Apple、2023年1月上旬よりアプリ開発者を支援するプログラム「App Store Foundations Program」の国内提供開始

2022.12.16
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Apple、アプリ開発者を支援するプログラム「App Store Foundations Program」を日本に拡大
  • 2023年1月上旬より提供開始
  • プログラムに登録した開発者は、グループセッションやネットワーキングセッションなどに参加可能

Appleは、アプリ開発者を支援するプログラム「App Store Foundations Program」のサービス地域を日本に拡大することを発表しました。日本への提供は2023年1月上旬を予定しており、Apple Developer Program」(※)に加入している日本の開発者には後日、改めて案内される予定です。

※ Appleが提供する開発者向けのサービス

画像はApple Newsroomページより引用

Appleは「App Store Foundations Programは、デベロッパが世界クラスのアプリケーション体験を創造できるようになることをサポートします」と宣言しており、具体的にはアプリケーション開発の技術や知識を学べるプログラムなどを提供するようです。なお「App Store Foundations Program」はこれまでヨーロッパ向けに提供されてきたサービスで、アジアへのサービス拡大は今回が初とのこと。

本プログラムの対象は、「Apple Developer Program」に登録したすべての開発者で、特にスタートアップや初期段階のアプリケーション開発企業の参加が歓迎されています。

プログラムに登録した開発者は、グループセッションやネットワーキングセッションなどに参加可能です。セッションのテーマはAppleのテクノロジーおよびAPIを最大限に活用する方法、ベンチャー事業で起業資金を調達する方法やApp Storeでのマーケティングなどが用意されます。

また、「App Store Foundations Program」を楽しみにしている日本の開発会社として、ファンタムスティックオインクゲームズのコメントが紹介されています。

ファンタムスティックの『算数忍者』アプリ。主人公の忍者と修行を積みながら足し算引き算を学習できるアプリ(画像はApple Newsroomページより引用)

オインクゲームズのアプリ『とらきちのトラキッチン』。コンベアで運ばれる寿司を注文通りに整えるあみだくじのようなパズルゲーム(画像はApple Newsroomページより引用)

プログラムへの参加が終了した後も、開発者は引き続きAppleのエキスパートと接触を持つことができ、卒業生ネットワークの一員としてコミュニティの恩恵も受けられるとしています。

詳細内容はApple Newsroomページをご確認ください。

Apple Newsroomページ

関連記事

「Unity ゲーミングレポート 2024」、日本語版が無料公開。Unityで開発する約500万人のデータをもとに、AI活用など5つのトピックで動向をレポート
2024.05.30
Unity開発者向け技術カンファレンス「U/Day Tokyo 2024」、7/1(月)に渋谷で開催。Unity 6の展望や最新サービスの紹介など、9講演が実施予定
2024.05.29
リリース済の2Dランアクション作品をベースにゲームづくり。「GameMaker」用テンプレート『Super Chicken Jumper』が無料公開
2024.05.29
Googleマップの地理情報をもとにリアルな3Dマップを作成可能。Google Maps JavaScript APIの新機能「Photorealistic 3D Maps」、試験運用開始
2024.05.28
静音性を高めた磁気スイッチを採用。エレコム、75%サイズのキーボード「VK720A」シリーズの予約販売を開始
2024.05.28
フォートナイトとUEFNがv30.00へ大規模アップデート。使用できるフォートナイトキャラクターが800以上になったほか、UEFNのプロファイル機能などが追加に
2024.05.27

注目記事ランキング

2024.05.23 - 2024.05.30
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ビヘイビアツリー(Behavior Tree)
ビヘイビアツリー AIの思考、行動をツリー状の構造図で定義したもの。およびそのシステム。挙動の優先順位や条件を定義していくことにより、複雑なAI挙動をシンプルに実現できる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!