Androidスマホでゲーム開発が可能に。ベータ版『Godot Editor』アプリがGoogle Play ストアで配信

2023.02.09
ニュースAndroid
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 『Godot Editor』アプリのベータ版がGoogle Play ストアで配信
  • スマホのタッチ入力に対応、従来通りキーボードでの操作も可能
  • XRデバイスでの配信も目指していることも明かす

2023年2月7日、Godotは、ベータ版『Godot Editor』アプリをGoogle Play ストアで配信したことを、ブログで発表しました。

(画像は公式サイトより引用)

Godot Engineは、クロスプラットフォームかつ、2D・3Dゲームどちらの開発も可能なゲームエンジンです。MITライセンスのオープンソースであり、使用料がかからないのも特徴です。

配信されたAndroid版『Godot Editor』では、タッチ入力がサポートされています。また、キーボード&マウスを接続することで、従来と同じような操作も可能です。

今回、『Godot Editor 3』と『Godot Editor 4』の2つのバージョンが配信されています。対応OSは『Godot Editor 3』がAndroid 4.4以上、『Godot Editor 4』はAndroid 5.0以上で、いずれも価格は無料。

なお、『Godot Editor 4』は開発中であり、両バージョンに互換性がないことに注意が必要とのこと。

Godot Editor 3Godot Editor 4

公式ブログでは、『Godot Editor』アプリの仕様や操作を動画付きで説明し、今後XRデバイスでの配信も目指していることを明かしています。

(動画は公式サイトより引用)

(動画は公式サイトより引用)

詳細は、こちらをご確認ください。

Godot Editor (Beta) arrives to the Play Store

関連記事

ゲーム向けSoC「Snapdragon G3x Gen2」初搭載のAndroid端末「AYANEO Pocket S」。発表会で実際に触ってみた
2024.06.03
Google、「Android 15」の開発者向けプレビュー版を初公開。Pixel 6以降のデバイスなどで利用できる
2024.02.19
Google、マルチモーダル生成AI「Gemini」を利用するAndroidアプリの開発ガイドを公開
2023.12.28
Google Play、個人開発者がアプリを公開する前に「20人以上のテスターを集め、14日以上連続でクローズドテストすること」が条件に追加。11/13以降に作られたデベロッパーアカウントが対象
2023.11.13
NianticのUnity向けAR開発ツール「Lightship ARDK」が3.0にアップデート。VPS導入により、現実で近くにいるプレイヤー同士によるマルチプレイに対応
2023.11.03
Googleが『Android 14 Beta 2』を発表。Lenovo、OPPOなどより多くのデバイスで利用可能に
2023.05.12

注目記事ランキング

2024.06.08 - 2024.06.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!