者向けコンテスト。

今回、応募総数209作品の中から、プラチナ賞1作品と入賞7作品が選出されました。受賞した方々には、総額最大で1億円の支援金が贈呈されます。

プラチナ賞を受賞したのは、Bubble Gumが開発する『Little Cheese Works』。プレイヤー全員で協力し、寝ているネコを起こさないようチーズを運ぶ協力型ゲームです。

Bubble Gumには、開発支援金として1,000万円が贈られたうえで、今後2年間にわたって最大2,000万円(3か月ごとに250万円。最大8回)の支給が予定されています。

Little Cheese Works』タイトル画面(画像は受賞作品紹介ページより引用)

Little Cheese Works』ゲームプレイ(画像は受賞作品紹介ページより引用)

また、受賞作品の発表にあわせ、第2回コンテストの開催決定が明らかになりました。コンテストの詳細は、後日発表される予定です。

そのほかの受賞作品など、詳しくはコンテスト特設ページをご覧ください。

第1回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト 特設ページGYAAR Studio 公式ページ

関連記事

Unreal Engine 5.4.3がリリース。Mac向けにパッケージ化する際に起こるエラーの修正や、BaseDeviceProfiles.iniの2024年発売のiPadへの対応など
2024.07.17
税込5万円以下でMini LED・量子ドットを採用した「Xiaomi Mini LED ゲーミングモニター G Pro 27i」、7/25(木)に発売
2024.07.16
インディーゲームの大規模テストプレイプラットフォーム「G.Round」の日本語対応が進行中。日本からのテストプレイヤーやデベロッパーを募集
2024.07.12
Godot Engineを採用した「RPG Maker」シリーズ最新の2Dアクションゲーム制作ツール『ACTION GAME MAKER』が、2025年リリースを目指し開発中
2024.07.12
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲームのボイス制作全般を担う新たな分野「ボイスデザイン」とは。Audiokineticのブログで解説記事が公開
2024.07.11

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!