Blenderで制作されたショートムービー『Charge』が公開。本作の制作ファイル、アセット、メイキングビデオなどがBlender Studioにて公開中

2022.12.19
ニュースBlender
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Blenderで制作されたショートムービー『Charge』がYouTubeで公開
  • Blenderのインタラクティブな 3Dモデリングを表現した約3分のアニメーション作品
  • 本作における制作ファイル、アセット、メイキングビデオなどがBlender Studioにて公開中

Blenderで制作されたショートムービー『Charge』が、YouTubeで公開されました。

ショートムービー『Charge』

『Charge』はショートフィルムプロジェクト「Blender Open Movie」の第14作目で、全編Blenderで制作されています。

映像には、バッテリーを入手するために老人が工場に侵入したところ、人工知能を持つロボットに発見されてしまい、老人が必死に戦う姿が描かれています。本作は約3分のアニメーション作品で、Blenderのインタラクティブな 3Dモデリング表現を用いられています。

本作における制作ファイル、アセット、メイキングビデオなど制作に関する技術データは、Blender Studioにて公開されています。

老人のメイキングデータなどがダウンロード可能(画像はBlender Studioより引用)

ロボットのラフデザイン(画像はBlender Studioより引用)

無料で閲覧できるデータは複数用意され、Blender Studioへ加入するとさらに多くのデータを閲覧できるようになります。

詳細は『Charge』Blender Studioページをご確認ください。

『Charge』Blender Studioページ

関連記事

5/10(金)発売の『CGWORLD 2024年6月号 vol.310』最新号の一部をゲームメーカーズで先行公開!テーマは「ローポリから始める3DCG」
2024.04.29
Adobe、「Substance 3D Connector」をオープンソースとして公開。Blender・Maya・3ds MaxやUE5・Unityなどの間でのアセット共有を目指す
2024.04.08
Blender4.1がリリース。Menu Switchなどジオメトリノードで使用できるノードの追加や、コンポジットの強化など、さまざまな機能がアップグレード
2024.03.28
PLATEAU、3D都市モデル・Unity・Blenderを使ってリアルな映像を制作するチュートリアル記事を公開
2024.03.27
ユーザーが作った便利なBlenderアドオンを無料で使える!Blender 4.2 Alphaに拡張機能プラットフォーム「Blender Extensions」が登場
2024.03.21
セル画調・イラスト調にレンダリングするBlender用アドオン「PSOFT Pencil+ 4 Material for Blender」、ピー・ソフトハウスが発売
2024.02.27

注目記事ランキング

2024.05.20 - 2024.05.27
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォグ(Fog)
フォグ 「霧」を意味する英単語。3DCGにおいて、現実の霧による見た目をシミュレーションする画面効果やエフェクトを指す。代表的なものとして、カメラから遠くにあるオブジェクトの色調を変化させることで遠近感を出す手法がある。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!