フォートナイト チャプター4にLumenを適用した効果は?Epic Gamesが解説記事を公開

2023.02.03
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Unreal Engine 5.1で開発されているフォートナイトにおいて、Lumenにスポットを当てて解説する記事が公開
  • Lumen導入前と導入後を比較して、影響を解説
  • 導入する際に問題になった点と、どう対策したのかも紹介している

2023年1月27日、Epic Gamesフォートナイトにおいて、Lumenをどう活用しているのかを解説する記事を公開しました。

LumenUnreal Engine(以下、UE)の動的なグローバルイルミネーションおよび反射システムで、UE5.0から導入されています。フォートナイトでは、チャプター4からゲームエンジンにUE5.1が採用されたことで、Lumenが活用されるようになりました。

今回公開された記事では、Lumen導入前と導入後のグローバルイルミネーションと反射を比較し、改善された点を紹介しています。画面に対する影響は大きく、目に見えて変化していることがわかります。

Before
After

Lumenのグローバルイルミネーションにより、青白く暗かった室内が明るく温かみのある室内に(画像はUnreal Engine 公式ブログより引用)

Before
After

スクリーン空間反射では反射できていなかったものが、Lumenのレイトレース反射により正確な反射表現に(画像はUnreal Engine 公式ブログより引用)

このほか、Lumenをフォートナイトに導入する際に問題になった点と、その解決策も紹介しています。

オーバーオクルージョン(※)が発生してしまっていたフォリッジメッシュを改善(画像はUnreal Engine 公式ブログより引用)
※重なったメッシュなどにアンビエントオクルージョンがかかりすぎて暗くなること

詳細は、Unreal Engine 公式ブログ『Lumen により、フォートナイト バトルロイヤル チャプター 4 でリアルタイム グローバル イルミネーションを実現』をご確認ください。

また、UE5.1におけるLumenの新機能やシステム詳細に関しては、Unreal Engine 5.1 リリースノート公式ドキュメントなどもご確認ください。

Lumen により、フォートナイト バトルロイヤル チャプター 4 でリアルタイム グローバル イルミネーションを実現Unreal Engine 5.1 リリース ノート公式ドキュメント「Lumenのグローバル イルミネーションおよび反射」

関連記事

UEでローカルLLMを実装するプラグイン、「技術書典16」でUE技術書を販売した挑戦の記録など。技術勉強会「UE Tokyo .dev #3」の講演資料が公開
2024.06.19
Epic Games、UEとUEFNにおけるオーディオ技術の紹介記事を公開。メタバースのサウンド構築に使える「MetaSounds」、音楽制作ツールセット「Patchwork」なども解説
2024.06.18
500以上のアニメーションを同梱。UE5.4の「Motion Matching」学習に役立つサンプルプロジェクトをEpic Gamesが無料公開
2024.06.13
「Unreal Engine」2024年6月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!バイキングの家をイメージしたアセットや、インベントリを実現するブループリントアセットなど
2024.06.05
Unreal Engine 5.4.2がリリース。「Motion Design」のClonerにおける機能改善や、リターゲットに関する不具合の修正など
2024.06.05
docomo発の「MetaMe」プラットフォームでUE5開発者を募集中!気軽にエントリー可能な総額450万円の支援金配布プログラム「WaveHack Global」を活用したメタバース開発のススメ
2024.06.05 [PR]

注目記事ランキング

2024.06.13 - 2024.06.20
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マージ(Merge)
マージ 何か複数のものをまとめて1つに融合・統合すること。ゲーム開発において、多くの場合、異なる作業者が同一のファイルを編集したのち、ひとつに統合する作業のこと。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!